2017/8/15 | 投稿者: クロちゃん

「高山社って何?」という無知な人間が興味を持って歩いた軌跡です。
以前から目にしていた看板が気になる存在だった。
雨模様の日、ちょこっと訪ねてみました。

車で静かな山村風景の道を進んでいくと、突然近代的な広い駐車場が現れます。

クリックすると元のサイズで表示します


道案内版に従って、歩いて散策開始です。
人影の少ない中で高山情報館はスルーしました。
「草むらに入らないでください。マムシ注意!」のスリルを感じる注意書きがあちこちにあります。
「ま、無視しましょう。」と思っても、視線は草むらに行ってしまうのはなぜでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します


目的地に着くと、あらま!
長屋門は整備工事中でした。
うーん、いかにも私らしい歓迎の光景だ。ありがとう。

クリックすると元のサイズで表示します


ちょっと気落ちのこころ〜。
でも、入場無料だったので、とりあえず入ってみましょう。
中は、大正ロマン、昭和の香りがする心癒す空間でした。
昔はこういう家がいっぱいあったな〜。

クリックすると元のサイズで表示します


高山社跡は養蚕の家でした。
中を見学できます。
裸電球が雰囲気を醸し出しています。

クリックすると元のサイズで表示します


主の高山長五郎は養蚕の学校を開設して技術を広めたことで有名のようです。
暇なので、ひとりビデオを見ながら静かな時間を過ごしました。
夏でもエアコンなしで涼しい家の中は昔人の偉大な建築技術かもです。

帰路は来た道を戻りました。
広い駐車場はもったいないくらい空いていた。

クリックすると元のサイズで表示します


養蚕について知らない方にちょっと説明しましょう。
養蚕(ようさん)の蚕(かいこ)とは天の虫と書く。
養蚕農家では「蚕(かいこ)」とは呼ばない。「お蚕(かいこ)様」と敬った呼び方をする。
「お蚕様とお呼び!」(-_-)/~~~ピシー!

昔、ある村に仲良しさん夫婦と一匹の馬がいた。夫婦にはやっと産まれた女の子がいました。馬もこの娘がかわいくて、馬小屋で仲よく遊んでいました。
ある日、家で留守番していた娘がいなくなった。娘は馬小屋で眠っていたのです。両親はいそいで娘を馬から引き離し、馬を山に連れて行って殺してしまいました。
それを知った娘はブチ切れして「馬のところへ行く!」と家から飛び出しました。娘は上州名物空っ風の竜巻で天高く舞い上がりそのまま姿を消してしまいました。

あれから40年…。
あっちもこっちも、そっちもどっちも中高年、右も左も前も後ろも中高年、あなたも私も中高年〜。上州名物は、「かかあ天下」と「空っ風」だよ。

ふと空を見上げると、馬に乗った娘が空を駆けている姿がありました。そして馬の顔に似た二匹の虫が、木の葉に乗ってひらひらと落ちてきたのです。

お蚕様のアダムとイヴか〜。(^^ ; ^^)

この虫には馬の蹄のような模様があり、馬のように桑の葉をモリモリ食べました。
そして、この世のものとは思えない美しい糸を吐くのです。
天から舞い降りた虫は誰が名付けたか「天の虫」と書いて「蚕(かいこ)」と呼ばれるようになり、大切に育てられるようになりました。

ほら、外に出て空を見上げてごらん。貴方に馬に乗った娘が空を駆けている姿が見えますか?

クロちゃん劇場「真夏の伝説・夢物語」でした。




今日もアウトドアブログのアイコンをポチッと応援ありがとうございます。★(^○^)/
↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
11

2017/8/14 | 投稿者: クロちゃん

吹割の滝は群馬県沼田市にある滝です。
尾瀬方面に行く時の通り道で観光名所となっていますが、いつも素通りしています。
今回は無情の雨に山を諦めて、立ち寄ることになりました。これって、恵みの雨でしょうか。
無料の滝の駅に車を止めて散策します。

直虎 「今日は雨か。おぬしはどこまでいくのじゃ?」
かしら「竜宮の姫に逢いに行きまさぁ。」
直虎 「竜宮?ここは吹割の滝ではないか。」
かしら「竜宮の姫の伝説があるんでさぁ。」
直虎 「そうか、ならばわれも、その伝説とやらを見に行く。」

こうして、雨降る中、傘の花を咲かせて歩き始めたのでした。
竜宮の姫の伝説って何?

クリックすると元のサイズで表示します


直虎 「こ、これはなんじゃ!恐ろしい顔をしておるではないか。」
かしら「般若岩でさ。ここには奇岩がゴロゴロしてますわ。」
直虎 「観自在菩薩 行深般若波羅蜜多時…。」(-∧-;)
かしら「……。」
直虎 「わ、われは尼小僧じゃからな。奇岩(きがん)に手を合わせると、祈願(きがん)になるのじゃ。」

クリックすると元のサイズで表示します


直虎 「こ、これはなんじゃ!恐ろしい顔をしておるではないか。」
かしら「これはただの奇岩でさぁ。宇宙人にもみえるわ。」
直虎 「宇宙人?宇宙人とはなんじゃ。おぬしは見たことがあるのか。」
かしら「あっしは龍雲丸ですぜ。」( ̄^ ̄)当然でしょ。
直虎 「そうか。われは竜宮小僧じゃ。」(*^^)v嘘つきは泥棒の始まり。

クリックすると元のサイズで表示します


直虎 「こ、これはなんじゃ!恐ろしい光景ではではないか。」
かしら「ここが吹割の滝、竜宮の姫の伝説がある場所でさぁ。」

クリックすると元のサイズで表示します


その先、浮島橋を渡り、浮島観音堂から対岸に渡り、グルリ一周の散策をしました。
対岸は詩のこみちと呼ばれ、たくさんの歌碑が並んでいます。
第一観爆台から吹割の滝を眺めます。
そうして…。

クリックすると元のサイズで表示します


直虎 「一度しか言わぬ。そして一度聞いたら忘れてほしい。約束してくれるか。」
かしら「なんだ。もっと色っぽい話かと期待しておったのですが。」
直虎 「われも逃げずにおぬしの言葉を考えた。おぬしも受け止めるのが人の道ではないのか!」
かしら「絵図の示すところには竜宮の姫はいませんでしたわ。」

この会話の真相は?(続きを読むと解明しそう…か?)


『昔むかし、その昔、(どんだけ昔なんだー。\(`o’”))上州のある村に直助という働き者の百姓の男が住んでいました。
村では秋祭りの際に、各家が持ち回りで宴会をする事になっていました。
当番制ね。φ(..)メモメモ

今年はこの男の家の番でしたが、宴会用のお椀やお膳が無いので悩んでいました。
(-_-)ゞテレビもねぇ ラジオもねぇ 自動車もそれほど走ってねぇ ピアノもねぇ バーもねぇ おまわり毎日ぐーるぐる 朝起ぎで 牛連れで 二時間ちょっとの散歩道 電話もねぇ ガスもねぇ バスは一日一度来る 俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ ー。

昔むかし、その昔にテレビやラジオがある訳ないだろー。\(`o’”) コラーッ

それを見かねた吹割の滝つぼの底にある竜宮の優しい姫が出てきて「お椀やお膳を必要な数だけ貸してあげましょう。しかし、テレビやラジオはありません。」と言ってくれた。
直助は竜宮の優しい姫から借りたお椀やお膳のおかげで、宴会も無事に済ませることができました。
宴会のあと、いざお椀やお膳を返す時になって、直助は「一つだけなら良いだろう」という気に
なって、(これを「出来心」「魔が差す」という)お椀を納戸に隠してしまいました。

誰がチクったのか、それを知って怒った竜宮の優しい姫は直助の家を焼いてしまいました。しかし、納戸の中のお椀だけは傷一つなく焼けずに残り、その後は誰が何と言おうと竜宮の優しい姫は何も貸してくれなくなりました。
今でもこのお椀は、この村に残っているそうです。おしまい。』


直虎 「恩を仇で返すということじゃな。」
かしら「追い詰められれば人は盗む。百姓に生まれようが、武家に生まれようが、人とはそういうものじゃ。」
直虎 「おぬしに言われ、確かに直助は泥棒かもしれぬと思うた。じゃが、われはそれを認めるのは御免じゃ。ならば、泥棒といわれぬ行いをするしかないではないか。」

この会話の真相は、さっぱりわからん。(-_-)ゞ

クロちゃん劇場「真夏の伝説・夢物語」でした。

散策日2017年7月23日




今日もアウトドアブログのアイコンをポチッと応援ありがとうございます。★(^○^)/
↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
9

2017/8/13 | 投稿者: クロちゃん

遠い昔、秩父は海であった。その痕跡が秩父の地層に残されている。
そうして、秩父湾が形成されていたのだった。
そんな難しいお話とは関係なく…。

涼しい木陰の中で森の妖精たちと静かな時間を過ごしていると…。
どこからか不思議な声が聞こえて来ました。

クリックすると元のサイズで表示します


ある日のこと、秩父湾の砂浜で子どもたちが大きなカメをイジメていました。
その場に心優しい浦島太郎が通りかかり、カメを助けてあげます。
カメはお礼にと言って、嫌がる浦島太郎を無理やり竜宮城に連れて行きました。

その竜宮城は遥か遠き宇宙の果て、M78星雲にあるイスカンダル星という光の国だった。
カメはもの凄い速さでオレンジ色の光となって飛んで行った。
シュワッチ Σ∝⊂∈⊂∈⊂=====(( o|o)》》》》》

竜宮城に着くと、今まで見たことのない美しい光景がありました。
浦島太郎はその美しさにキョロキョロしていると、これまた美しい女性が目の前に現れます。
「私の名前はスターシヤ、乙姫様とお呼び!」美しい女性はその容姿とは裏腹に上から目線の高圧的な態度の性格でした。

乙姫様は浦島太郎に酒を飲ませ、何日も何日も根掘り葉掘り地球のことを尋問しました。
「そろそろ帰してください。」浦島太郎は懇願します。
「もう用はないわ。帰ってよい!でも、ここでのことは忘れるのよ。いえ、忘れるようにこの玉手箱をお前にやろう。秩父に帰ったらこの箱を開けるのよ!」そういって、浦島太郎にキラキラ光る立派な箱を手渡しました。
浦島太郎は宝物が入っていると思って、すぐに開けたくなりましたが、乙姫様が怖いので我慢しました。

それからどのくらいの時間が経ったでしょう。
秩父湾の砂浜に酔っ払って深い眠りに落ちいり寝転ぶ浦島太郎の姿がありました。
ふと目覚めた浦島太郎は「嫌な夢を見たな。」と、立ち上がろうとした時、キラキラ光る立派な箱に目が行きました。
「おっ、これは玉手箱じゃないか。」逸る心を抑えつつ、玉手箱を開けました。
すると、あら不思議。

中から白い煙がもくもくとあがり、キラキラ光る立派な箱はみすぼらしい朽ちた木箱となり、中には頭大の石がひとつあっただけでした。
浦島太郎は竜宮城や乙姫様のこともすっかり記憶から消え去っていました。

涼しい木陰の中で森の妖精たちと静かな時間を過ごしていると…。
どこからか不思議な声が聞こえて来ましたが、声は風の音になっていました。

ふーむ。そうか、分かった。
浦島太郎は地球人で初めて宇宙に行った人で、イスカンダル星から石を持ち帰った人類初の偉人のお話だったんだ。
ところで、持ち帰った宇宙の石はどこにあるのでしょう。
今もこの秩父のどこかに眠っているのかな。

その時「私の背中に乗りなさい。竜宮城にお連れしますよ。」近くで不気味な声が聞こえた。

クリックすると元のサイズで表示します


ギャー!


小心者の私はダッシュでその場を後にしたのでした。

カメに見える画像は一枚目の画像をトリミング(切抜)したものです。
秩父とカメ、何か因果関係があるのでしょうか。
そういえば、秩父夜祭りの御旅所にも亀の子石が置かれている。

クロちゃん劇場「真夏の夢物語」




今日もアウトドアブログのアイコンをポチッと応援ありがとうございます。★(^○^)/
↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
11




AutoPage最新お知らせ