2018/1/31 | 投稿者: クロちゃん

これはどんな技でしょう?
岩の上に怪人が現れたー。(“▽”*)

超能力を発揮して不思議なミステリー、瞬間移動・自分撮りをやってみました。

クリックすると元のサイズで表示します

(画像を左クリックすると何かが表れる?)


えっ、どこが不思議かって?
解説しましょう。
誰もいない山頂でのことです。
この伝説の秘技は、長年の山歩きで身につけた私の奥義です。
環境は誰もいないことが条件です。
決して他人に見られてはいけません。

オレンジのタオルを頭に巻き、手にはカメラを持ち、岩の上の山頂標識にカメラを向けて、シャッターを押した瞬間に、撮影が終わる前に素早く岩の上に移動する。
はい、これだけです。(*^^)v
カメラを持つ自分が写っています。

クリックすると元のサイズで表示します


ただし、相当にパワーを使うので、1日にできるのは3度が限度です。
興味のある人は試してみましょう。

疲れたぜ。(*´Д`)=з

えっ、2枚の写真を組み合わせただけだろうって…。
(-^〇^-) ハハハハ

では、手に持つカメラはどうやって撮影するのでしょう。
今日は超能力マジシャン・クロちゃんの遊びの時間でした。



今日もアウトドアブログのアイコンをポチッと応援ありがとうございます。★(^○^)/
↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
9

2018/1/30 | 投稿者: クロちゃん

これは私のような軟弱登山が好む人向けの記録です。
アプローチは車で、名栗げんきプラザ周辺の駐車スペースに車を置きます。
そこから長岩峠を目指して歩く。
指道標があるので迷うことはないでしょう。
最初のチェックポイントは「ツガの木台」です。

クリックすると元のサイズで表示します


「ここはツガの木台」の案内板があります。
どんなに寒い日でも身体が暖まってくるので、体温調節休憩としましょう。
上着を脱ぎ、ペットボトルを口にして水分補給休憩とします。

ここから伊豆ケ岳に続く尾根はすぐです。
尾根に出ると、「ここは長岩峠」の案内板があります。
距離は短いが、長岩(ながいわ)です。(*^^*)

クリックすると元のサイズで表示します


ちょっと小高山に寄り道して、ひとつめの山頂をゲットします。

クリックすると元のサイズで表示します


続いて、大蔵山でふたつめの山頂をゲットー。

クリックすると元のサイズで表示します


長い階段をヨタヨタと登ると、足元に自然の美があったので一休みします。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


その先、五輪山でみっつめの山頂をゲットー。

クリックすると元のサイズで表示します


五輪の文字にオリンピックを思い浮かべます。
山頂は東洋の魔女が活躍できそうな広さです。
東洋の魔女とは?
日本中を興奮の坩堝に巻き込んだ、秘技・回転レシーブを生み出したオリンピック金メダルの女子バレーボールチームです。(*^^)v

伊豆ケ岳には長い鎖がつけられた岩場のコースと巻き道があります。
以前は巻き道が女坂となっていましたが、今は女坂も通行止めとなっている。
鎖場の男坂と女坂の中間に新しい道ができている。
これを「ニューハーフのみち」と呼ぼう。(*^^)v

登りきると、スカイツリーが見える景色があります。

クリックすると元のサイズで表示します


スカイツリーが見えても以前より喜ばなくなったのはなぜだろう。
そうして、目的地でよっつめの山頂ゲットー。

クリックすると元のサイズで表示します


あとはひたすら山伏峠を目指して急坂を下ります。
はい、軟弱山歩きおしまい。

山歩日2017年12月15日
コースタイム
駐車場所9:05…9:25ツガの木台…9:30長岩峠…9:33小高山…9:38大蔵山…9:55五輪山…10:15伊豆ケ岳(休)10:35…10:50山伏峠…11:00駐車場所



今日もアウトドアブログのアイコンをポチッと応援ありがとうございます。★(^○^)/
↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
7

2018/1/29 | 投稿者: クロちゃん

ケチの付き始めは、選んだコースが閉鎖となっていたことだった。
はい、秩父御岳山の落合コースは通行不能となっています。
林道を歩くか、遠回りと感じる杉ノ峠まで歩かないとならない。
予定外は意気消沈の心になるものです。
(*´Д`)=з

そうして、待っていたのは霧が支配する白い山頂だった。

クリックすると元のサイズで表示します


今日の天気は青空のはずだったのに、この仕打ちはなんなんだー。\(`o’”) コラーッ
普段の行いの報いか…。

スタートは普賢神社です。
普賢神社は、その昔、木曽の御嶽山を開き、その後に秩父御岳山を開いた偉人が祀ってある。
その昔は秩父にスゴイ偉人がいたのだ。

クリックすると元のサイズで表示します


落合コースの激坂を歩きたかったのに〜。
杉ノ峠経由を選択したが、かなりの遠回りと感じる。

クリックすると元のサイズで表示します


三角形の2辺の長さの和は他の1辺の長さより大きい。
A B + A C > B C
これがピタゴラスの定理だ。

このブログ記事は算数の勉強になるぞ。(*^^)v
では、人間の証明をしてみよう。
「母さん、あの帽子、どうしたでせうね。ええ、夏碓氷から霧積へ行くみちで、渓谷へ落としたあの麦藁帽子ですよ」

文学少年になって杉の峠までトボトボ…。
苔むした道祖神とニラメッコして急坂を登った。

クリックすると元のサイズで表示します


やがてロープ、鎖のある痩せ尾根となる。
この道は、登りなら特に問題ありません。
下りは少し慎重対応が必要な気がする。

クリックすると元のサイズで表示します


何も見えない寒い山頂で、湯を沸かしのんびりと休憩した。
寒いので、長居は無用!
しかし、のんびりと休憩した。

帰路は落合コース方面に下山します。
鎖の急坂を慎重にホイホイ下って、問題のトンネル付近に降り立った。
なるほど!

通行止め!

クリックすると元のサイズで表示します


通行止め!!

クリックすると元のサイズで表示します


通行止め!!!

クリックすると元のサイズで表示します


ここには「逃げ道を作ってあげる」戦術はないのか。
【官兵衛の戦術】
三方を囲み、残り一方を開けておき逃げ口を設ける。そうすると、窮鼠猫を噛むことが避けられるのだ。
このブログ記事は歴史と国語の勉強になるぞ。(*^^)v

四面楚歌、八方塞がり、どうしましょう。
ん!
良く見ると「車両通行止め」とあります。
徒歩はオーケーね。
気付くまでに相当な時間が流れた。トホホ…。

こうして、単調な林道歩きで大滝温泉・道の駅に戻ったのでした。
誰にも会わない山歩きとなったのはなぜでしょう。

山歩日2017年12月1日
コースタイム
普賢神社7:25…8:35杉ノ峠(休)8:45…9:50御岳山(昼食休)10:25…10:45通行止め地点…11:45大滝温泉




今日もアウトドアブログのアイコンをポチッと応援ありがとうございます。★(^○^)/
↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
6




AutoPage最新お知らせ