2018/2/19 | 投稿者: クロちゃん

穏やかな日和、静かな冬の日に石老山の山頂に笑顔が並びました。
「富士山をバックに撮りましょう。」
(⌒∇⌒)⌒∇⌒)⌒∇⌒)/ハーイ♪
しかし、でも、なぜか、富士山は写っていない。

クリックすると元のサイズで表示します


富士山は樹木に隠れています。少し角度を変えれば富士山を背景にできるはずです。
はい、これは富士山隠しの技だ。(*^^)v
間違っていません。写っていない富士山バックだよ。
フーン。(;一一) ジロ
∞‘’‘ヾ(^o^ヾ)マテマテー

石老山の道は、その名の通り、苔むした大岩が点在しています。
雰囲気は…。
「さざれ石の いわおとなりて 苔のむすまで♪」かな…。

クリックすると元のサイズで表示します


道も砂岩のような、さざれ石のような…。(印象です。(*^^)v)
とにかく、石のまつわる道なのだ。顕鏡寺までは…。
メンバーも迷った子羊のようになって見上げている。

クリックすると元のサイズで表示します


迷える子羊じゃないのかー。\(`o’”)
いえ、もう、迷える子羊のような年頃ではありません。(*^-^*)

顕鏡寺のトイレの向こうに陽だまりの休憩にぴったり賞の場所を見つけてのんびりとコーヒータイムとしました。
山歩きはのんびり、まったり、のほほんとするのが当会の特徴のひとつです。
あまりゆっくりしすぎると、ここで本日の行動が終了してしまいそうなので、そろそろ重い腰を上げましょう。

その昔、偉い人が住んでいたという岩窟です。
もちろん、中に入って…。すぐに出た。

クリックすると元のサイズで表示します


このままだと、山頂に着かないかもしれない。
少しペースを上げましょう。
見晴らしの良い場所を眺めて、休みたいけど休まず通過〜。

クリックすると元のサイズで表示します


登る途中でシモバシラを見つけて立ち止まり…。

クリックすると元のサイズで表示します


山頂から富士山を眺めました。

クリックすると元のサイズで表示します


山頂には休憩に嬉しいテーブルが複数あります。
寒いので日当たりの良い場所をテーブルチャージして昼食タイムとしました。

クリックすると元のサイズで表示します


下山は大明神方面のコースをとりました。
この道、「急坂の下り〜平坦な道〜ちょい登り」の繰り返しです。
さっきから同じ場所を何度も歩いているような錯覚に陥ります。
まさか、脱出不能な迷路に迷い込んだんじゃないでしょうね。

そんなこんなで、遠く感じた大明神のピークです。

クリックすると元のサイズで表示します


そのすぐ先に休憩に良い展望台があって、大休憩としました。
檻の中にいるような…。

クリックすると元のサイズで表示します


さがみ湖リゾートプレジャーフォレスト前バス停からバスに乗る予定です。
バス停の時刻表を確認して、バス停に向かってまっしぐらー。
山歩きはのんびり、まったり、のほほんとするのが当会の特徴のひとつですが、バスの時刻にきっちりと合わせるのも当会の実力です。

急げ、いそげー。
バス停でバスを待つメンバーの顔にほんの少し「疲労」という文字が浮かんでいたような気がします。

山歩日2018年1月14日
杣みちの会5名




今日もアウトドアブログのアイコンをポチッと応援ありがとうございます。★(^○^)/
↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
5




AutoPage最新お知らせ