2018/7/26 | 投稿者: クロちゃん

宝永山は過去2年計画して実行できなかった山です。
2年前の秋は、車で近くまで行って、「まさか!」の自転車レースの交通規制で昼まで通行止めとなっていて、泣く泣く別の山に変更せざるを得ませんでした。
「まさか!」という坂は実在するのです。

そして昨年は、6月に「雨と強風」の天気情報に、出かける前に中止としました。
わざわざ寒い中に震えに行くことはない。

3年越しで計画した今年…。
「三度目の正直」「三度目は定の目」「三度目が大事」となるか。
それとも…。
「二度あることは三度ある」なのか。

長期予報の天気は最悪のマークを表示していた。
またダメか…。
そう落胆していたが、直前になって天気予報が良い方向に変わった。
「願えば叶う」「信じる者は救われる」「蟻の思いも天に昇る」

とにかく「運は天にあり」「プラス思考」「楽天主義」の前向きな姿勢で宝永山に向かったのでした。

秩父を出発するときは「天気になるなんてスゴイよね。」と笑顔でした。
雁坂トンネルを抜ける頃も車内は和やかに笑顔の華が咲いていました。
ところが、勝沼インターが近づくと、ポツポツと天から歓迎しないものが…。
高速に乗ると車内は静まり返り、外は本降りになった。トンネルの中だけはワイパーなしでしたが、あとはずっとワイパーフル回転です。

とにかく登山口の5合目までは行こう。
心境は確実に開き直りで雨の音を聞いていた。
高速を降りて、最終のコンビニに寄ってトイレを済ませた時も雨は降り続いていた。
お願い、止んで。雨よ、止め〜。
「苦しい時の神頼み」です。

「山の天気は変わりやすい」「止まない雨はない」「天気予報では9時から良くなる」苦笑を浮かべて富士宮口五合目の駐車場を目指した。
ところがどうしたことでしょう。駐車場到着の直前で雨が止んだ。
これは…。
奇跡か神がかり、いえいえ、天気予報通りでした。
ヤッタネ。(*^^)v

こうして、宝永山への一歩を踏み出しました。

クリックすると元のサイズで表示します


その前にいっといれー。

クリックすると元のサイズで表示します


山歩日2018年6月24日



今日もアウトドアブログのアイコンをポチッと応援ありがとうございます。★(^○^)/
↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
5




AutoPage最新お知らせ