2018/12/16 | 投稿者: クロちゃん

日  時  平成17年3月19日(土)午前8時45分集合
交通手段   電車(西武秩父駅9:00分飯能行き)
参加者    会長、キイくん、キヨちゃん、マッチーさん、アネゴさん、テルちゃん、        サッちゃん、エミちゃん、スミちゃん、クロちゃん  計10名

正丸駅に降り立ち、準備体操をしていると、前方の杉林から薄黄色の煙が舞った。紛れも無い杉花粉だ。花粉症のキイくんとマッチーさんはうらめしそうに凝視している。今年は特に花粉が多いそうで、花粉症でない人には気にならないが、花粉症の人にはつらい季節だ。特に今日は風が強く絶好の花粉日和となっている。

クリックすると元のサイズで表示します


 さて、先ずは正丸峠から伊豆ヶ岳を目指す。車道をしばらく進み、登山道にとりつく。ここからが、なかなかきつい登りである。一汗掻いて稜線に出ると一段と風が強くなった。休憩していると寒い。花粉も絶好調のようだ。薬を飲んで来たという2人も花粉症の症状が現れ始めているようだ。

伊豆ヶ岳山頂の手前で、男坂を行くか女坂に進むか迷ったが、男坂の岩肌に取り付く先行者のパーティを見て全員賛成で女坂へと進む。まもなく山頂到着。流石に休日の山であり賑やかだ。昼食にはちょっと早い時間なので伊豆ヶ岳山頂では記念撮影と眺望を楽しんだ後、先へ進むことにする。昼食場所は、陽だまりで風がなくて平らな場所が良い。ささやかな願望を持ちつつ進むが、なかなか良い場所がない。これだけ登ったのにこんなに降るのは勿体無いと言いつつ黙々と進むと今度は登りとなった。それでも、風が当たらない陽だまりを賢く見つけ出し昼食タイムとなった。山行中の一番の楽しみだ。だが、昼食タイムにこんなに時間をかけて子の権現まで辿り着けるのだろうか?アップダウンを繰り返し、天目指峠の車道に飛び出した時のことだ。子の権現まで50分のコースタイム。

「私、今日は夕方用事があるの」
「僕も」「私も」
という事で、子の権現はあっさり諦め、西吾野駅目指して進路変更となった。ここからの舗装道路の歩きは長くつらいものだった。誰も、ここは歩いたことがないようで初めてのコースであった。途中、ふきのとうが春の穏やかな日差しを浴びて顔を出していた。
「足腰の神様、子の権現にはいつ来られるの?」
「私、今度車で来よう!」
予定は未定である。良い山行でした。
 


ふむ、コースは判った。
クリックすると元のサイズで表示します


どこ行くの、こっちだよ。
クリックすると元のサイズで表示します




コース
正丸駅…伊豆ヶ岳…高畑山…天目指峠…西吾野駅
クリックすると元のサイズで表示します



過去の記録ですが、このブログにできるだけホームページ「山遊びの貯金箱」の記事を移行して残そう作戦敢行中







今日もアウトドアブログのアイコンをポチッと応援ありがとうございます。★(^○^)/
↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
3




AutoPage最新お知らせ