2018/12/20 | 投稿者: クロちゃん

日  時  平成17年10月15日(土)午前6時30分集合・出発
交通手段  マイカー分乗
参加者    会長、キイくん、エイさん、ミサちゃん、サッちゃん、マッチーさん、スミちゃん、クロちゃん 計8名

「クロちゃん、雨降っても行くの?」
「行きます。」
「私、雨だったら車の中で待っていようかな……。」
「6時間待つことになります。」
「ねぇねぇ、キイくんは大菩薩のときどうやって待っていたの?」
「本読んで、酒飲んで、昼寝して、6時間くらいすぐ経っちゃうよ。」
「ほんと、どうしようかな〜。」
「たまには、雨具着ないと着方を忘れちまいますよ。」

そんな会話をしているうちに、車は柳沢峠に到着した。天気予報は雨。空も今にも泣き出しそうで、おまけに今日は頼りの「テルちゃん」もいない。

「山の天気は変わり易いですよ。取りあえず、『えんでんべぇ。』」
「『えんでんべぇ。』ってどういうこと?」
「あれ、秩父の方言知らないの?」
「私、今まで聞いたことなーい。」
「私、お年寄りが言っているの聞いたことあるけど、意味知らなーい。」

さて、準備体操して出発です。
出発して間もなく、予想していたとおりポツポツ降ってきた。ザックカバーを着けて、傘をさして歩くことにする。
(やっぱり、車の中で待っていれば良かったかな) という顔をしているメンバーがいたような……。

登山道は、ゆるやかな登りで快適である。全然疲れない楽なコースであった。いつしか雨も止み、ちょっと早い紅葉、今が盛りの山のキノコとコシアブラ探索で歩行速度は上がらない。みんな、来春どうやってコシアブラをゲットしようかと思案しているようだ。

ようやく、登山らしい登りになったと思ったら黒川山に着いてしまった。
「俺、タープ持って来たから、ここで昼食しましょう!」
「鶏冠山がすぐそこだから、行ってきてから食事にしよう!」
会長の提案に、時間も早いことから従い、鶏冠山に向う。
先行していた他の3人のパーティが鶏冠山から戻って来て、山頂は雨風が強く雨具を着ていったほうが良いと助言してくれた。ここからは岩場で、とても傘では行けないという下見に来ていた会長の指示に従い雨具を着込む。

「クロちゃん、重装備だね。」
「備えあれば憂いなしっすよ。」

ちょっとスリルのあるアドベンチャーコースを登り、程なく鶏冠山山頂に到着した。ところが、どうしたことか到着と同時に今までの曇天の空がウソのように晴れわたり、青空となった。急に気温も上がって暑くなった。
何としたことか!鶏冠山は我々を待ち望んでいたかのように素晴らしい景観を与えてくれた。富士山を初めとして周りの眺望は大パノラマの別世界であった。こんなことってあるのかしら?と己を疑ってしまうほどの素晴らしさであった。鶏冠山山頂には山ノ神を祭った祠があった。お賽銭を奮発したことは言うまでもない。
ここで、マッチーさんから正調「神様の拝み方」も伝授され、またひとつ勉強になりました。

昼食時も優しい秋の陽射しのなかで、かしこくもおごそかに慎ましく取り仕切られ、神の思し召しに感謝して下山することになった。(秩父から持参した麦の泡の御神酒も飲みました)

帰り道、柳沢峠駐車場のほんのちょっと手前で雨が降り出したが、濡れることなく無事に帰還した。本当に今日の出来事は何だったんだろう。不思議な一日だった。

「あれ、サッちゃん、車の中で待っているんじゃなかったっけ?」
「今日は最高よ!来て良かったー。クロちゃん、車の中で待ってるんじゃなかったの?」
「たぶん今日は大菩薩温泉が空いている予感がする。」
案の定、温泉は空いていて、前回の大菩薩山行の時に入場制限で入れなかった大菩薩温泉にも入ることができた。
「山梨に来たら、ほうとうよ!美味しい店知っているけど、場所が解らない。」(それって知っていることになるの?)
病院の近くにあるという記憶を頼りに、美味しいほうとうの店に向う。この店も一発で探し当てて早めの夕食にありつく。
秩父への帰り道、今まで我慢していた雨が一気に降り出した。打ち上げ花火に送られて楽しい山行が終わりを告げた。


クロちゃんの独り言

ここ数ヶ月間の出来事です。当会のメンバーに怪我人が続いて、山行時にも体調を崩すこととかの事件が続いていました。何となく気が重く、複雑な心境でした。悪いことが続くという現象は神がかり的な超自然現象が当会に取り付いていたのかな?
でも、今回平穏無事に山行ができたばかりか、自然の素晴らしい贈り物をいただいたことに感謝とお礼の気持ちでいっぱいです。
これからの当会の活動に光が射しているように思えてなりません。


登山口の石段を登ります
クリックすると元のサイズで表示します


ちょっと早い紅葉の下でザックが色づいてます
クリックすると元のサイズで表示します


鶏冠山へのアドベンチャーコースです
クリックすると元のサイズで表示します


ワァー、晴れてきたー!
クリックすると元のサイズで表示します


青空に富士山も見えました。
クリックすると元のサイズで表示します


素晴らしい眺めでした
クリックすると元のサイズで表示します


七福神?ではありません
クリックすると元のサイズで表示します


こんな良い天気なのに雨具?
クリックすると元のサイズで表示します


念願の大菩薩温泉です
クリックすると元のサイズで表示します


こちら、ほうとうを食べた七福です
クリックすると元のサイズで表示します



コースタイム
秩父6:30−8:20柳沢峠8:40…六本木峠9:50…11:00黒川山11:10…11:30鶏冠山11:45…黒川山(見晴台)12:05…12:15黒川山分岐(昼食)13:20…横手山峠13:45…六本木峠14:30…柳沢峠15:05


過去の記録ですが、このブログにできるだけホームページ「山遊びの貯金箱」の記事を移行して残そう作戦敢行中




今日もアウトドアブログのアイコンをポチッと応援ありがとうございます。★(^○^)/
↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
0

2018/12/20 | 投稿者: クロちゃん

日 時  2005年10月8日(土)午前7時00分出発
参加者 会長、キイくん、アネゴさん、テルちゃん、ミサちゃん、エミちゃん、ハイジさん、クロちゃん 計8名

 秩父鉄道ハイキングの会主催の20キロに挑戦してきたよ。天候が心配だったけど、朝は青空まで覗いて山行日和になった。会長は午後から用事があるということで一人先に出発した。あとの7人は完歩が目標なのでゆっくり歩くはずだったが、他の参加者のペースが速く、つい連られてペースが速くなった。秋とは言えども今日は気温が高く相当に暑い。全身から汗が噴出した。昨夜の酒が汗となって出るまで苦しかったよ。

ゴールの桜沢駅に着いたときは、安堵と達成感で満ち溢れていた。みんな、喜びを分かち合った。
でも、もう来年は参加しないってさ。たまには、こういうのも良いけど、やっぱり楽しい山行が良いよね。でも、もう胸張って言えるよ。「20キロ完歩した」ってね。
ここで飲んだ缶ビールは他の何よりも旨かった。こんなにビールが旨いと感じたのは久しぶりだ。コースタイムは休憩含み8時間45分。ゴールの順位は400番前後であった。今回の参加者は800人位だって言うから、ちょうど中間だね。
汗で全身びしょ濡れ、足の裏がジンジンしている。疲れた〜。

正直、円良田湖がゴールだったら良いのにと思ったよ。ここから、鐘撞堂山を登り、階段の降りは疲労した身体には相当効いたね。このコースが一番長く感じたよ。

会長は4時間半位で歩いたらしい。順位も8位だってさ。おいおい還暦だぜ。化け物だね。強靭な肉体の持ち主であるから、当会を代表する会長なんだね。

みなさん、完歩おめでとう!お疲れ様でした。


コース 秩父鉄道野上駅−出牛峠−糠掃峠−不動山−間瀬峠−雨乞山−榎峠−陣見山−大月峠−筑坂峠−寄居かんぽセンター−円良田湖−鐘撞堂山−桜沢駅



青空の下、20キロに挑戦だ
クリックすると元のサイズで表示します


雨乞山で証拠写真
クリックすると元のサイズで表示します


参加してもらったモノ
クリックすると元のサイズで表示します


ハイ、完歩の証明デス。
クリックすると元のサイズで表示します


過去の記録ですが、このブログにできるだけホームページ「山遊びの貯金箱」の記事を移行して残そう作戦敢行中



今日もアウトドアブログのアイコンをポチッと応援ありがとうございます。★(^○^)/
↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
0

2018/12/20 | 投稿者: クロちゃん

日  時  平成17年10月1〜2日(土・日)午前7時00分集合・出発
交通手段  マイカー分乗
参加者    会長、キイくん、キヨちゃん、アネゴさん、テルちゃん、エイさん、ハイジさん、チーちゃん、クロちゃん 計9名

 影森の国道でシイちゃんの見送りを受けて出発した。
少しでもと、コース短縮を考えて太陽寺側からの林道脇に車を止める。出発準備していたら、雲取山荘の主の新井さんが、車で送られて到着する。「新井さんも、ここから登るのか〜。」と、登山口の選定は正しいと思い嬉しくなった。天気もここ数日の中では最高の晴天である。

お清平まではすこぶる順調に歩く。ここからが本格的な登りだ。得意の牛歩戦術を駆使して最初の急登をクリア。しかし、まだまだ登りは続く。ナナカマドの赤い実がたわわにになっていてすごく綺麗だ。景色も良い。天気も良い。山の空気も心地よい。
良いこと尽くめで気分が良い。

ところが、前白岩の手前だったろうか、アネゴさんが体調が悪いと言う。しばし、休憩して薬等を飲み様子をみることにした。誰もが、その日の体調は行動してからでないと判らないことがあります。少しでも負担をなくそうと他のメンバーがアネゴさんの荷分けをして先に進む。

白岩小屋の展望台からの眺めも素晴らしい。当然、山座同定となったが、どうも判然としない。そこで、近くに居た白岩小屋の主人に尋ねるが、「山は良く解らない」と前置きしたあと、「あれが飛竜、笠取、雁坂……。」と明確に説明してくれた。なぁーんだ、良く知っているじゃん。
アネゴさんの状態は最悪のようだ。少し寝れば良くなるかもと、つかの間の昼寝休憩を試みたがどうだったかな。

白岩山頂で昼食とした。にぎやかに昼食をする我々の場所に野生のメス鹿が出現。1メートルくらいのところまで近寄ってきた。
「野生の動物に餌をあげてはいけないのよ。」と言いながら、残り物を落としているような光景を見たような。見ないような……。

 予定時刻を過ぎて雲取山荘到着。今日は混んでいるようで男女混合部屋となったが、当会グループだけで一室なので、余分な気を使わないで済むので良かった。

【本音と建前】
<建前>
「時間も早いから山頂へ行ってきましょう。」
「私、行きたーい。」
「やっぱり、山頂へ行って来なくちゃね。」
「天気が良いから眺め最高よ!」
「アネゴさんは、待ってますよね。」
「待ってる。」
<本音>
「私、疲れたから明日の朝でいいわ。」
「私も明日の朝でいい。」
「ゆっくりしましょうよ」
「俺、飲んで待ってる」
「宴会じゃ、宴会じゃ!」

結局、山頂へ行こうと思っていた方は誰もいなかったようです。そして、当会の部屋は居酒屋に変身したのでした。6時の夕食前に酔っ払った会長と私(クロちゃん)がダウン。10カウントを聞いても立ち上がれなかった。
「花も〜、嵐も〜、ふーみこーえてー…。」と部屋を飛び回り、危うく女性軍にズボンを脱がされそうになった方もいらっしゃったような……。もう、みんな子供と同じです。

夕食後、会長は再び深い眠りに堕ちて夜の宴に加わることはなかった。外は満点の星であった。部屋は暑く寝苦しい。なかなか眠りに就けないクロちゃんとキイくんは夜中にそっと焼酎の水割りをコップに注いだ。
雲取山荘は幾つも部屋が別れていて、トイレも水洗で綺麗でした。快適な一夜を過ごさせていただきました。

翌日、快復したアネゴさんを伴って全員無事登頂しました。澄んだ空気に富士山をはじめ周囲の山々がとても綺麗でした。
そういえば、夜中「会長地蔵」とか言う座敷童子が部屋の入口付近に現れたとか……。
また、アネゴさんはどうやって登ってきたのか全然覚えていないそうです。

全員、元気に戻ってまいりました。帰りの霧藻ヶ峰で食べたカップラーメン美味しかった〜。そういえば、キノコも少量ながら収穫できました。チーちゃんのキノコ料理も美味しかった。


青空にナナカマドの実が映える

クリックすると元のサイズで表示します


見事なタマゴダケ

クリックすると元のサイズで表示します


素晴らしい展望

クリックすると元のサイズで表示します


近寄ってきた野生

クリックすると元のサイズで表示します


居酒屋「雲取山荘」

クリックすると元のサイズで表示します


山荘からご来光

クリックすると元のサイズで表示します


青空の登頂

クリックすると元のサイズで表示します


女性だけで撮ろう

クリックすると元のサイズで表示します


みんな、ありがとう

クリックすると元のサイズで表示します


コースタイム
☆10月1日(土) 晴れ
駐車場着 7:45 8:05発…分岐 8:20…休憩8:35〜8:40…お清平 9:20〜 9:35…みかえり地蔵9:50…前白岩の肩 10:40…前白岩山11:05〜11:20…白岩小屋12:00〜12:30…白岩山(昼食)12:55〜13:50…芋ノ木ドッケ14:00…大ダワ14:50 〜15:05…雲取ヒュッテ 15:15…雲取山荘15:30
夕食18:00  

☆ 10月2日(日) 晴れ
朝食5:50
小屋発 6:40…雲取山頂7:10〜7:30…小屋着8:00小屋発 8:15…大ダワ8:30…芋ノ木ドッケ 9:20〜9:30…白岩山9:35…白岩小屋9:55〜10:05…前白岩山10:20…前白岩の肩10:35〜10:45…みかえり地蔵11:05…お清平11:15〜11:20…霧もが峰(昼食)11:35〜12:30…地蔵峠12:40…駐車場着13:00

過去の記録ですが、このブログにできるだけホームページ「山遊びの貯金箱」の記事を移行して残そう作戦敢行中




今日もアウトドアブログのアイコンをポチッと応援ありがとうございます。★(^○^)/
↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
0




AutoPage最新お知らせ