2018/12/21 | 投稿者: クロちゃん

2005年11月23日 4名

 日本百名山。秩父の名山。神様のおわす山。イザナミ・イザナギの2神を祭るから両神だという伝えがある。竜神、竜頭山など多くの呼び名と伝説の山。

今回は、白井差からの特別ルートで登ることとした。このルートは両神の山中さんが仕事道を切り開いて造った道で、事前に予約と環境整備料が必要である。

1週間ほど前に「雨だったらキャンセル」と注文をつけて予約を入れた。当日の朝、白井差への車道は狭く、おまけに霜で路面が滑りやすくなっている慣れない道路をひた走る。(一度だけスリップした)

山中さん宅の玄関に挨拶に行く。「あれ、今日だっけ?」山中さんはニコニコして出迎えてくれた。山岳救助のこと。日航機墜落の時のことなど色んな話をしてくれた。ルートの記された地図をいただき、迷い易い場所を含めて親切に説明してくれた。「残念ながら、このコースに岩場を造らなかったなぁ。若い夫婦なら山頂まで1時間半くらいだよ。環境整備料は無事に帰ってきたらいただくよ。」とジョーク交じりに話す。それからサンダル履きのまま途中まで案内してくれた。先頭歩く山中さんはずーっと喋っている。歩くペースも速い。流石に山に生きる人だと感じた。
昇竜の滝手前まで案内してもらい見送っていただいた。

一見の価値あり
クリックすると元のサイズで表示します

頂上へあと3m
クリックすると元のサイズで表示します

のぞき岩を右手から
クリックすると元のサイズで表示します

ブナ平付近はとても快適な空間
クリックすると元のサイズで表示します


さて、
ルートは「のぞき岩」を下から見上げ、登るに連れて右手に望むようなコースとなっている。ツヅラ折れにはなっているが、結構な勾配で高度を稼ぐ。所々に「頂上まで○○m」と道標が設けられていて目標が明確に把握できる。途中のブナ平は昼寝を決め込むのにうってつけの場所であった。事実、帰りにここでちょっとお昼寝した。
結局、「若い夫婦なら1時間半」というコースを若くない私達は3時間かけて山頂に到達した。頂上からの展望は、高所恐怖症の私には目がくらむような大パノラマであった。ただ、奥秩父連山方面には雲がかかり奥秩父や富士山を眺望することは叶わなかったのが惜しまれる。これは次回の楽しみにしておこう。それにしても、休日の両神山頂は登山者で賑わっている。今回のルートで来たのは私達だけだったようだが……。

昼食は久しぶりに水炊きを作り、ワンタン、ラーメンと暖かいもののオンパレード。当然にビールが進み、当然にコンビ二おにぎりは持ち帰ることとなる。(いつものことです)
帰りは1時間半だ。若い夫婦に負けるな!と意気込んだが、なんと往路と同じ3時間を費やしての下山となった。(本当は2時間半)

今回のこのコースは、一度訪ねてみる価値があると思う。岩場、鎖場は頂上直下まで皆無の安全ルートだ。

白井差9:00…9:15昇竜の滝9:25…10:45ブナ平10:50…12:00両神山頂12:15…12:20尾根(昼食)13:30…16:00白井差


過去の記録ですが、このブログにできるだけホームページ「山遊びの貯金箱」の記事を移行して残そう作戦敢行中



今日もアウトドアブログのアイコンをポチッと応援ありがとうございます。★(^○^)/
↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
0

2018/12/21 | 投稿者: クロちゃん

日  時  平成17年11月19日(土)午前8時00分集合・出発
交通手段  マイカー分乗
参加者    会長、キイくん、アネゴさん、テルちゃん、サッちゃん、ミサちゃん、ナカちゃん、マッチーさん、スミちゃん、エミちゃん、シイちゃん、クロちゃん 計12名

 ゆく秋の 知々夫の国の 熊倉の 遥かなる ひとひらの雲

クリックすると元のサイズで表示します



 出発は小野原の稲荷神社であった。今日は秩父の霊峰三峰神社が到達点だ。(ただし、贄川からは車で移動する)
秩父も、数日前から急に寒さを増し、雲取山で初雪の便りが聞かれる季節となった。「寒く引き締まった空気」の中に身を委ねる「引き締まった胸と豊満な下半身???」の当メンバーがそこにいた。

稲荷神社から尾根までは約5分の登りであった。ここからは平坦で快適な尾根歩きだろうと思ったが、大きなまちがい。アップダウンの連続だ。その登りも結構急坂で暑くなって汗がでてくる。

このコースがずっとこんなだったら、とてもハイキングとは言えないだろうと思う。しかし、その心配も間もなく平坦な尾根歩きとなりホッとする。

ここら辺の紅葉は今が盛りのようにも見えるが、イマイチかな。
澄み切った青空の下でハイキングを堪能して下山開始となる。下山途中でコースが不透明となったが、持ち前の「野生のカン」で一直線にデポした車に到着した。

そういえば、朝の出発のとき、デポした車の鍵をキイくんの車の中に置いて来てしまったことに気づく。
早く気づいて良かったー。(^_^;)ゴール地点で気づいたら車をデポした意味がない。それにも増して参加メンバーの冷たい視線が恐ろしい。あぶない、あぶない。!(^^)!

小野原の稲荷神社で祈願する
クリックすると元のサイズで表示します

ハイキング日和です
クリックすると元のサイズで表示します

見事に紅葉です
クリックすると元のサイズで表示します

美味しい昼食は斜面でした。
クリックすると元のサイズで表示します
 
 晩秋のハイキングのあとは、霊峰三峰神社の興雲閣の神の湯で身を清める。
そして、神の酒ともなれば昔から美酒と相場が決まっており、良い酔いが約束されている。どんな良い酔いだったかは皆さんのBBSへの書き込みを参考にしてください。BBSには以下のようなメッセージが寄せられました。
神のお宿は、七色の歌とインスピレーションゲームで笑い転げました。

それにしても、笑いすぎだよ。特に、エ・・・ミ・・ちゃん。
「あはは」「おほほ」「わっはっはー」


皆さんの声(BBSへの書き込みより)

七色の虹?・?・?
私の青春時代のテーマソング?、七色の虹が?新しい虹で?今はやりの復活をしました。
忘年会で楽しませていただきました。何年分笑ったかしら。(^。^)y-.。o○      
ハイキングともども大変お世話になりました。次回の山行は、行けないので今年最後の山行でした。
奥秩父の紅葉も場所によりとても、きれいで、コースも楽で、私にはあっていたのかも
楽しい仲間とまたの山行を楽しみにヨロシク

天宮尾根おもしろかったです

晩秋の荒川は尾根から見ると箱庭のようでした。名残の紅葉も時々はっとさせてくれました。それにしてもメンバーの良く笑うこと。黙っていたのは食べるときだけでした。ちょっと道に迷ったり(ご愛嬌(*^_^*))意外ときつい登りがあったり、それもぜ〜んぶ笑いの種でした。
忘年会(於・三峰神社)は笑いすぎのオンパレード。4時頃から部屋で前夜祭。盛り上がっていました。
6時から宴会突入。最初からエンジン全開。飲むは飲むは・・スゴイ!!!
いつもの皆さんと違う!!コワイ!!!黙り込むオイラ(うそ〜?)カラオケが始まった。皆さんうまい!(すこ〜しヨイショ)誰かが歌いだした。七色の○○ジャ〜♪♪。全員ひっくり返って笑った。信じられない人が歌うからよけいおかしい。30分以上笑い転げた人もいた。(お腹痛くないのかな〜)締めくくりはゲーム。高度な技術を駆使したテレパシーゲーム。犠牲者の皆さんごめんなさい。
荒川のそば祭りにぎやかでした。なお七色の〜を誰が歌ったかは、ヒミツです。>゜))))彡

その後・・・♪♪♪
仕事をしていても、炊事をしていても、ついハミングして出るのは七色のブ○○〇ー♪
思い出しては一人にやにやしています。天宮尾根、忘年会お世話になりました。まあったくよく笑ったネー。1年の厄を全て洗い流したようにネ。あつーいお風呂に水を入れながらはいったりネ。でも、なんといっても七色かなァー。
         
「天空の 尾根にひときわ こだまする 仲間の笑顔に 舞う紅葉かな」

楽しい二日間でした
七色いい歌ですね〜。私も車に乗ったときは大きな声で・・もちろん一人のときだけよ。うふふ。ハイキングのつもりでいたが、おっととなかなか歩き応えがありました。みんなのお料理はおいしくておもわず返す入れ物をなめちゃいました。(ここだけのハナシよ)
又次の日、しおじ山の会の発展と無事を本殿で祈願していただいた事を報告いたします。
あの人も、この人も七色を口ずさみ・・・
どちらかのおたくでは奥様の指導でご主人様も歌っているかしら・・・なんて想像してまたうふふ・・・
来年も宜しくお願いします。笑いすぎて、しわがふえそう・・・

七色の虹
七色の○○ジャー、よごーれてしまったのー♪
皆さん、お世話になりましたー。それにしても、よく笑ったねー。天宮尾根は野生のカンで走破してしまいました。よく無事に帰って来ましたねー。予定時間通りでした。
神の湯で身を清め、笑い疲れ、飲み疲れ、安眠の夜となりました。男性陣の部屋には夜中こっそり酒を飲む会長地蔵も現われました。やっぱり下界と違いますね。翌朝の冷気は下界では味わえないものでした。本当に思い出に残る楽しいひとときが過ごせました。皆さん、ありがとうございました。


宴会前のえんかいです
クリックすると元のサイズで表示します


七色の〜 「私じゃなーい!」
クリックすると元のサイズで表示します


七色の〜 「私じゃないよ!」
クリックすると元のサイズで表示します


何、唄おかな〜
クリックすると元のサイズで表示します


「飲みな!」「ハイ、頂戴します」
クリックすると元のサイズで表示します


さて、この二人が唄っているのは……??
クリックすると元のサイズで表示します


翌朝も夕べの余韻が残る面々は朝から盛り上がり、朝酒、朝湯で更に身を清めました。興雲閣から望む和名倉山が綺麗でした。
クリックすると元のサイズで表示します


荒川のそば祭りで美味しい蕎麦をいただき、現世の世界へ戻りました。
クリックすると元のサイズで表示します



過去の記録ですが、このブログにできるだけホームページ「山遊びの貯金箱」の記事を移行して残そう作戦敢行中




今日もアウトドアブログのアイコンをポチッと応援ありがとうございます。★(^○^)/
↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
0

2018/12/21 | 投稿者: クロちゃん

日  時  2005年11月5日(土)午前7時00分集合・出発
交通手段  マイカー分乗
参加者    会長、キイくん、アネゴさん、テルチャン、サッちゃん、キミちゃん、ユキちゃん、クロちゃん 計8名

コース 相原橋登山口8:35…野鳥観察小屋下…終点まで500m地点10:40…11:30尾根ピーク(昼食)12:30…13:20秩父槍ヶ岳…分岐13:40…15:10神社
 
秩父市内から車で約1時間、荒川の支流・中津川沿いに位置する中津川集落は埼玉県最深部の集落である。中津川峡はV字峡谷を成し、紅葉時期にはその美しさを形成する景勝地でたくさんの観光客が訪れる。
また、中津川集落には、平賀源内の設計施工した自作の家で、名作「神霊矢口の渡」もここで執筆したと伝えられる名所がある。
秩父槍ケ岳はあまり知られていない山で中津川集落の南にそびえる1341メートル標高点峰です。

今回、8名の当会メンバーが相原橋から秩父槍ヶ岳に挑戦した。
相原橋の駐車場から秩父槍ヶ岳を望む

クリックすると元のサイズで表示します


 相原橋から野鳥観察路に取り付くと、早速階段の登りである。周囲の空気はひんやりと冷たいが早くも暑くなる。しばらくは沢沿いの道を快適に歩く。
つづら折れの登りになると「暑い、きゅーけーい!」と休息を催促する声が上がった。野鳥観察小屋下で、体温調節休憩となった。(我々は爬虫類か?)以後、景色がきれいと言っては休み、紅葉がきれいと言っては休み、何度も休憩して野鳥観察コースを登った。それほどまでに、このコースはきつい登りが続いている。登り、急登、登り、急登の連続だ。休憩時にはお菓子、漬物等の行動食が次々と出された。これも山の楽しみであり、大事なエネルギー補給である。
「私、行動食を早く出して、少しでもザックを軽くするの。それから、余ったら誰かに持ってもらうの。だから、重いザック担いできても平気よ。」なるほど、妙案である。山行には各自色々な技を隠し持っているようだが、この技は使える。記録しておこう。

それでも、計画よりかなり良いペースだ。「このままだと、昼食時刻が相当早い時刻になってしまう。」と要らぬ心配までしてしまった。

尾根筋に出ると、滑ったらふりだしに戻ってしまいそうな本当に勾配のきつい登りが待っていた。「すごろくじゃないんだから、ふりだしに戻ってどうするの?」
通常、きつい登りでは誰もが無口になるのだが、この会のメンバー達は違う。常時にぎやかである。中には、立ち止まって腹を抱えて笑っているメンバーもいた。きつい登りも皆で楽しく登ればいつの間にか辿り着いてしまう。

野鳥観察路の終点である尾根は格好の昼食会場を形成していた。8人が輪になって座るのには最適な場所に陣取る。風もなく穏やかな晩秋の陽射しの下で当会自慢の昼食会となった。昼寝したら気持ちいいだろうなぁ……。

昼食後、痩せ尾根の急坂を降って目的地の秩父槍ヶ岳へ向う。所々、緊張させる場所もあたが無事に秩父槍ヶ岳に立つことができた。秩父槍ヶ岳山頂は、木々が繁っていて展望は利かない。先着の20人ほどのパーティが昼食を摂っている最中でもあったので、記念撮影、証拠写真を撮り帰路に着いた。

ここから中津川への帰路コースは石ゴロゴロの落石注意ルートだった。先頭を歩くキイくんは身の危険を何度も感じたようです。後続には「キーイくん。」と怪しく微笑むメンバーが続いている。時には「的が外れた。」なんていう声も……。

終点の神社で手を合わせ、あらかじめ車を廻して置いた中津川村キャンプ場の駐車場に向う。中津川村キャンプ場はアネゴさんの親戚で、温泉のある秩父の秘境です。今度、行ってみよう。

相原橋の駐車場に戻り、今の時期だけのしし鍋を食べて、大滝温泉で疲れを癒しました。
秩父槍ヶ岳は、登り、登り、登りと降り、降り、降りのルートでした。
神社からは久しぶりに平地を歩いたと思いました。

初参加のキミちゃん、ユキちゃんは最初こそ借りてきた猫状態であったが、当メンバーの毒舌に翻弄されすっかり打ち解けてきたようでした。

ところで、中津川の紅葉であるが、今年はイマイチかな〜っていう印象でした。

沢沿いのルートを進む
クリックすると元のサイズで表示します


急登を登る楽しみ
クリックすると元のサイズで表示します


秩父槍ヶ岳の横顔
クリックすると元のサイズで表示します


陽だまりの昼食会
クリックすると元のサイズで表示します


辿り着いた証拠写真
クリックすると元のサイズで表示します


仮設橋を渡り帰ります
クリックすると元のサイズで表示します


過去の記録ですが、このブログにできるだけホームページ「山遊びの貯金箱」の記事を移行して残そう作戦敢行中




今日もアウトドアブログのアイコンをポチッと応援ありがとうございます。★(^○^)/
↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
0




AutoPage最新お知らせ