トラねこの誘い

2012/11/28 | 投稿者: クロちゃん

私の猫に対する印象は、 すばしこく、けっしてなつかない、自由奔放の野放図な動物であります。
昔、家で飼っていたネコは、耳にデコピンしたら引っ掻きやがった。
あっ、これは動物虐待じゃないですよ。私のささやかな愛情表現です。
家では私が一番可愛がっていた。
その証拠に、夜になると私の布団に潜り込んで寝ることが多かったのです。
でも、やっぱりネコは自分勝手で気ままな動物かな〜。
さて、そんな印象を持つ私の前に一匹のネコが現れた。

「こっちだニャー。」まるで道案内しているかのように人懐こいトラねこでありました。

クリックすると元のサイズで表示します




「こっちに来ニャー。」休憩にちょうど良いベンチに誘っているかのようでした。

クリックすると元のサイズで表示します


「ここに座りニャー。」特等席を指定してくれました。

クリックすると元のサイズで表示します


しかし、雨で濡れたベンチは座れる状態ではなく…。
躊躇っていると…。

クリックすると元のサイズで表示します


「座りニャー!」それはネコの親切を無駄にしては“いけニャい”と命令しているかのようだった。
同行のkeykunがザックからお菓子を取り出して与えた。
「フン!」とばかりに見向きもしなかった。

悪いな。食べ物はそれ以外ないんだよ。

「仕方ないニャー。」とでも云う素振りで周りを見渡すと、諦めたようにお菓子を食ったのだった。
このトラねこって賢いのか?

いや、このネコはトラねこと呼んでいいのだろうか。
今日は奥多摩むかし道で会ったネコの話題でありました。

山歩日2012年11月24日



今日もアウトドアブログのアイコンをポチッと応援ありがとうございます。★(^○^)/
↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログへ

9



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ