長瀞アルプスから宝登山

2012/12/29 | 投稿者: クロちゃん

誰が名付けたのかその名も「長瀞アルプス」から宝に登る山の縁起の良い名前の宝登山を歩いてみました。
このコースは久しぶりだ。いつもは逆から歩くことが多い。
宝登山から下って長瀞アルプスへのコースが楽なのであります。
でもちょって待て。(車は急には止まれない。。。)←意味なし。\(`o´″) コラーッ
長瀞アルプスから宝登山のほうがなんとなく聞えがいいじゃないか。
そんな印象を持って向かいました。
休日の長瀞町役場に車を置いてスタートです。
目の前に長瀞アルプスの山波が連なる。

クリックすると元のサイズで表示します


こちらは初めてだと入口が少々分かりづらいかと思うが「萬福寺」を目指せば案内板があります。
登山口の入口には「へんてこりん本舗」なる看板が!



クリックすると元のサイズで表示します


今まで知らなかった。気づかなかった。
さあ、ここから山道となります。気を引き締めて急坂を登りましょう。

坂は「あれ?もう終り。」というくらいの長さです。
あとは多少のアップダウンはあるものの尾根道をスタスタコラサッサーで快適に歩けます。

木々の合間からは山波が見え隠れします。
このコースは冬の陽だまりハイキング向きでしょう。
夏はダイエット向きかな…。

クリックすると元のサイズで表示します


しばらく歩いてある異変に気が付いた。
「神まわり」の標識がない。見落としたのだろうか。それとも撤去してしまったのだろうか。
いずれにしても、今回は神まわりのコースは行かないので気にしない。気にしない。
このコースは良く整備されていますが、長瀞アルプスでは誰にも会いませんでした。

クリックすると元のサイズで表示します


ちょっぴり歩き足りない、消化不良状態で車道に出ました。
この車道が暗いイメージで長く感じます。
さて、いよいよ宝の山に続く、本日の核心部である急な階段地獄が始まります。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


急な長い階段は山頂まで計6カ所(たぶん)です。黙々と登っていると寒くても汗が出て来ます。
それなので、黙々木曜日じゃなくて、カッカッカッの火曜日でドンと構えて、スイスイ水曜日の歩きで、キンキーン金曜日のペースで変化をつけて、ドドド土曜日と駆け上ったりして楽しみながら登りましょう。気をつけないとゲッゲッゲッ月曜日のクルリと月面宙返りになりますからご注意を…。あとは、ニコニコ日曜日の寝て曜日で時々休憩もします。
そんなことを思い浮かべながら階段地獄をひたすら登ります。

「山頂はまだかー。」といい加減うんざりして来た頃に展望の良い山頂に出ます。

クリックすると元のサイズで表示します


ほい、山に囲まれた秩父と武甲山。

クリックすると元のサイズで表示します


こちらは、破風山、両神山、城峰山と秩父を代表する(?)山の揃い踏み景色です。

クリックすると元のサイズで表示します


宝登山ロープウェイも賑やかな新春を待つ。

クリックすると元のサイズで表示します


ちょっと休憩して脱兎の如く駆け降りました。
長瀞駅から野上駅まで電車を使って、はい、本日のお山おしまい。


山歩日2012年12月24日
コースタイム
長瀞町役場8:50…9:00萬福寺…9:53車道分岐…10:05宝登山登り口…10:25山頂10:50…11:16長瀞駅



今日もアウトドアブログのアイコンをポチッと応援ありがとうございます。★(^○^)/
↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログへ

10



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ