大築山(城山)の山歩記(前編)

2016/1/4 | 投稿者: クロちゃん

冬路のあじさい山公園駐車場はひっそりと静まりかえっていた。いや、今回この先も誰にも会わない静かな山だった。

トイレのある広い駐車場にポツンとクロちゃん号だけ止まっている。ここから、あじさい山公園まで2.2キロメートルと書いてあった。遠く感じる。(‘◇’*)

クリックすると元のサイズで表示します


車もほとんど通らない沢沿いの車道を山に向かってスタスタスタ…。
すぐに登場は「麦原の辦財天」様です。良い顔しています。

クリックすると元のサイズで表示します


住吉神社のところで道の分岐。案内板を見て、右か左か迷いました。
どちらにしようかな、神様の言うとおり♪o(^^o ) ( o^^)o
天の声は聞こえなかったが、なんとなく「右においで」と呼んでいるような気がして、右に向かった。

クリックすると元のサイズで表示します


すぐに「住吉神社の獅子舞」の案内板。

クリックすると元のサイズで表示します


へぇ〜。ここの獅子舞は秩父郡小鹿野町両神薄の諏訪神社から伝わったと書いてある。親近感を覚える。
獅子舞の日は10月17日に近い日曜日だってさ。

その先、指導標にまた迷う。

クリックすると元のサイズで表示します


まっすぐは「城山」(大築山)で、右は「上谷の大クス」と書いてあった。
大クスって何?
大きな声でクスクス笑うことかい?
(;一一) ジロ  (-^〇^-) ハハハハ
なんとなく魅力を感じて、また右に向かった。

坂道をグイグイ・ヘェヘェ・ゼェゼェ登って行くと、みかんの群生地があった。
最初、ユズかと思ったが、これはみかんだった。

クリックすると元のサイズで表示します


次に現れたのは、満開の紅梅♪
えっ、まだ12月だよ。気の早い梅の花に春の陽気を感じる。

クリックすると元のサイズで表示します


その先、大クスへの道は下りになった。
道端の水仙が微笑んでいる。ここは季節を先回りしているのか。なんとなく不思議な感覚、ミステリーの世界に入って行くような錯覚に陥って行く。

クリックすると元のサイズで表示します


それにしても、どこまで下るのだ。道を間違えたかとちょっと心配になる頃、歴史を感じる石仏にカメラを向けて下りの道をまた進む。

クリックすると元のサイズで表示します


もうちょっと行って、何もなければ引き返そう。そう思った先に、久しぶりの案内板を発見した。
案内板に従って大クスを目指す。綺麗なトイレがあったので一休みした。
そうして、上谷(かみやつ)の大 クスに辿り着いた。
ここまで長く感じたが、時間的にはそれほどでもなかった。初めての道、道迷いの心配があると、長く感じるものだ。

クリックすると元のサイズで表示します


大クスは「全国巨木ランキング第16位、埼玉県内第1位に認定された大木」と説明書きがありました。
比較対象するものがなくて、どれだけ大きいかは表現できませんが…。
感じたまま表現すると…。
どんなに頑張っても、全体をカメラにおさめられない大きさだった。
デカイ!

それでは、本命の大築山に向かおう。

続きます。

山歩日2015年12月27日
駐車場7:50…7:53辦財天…8:13住吉神社…9:04大クス…10:05小築山…10:20大築山…11:00馬場…11:45あじさい山公園(昼食)…12:35駐車場


今日もアウトドアブログのアイコンをポチッと応援ありがとうございます。★(^○^)/
↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
11



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ