鉢伏山に咲いた花

2016/10/13 | 投稿者: クロちゃん

「ねぇねぇ、『北風と太陽』って、知っている?」鉢伏山を歩くおしゃべりの話題は何故かイソップ童話になっていた。
「知ってる。知ってる〜。」(^○^)/
「この金の斧を落としたのはお前か?」(^<^)でしょ。

(⌒−⌒;)(−_−;)
行こ、いこ。(((((((((((((ーー;)

北風と太陽とは『あるとき、北風と太陽が力比べをしようとする。そこで、旅人の上着を脱がせることができるか、という勝負をする。』だよ。

太陽は、時には傘もささせる強いストロングの持ち主なのでありました。

クリックすると元のサイズで表示します


はい、鉢伏山に咲いた傘の花です。ヽ(^o^)ρ

鹿の食害でダメージの大きい鉢伏山には、それでもたくさんの花が残っていました。
ピンクの微笑み、ナデシコ

クリックすると元のサイズで表示します


妖しい美しさ、トリカブト

クリックすると元のサイズで表示します


何故かトリカブトを見るメンバーは妖しい微笑みとなっている。
こちら、脱色のトリカブト?

クリックすると元のサイズで表示します


たくさん咲いていたけど、上手く撮影できなかった、ウメバチソウ

クリックすると元のサイズで表示します


そして、花の百名山・鉢伏山を代表するマツムシソウ

クリックすると元のサイズで表示します


しかし、マツムシソウは絶滅しソウの危機にありました。
山の帰り、鉢伏山荘で美味しいコーヒー(500円)を飲みながら、壁に貼られた写真を見て納得。
被害は深刻のようです。

山歩日2016年9月4日
杣みちの会9名




今日もアウトドアブログのアイコンをポチッと応援ありがとうございます。★(^○^)/
↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
9



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ