鳥海山の山旅(その一・秋色の始まり)

2016/10/30 | 投稿者: クロちゃん

秩父から東北の山は遠い地にある。目指す鳥海山の登山口をナビセットしたら470キロメートルだってさ。
台風が近づいている。天気はどうか。うむ。東北は晴れマークだぜ。
そうだ。台風先回り作戦で行ってしまえ。まだ見ぬ地へ心が逸る。

吹浦口(太平)ルートの登山口に着いた。駐車場に車が一台もないのは何故?
平日だから?今の季節だから?それとも…。
一抹の不安を抱きながら、景色を眺めて出発です。ちなみに、ここの駐車場にはトイレはありません。

クリックすると元のサイズで表示します


登山案内所とあるから、ここは正真正銘の登山口でしょう。
赤地に白文字で「熊に注意」と書かれていた。また心細くなってしまうじゃないか。

クリックすると元のサイズで表示します


このコースは石の道が続いた。それほど急な坂道ではないが、硬い石の道に結構疲れを感じる。見晴台に着いて一休みです。

クリックすると元のサイズで表示します


紅葉はまだちょっと早かったようだ。これを若い紅葉と呼ぼう。
日本海を眺めるのは、海なし県からやって来た人間には嬉しい景色です。

清水大神という地点は草紅葉の世界だった。

クリックすると元のサイズで表示します


秋の色をいっぱい感じる。

クリックすると元のサイズで表示します


それにしても、誰も会わないのは何故だろう。
やっぱり、鳥海山は花咲く夏の季節が本命なのだろうか。
そんなことを思いながら、のんびりと歩く。
相変わらず、石の道が続いた。

クリックすると元のサイズで表示します


秋を感じながら、雄大な自然の中に、ポツンと一人旅だよ。

クリックすると元のサイズで表示します


そうして、目の前に突然、異様な山容が現れた。
これが、これから向かう鳥海山か。ゲームに出てくる敵ボスの棲む要塞のようにも見えた。

クリックすると元のサイズで表示します


なんだかとっても遠くに感じたけど、目的の山容を目にして、気を引き締めた。
そして、ここでちょっと一休みね。

続きます。

山歩日2016年10月5日




今日もアウトドアブログのアイコンをポチッと応援ありがとうございます。★(^○^)/
↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
16



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ