つとっこ

2007/6/30 | 投稿者: クロちゃん

◇「つとっこ」(つつっこ)は秩父に古くから伝わる郷土料理として知られています。

(^_^)恥ずかしながら、俺はこの歳になるまで知らなかった。

◇「つとっこ」は栃の葉で、もち米や小豆をつつんで蒸した、「ちまき」のような携帯・保存食として秩父の今も伝わる郷土料理の一つです。

(^_^)俺は、秩父の郷土料理は「おっ切り込みうどん」だけかと思っていた。

◇「つとっこ」は秩父の自然の恵みを味わう郷土料理一つです。

(^_^)はいはい、分かりました。で、どんなものなの?

◇「つとっこ」は6月の梅雨入り前の栃の葉が柔らかくて香りがよい時期に作られます。近隣の山に入り栃の葉を摘み、「つとっこ米」(もち米、きび、米)と煮た小豆を混ぜ合わせ、栃の葉で包み込み藁で縛ります。
その後一時間弱茹でれば出来上がりです。
「つとっこ」作りに慣れている人はあっという間に5個、10個と包んで縛って作り上げてしまいます。「つとっこ」を浮かべた湯気立つ鍋からは初夏の香りが漂います。

(^_^)お、素朴な味だ。旨いね。栃の葉の香りが何とも言えないね。

◇本日は、栃の葉が手に入りませんでしたので、柏の葉で包んで作りました。

(^_^)……。あっ、そうなの。

◇柏の葉の香りも初夏の味です。「つとっこ」は秩父の自然の恵みを伝承する郷土料理一つです。

(^_^)何か、上手にまるめ込まれたような…。本物の「つとっこ」を食わせろ〜。

クリックすると元のサイズで表示します
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ