2019/1/15 | 投稿者: クロちゃん

2006年3月4日 奥秩父大洞川水系

 秩父地方のこの冬は、記録的な雪の少なさであった。例年なら雪化粧した奥秩父連山の容姿も蒼黒くすっぴんの顔だ。渓の精気が心配される。

午前6時車中の人となる。気温マイナス5℃であった。久しぶりの氷点下の気温で身が引き締まる。(体型は引き締まっていないが、気持ちが引き締まっていた。)
大滝地区に入ると黒く濡れた道路は、凍っているのか凍っていないのか定かでないが、気弱な私は慎重運転となる。私は酒を飲むと気が強くなるようだが、普段は気弱な人間なのである。

昨日降ったのだろうか、大滝地区の山は雪化粧していて綺麗だ。渓流釣りシーズン解禁後初の土曜日とあって、渓流はさぞ賑わっていることだろう。多くの釣り人は放流場所に殺到しいるに違いない。渓に魅せられて中途半端な釣り人の私は、そんな放流場所へは行かないのである。あくまで自然の野生と遊ぶことが心情で、酒を飲み渓遊びを信条としている。
そう言うと何とも格好いいが、釣り人が殺到する場を嫌い静かな環境を好む変人なのである。
食いきれないほどの数を釣っても、無用な殺生となるし、何より無用なトラブルを避けたい。渓で先行争いはしたくない。優先権を主張する釣り人がいれば快くお譲りします。

さて、今回はそんな考えに共感するキイくんが同行だ。解禁祝いを計画した今回の祝い酒は、ビール1リットル、焼酎0.7リットル、日本酒0.5リットルにコンビ二で加えたウイスキー白角水割り0.5リットルを追加した。食料はキムチ鍋材料一式にうどん玉2個、天ぷら具材の竹輪にふきのとうにコンビ二おにぎりだ。当然、ザックは相当の重量となりパンパンだ。

道路は奥へ行くほど雪が多くなり、やがて雪道となった。
「スタッドレスタイヤなんだろう。」
「いいえ、ノーマルです。」
やがて、車中は沈黙の時間となった。

クリックすると元のサイズで表示します


目的の入渓地点に到着。放流のないこの河川には当然のように先行者の車はなく、この場所は今シーズン初めての入渓者となるようだ。
「アイゼン持ってます?」
「えー!そんな話聞いてないよ。クロちゃん、持ってるの?」
「私はいつも持っています。」
3分間、沈黙の時間が経過した。

クリックすると元のサイズで表示します


うっすら雪の積もった樹林帯を下降する。急斜面のほぼ直線的な道で滑りやすい。慎重に歩くが、キイくんはスッテンスッテン尻もちをつく。
「7回転んだ……。」
渓に降り立ったとき、キイくんの最初の一言である。良く転んだものだが、その数を数えていたとはさすがである!?

清冽な流れと雪化粧した渓のコンストラストが素晴らしい。午前8時、記念の第一投。

岩肌にも雪があり、慎重に遡行する。思ったほど寒くなく快適だ。魚信は予想通りほとんどないが、しばしの渓の感触を満喫する。

高巻しないと通過できない地点で納竿。昔の自分達であったら、強引に高巻いて先に進んだろうが、今はそんな勇気もないし、青くない。大人の選択は戻って宴会することだ。
雪の残る斜面は危険である。

午前11時。入渓地点の降り立った場所まで戻る。さあ、宴会だ。
宴会に先立ち、キイくんが清めの酒を流れに注ぐ儀式を敢行。
渓の安全祈願に手を合わせた。

クリックすると元のサイズで表示します


陽だまりの宴会場所は暖かく快適であった。キムチ鍋を仕込み、唯一の釣果である20cm程のサビの残ったポッチャリ山女を天ぷら用にさばく。
「カンパーイ!」と始まり、飲んで食って至福のひと時を過ごした。

クリックすると元のサイズで表示します


過去の記録ですが、このブログにできるだけホームページ「山遊びの貯金箱」の記事を移行して残そう作戦敢行中




今日もアウトドアブログのアイコンをポチッと応援ありがとうございます。★(^○^)/
↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
1
タグ: 山釣り 奥秩父 岩魚

2019/1/15 | 投稿者: クロちゃん

2005年9月3〜4日

夢を実現 遥かなる旅路

当HPをご覧いただいた、幸四郎さんから柳小屋の情報について教えて欲しい。できれば案内して欲しいとBBSに書込みがあったのが7月の末だった。その書込みを見た当会のメンバーから、「幸四郎ってだれ?クロちゃんのお友達?」「クロちゃん、何か隠しているんでしょ!」などと反響が寄せられた。

快く了解したものの、夏は色々と休日のスケジュールが多く、とりあえず空いている休日を連絡して日程を決めてもらうことにした。
9月3〜4日の希望に改めて了解した。その後、あれこれメールでやり取りして、打ち合わせを進める。幸四郎さんはブラザースで柳小屋初挑戦するということで、こちらもキイくんを同行者に予定したが、キイくんの足の状態は完全でなく諦めることとなった。本質的に人見知りの私は外交的なキイくんの力を頼ったのだがそれは叶わず、少々不安を抱えての柳小屋釣行となった。

当日の朝、待ち合わせの大滝温泉に車を走らせる。幸四郎ブラザースは前日に大滝入りしている。約束の時刻を前に大滝温泉に到着したが、先程から腹の調子が悪い。いや、腹の調子が良いのかトイレが忙しくなっていた。大滝温泉前に幸四郎ブラザースのものと思える車が駐車していたが、その前に用を済ませなければと急ぎトイレに駆け込んだ。
何とも言えない幸福感ですっきりしたあと、トイレから出ると幸四郎ブラザースは私の車の前に立っていた。初対面であるが、メールで何度も連絡しあっているので違和感はない。軽い挨拶を交わして入川観光釣場手前の駐車場に向う。

予想以上に入川観光釣場手前の駐車場は賑わっていたが、何とか駐車することができた。今日はだいぶ釣り人が多いらしい。

周りが白々と明るくなり始めるのを待って歩き始める。柳小屋までの行程は長い。歩き始めが肝心で、バテないようにゆっくりと歩き、何度も休憩をとった。幸四郎ブラザースは期待と不安に満ちた顔をしている。
大丈夫、歩いていれば直に柳小屋に着きます。

柳小屋までの行程5時間強で無事に到着。本日、初めての宿泊者の到着です。清冽な水の流れと澄んだ山の空気が3人を優しく出迎えてくれた。

 疲労も残っていることから一休みした後、小屋のすぐ上流より入渓する。早速、第一級のポイントに投餌するブラザース。餌はドバミミズだ。
ミミズを流したところ、驚いたのか数匹のイワナが走る。
「!!……。」「ここのイワナはミミズは食わないんですか?」
そんなこと、私だって知らない。イワナの勝手でしょ!
普通イワナが走った後は、そのポイントでは掛からないのだが……。そのポイントで20cm程度のイワナが釣れてしまう。
記念すべき柳小屋の初ヒットはブラザース(弟)だった。
「すごく、綺麗です!」
その感動ぶりに案内した私も満足感に浸った。

それから、真の沢に入り午後2時半まで釣りを楽しんだ。ブラザース(弟)は過去最大のサイズという26cmの丸々太った良型をゲットし、興奮気味だ。ブラザース(兄)は20cm以下は即リリースのナイスガイの釣りをし、大物を続けて釣り落として興奮している。何でも65cmの手応えだったとか……。

幸四郎ブラザースに喜んでいただいて、案内役として来た今回の柳小屋であったが私も心から喜びを分かち合うことができた。
さて、早めの夕食(宴)は、「イワナの蒲焼風」「イワナの天ぷら」に始まって、酒が進んだ。渓の料理人と化した私は、本日の予定通りのメニューを作り酒のつまみとした。当然、話題は渓流釣りのことで、誰もいない柳小屋を独占して大いに盛り上がることができた。

午後8時半頃、シェラフに潜り込むとあっという間に深い眠りにつき、気がつけば朝だった。幸四郎ブラザースは釣りに出掛け、私は朝酒のあと朝寝に突入。
またしても、ブラザース(弟)が29cmの泣き尺を釣り、自己の大物記録を更新。写真を撮り、そっとリリースしたそうだ。

また、幸四郎ブラザースと一緒にここへ来ることを約して柳小屋を後にした。

私の釣果?
聞かんでください。釣りのウデが悪いことで、奥秩父の自然保護に貢献していますから……。
今回の柳小屋はちょっと食いが悪かった印象である。

川虫は少ない
クリックすると元のサイズで表示します


泣き尺ゲット
クリックすると元のサイズで表示します


渓の料理
クリックすると元のサイズで表示します


昼のラーメン作り
クリックすると元のサイズで表示します


過去の記録ですが、このブログにできるだけホームページ「山遊びの貯金箱」の記事を移行して残そう作戦敢行中




今日もアウトドアブログのアイコンをポチッと応援ありがとうございます。★(^○^)/
↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
1
タグ: 山釣り 奥秩父 岩魚

2019/1/14 | 投稿者: クロちゃん

2005年7月16日(土)〜17日(日)
 3連休のこともあって今回は柳小屋も相当な混雑を予想したが、意に反し我々2人の他は夕方近くに登山で訪れた中高年の男女2人と暗くなる直前にやって来た釣り人2人の計6名だけだった。
登山者の2人は翌日真の沢林道より甲武信岳へと向うと言う。真の沢林道は荒廃していると思われるので気をつけて行ってくださいネ。まあ、山慣れした方達とお見受けしたので大丈夫でしょう。

 夕暮キャンプ場から4時間半の行程で柳小屋到着。しばしの休憩の後、小屋のすぐ上流より入渓する。今回、順調だったのは同行者のキイくんで、クロちゃんには魚信が遠い。
真の沢と股の沢合流地点の手前でキイくんが良型をゲット。

「クロちゃん、メジャー、メジャー!」
「……??あれ、メジャーは小屋のザックの中に忘れてきました。」
「もう!自分が大きいのを釣ったときだけメジャー持っているんだから〜。」
「いつもは持っているんすけどネ。たまたまですよ、たまたま……。」

こんな会話のやりとりの直後、事件が起きた。

平凡な何でもない場所で、キイくんが足を痛めてしまったのだ。岩を越えるのに枯れ木に乗ったとき、その枯れ木が折れて、はずみで足をひねってしまったらしい。
歩けるということでホッとはしたが、歩くと痛みがあるという。
「ボキッ」と木が折れたとき「骨が折れた!」と思ったそうです。ここまでに、食べる分の釣果はあり早々に小屋に戻った。そうなると昼酒、昼寝のいつものパターンで渓の午後は過ぎて行った。

クリックすると元のサイズで表示します


 夕方近く、冒頭の登山者が現れ、天ぷらをお裾分けする。「美味しい」と誉められ笑顔。
暗くなりかけた頃来た2人の若い釣り人には、「一緒に飲もう、早く荷物を小屋に置いてここへ来なさい。」と宴に誘った。「残り物だけどね。」と、天ぷら、パスタなどを差し出す。この2人、あまりにも旨いと誉めてくれるものだから、翌朝のメニューの予定だった料理まで作ってしまった。お世辞でも「旨い」と言ってくれると嬉しいものです。
「明日、10時半までに岩魚釣って来たら天ぷら作ってあげるネ。」なんて約束までしてしまった。
キイくんの足はだいぶ腫れてきていた。

 翌朝、予定では昼頃帰ることになっていたが、キイくんの足の腫れがだいぶひどく早いうちに帰った方が良いと考え、7時半に小屋を後にした。キイくんの足はまるで象さんの足のようです。
若い釣り人2人は釣りに出掛けていて留守だった。
「10時半までに岩魚釣って戻って来ても天ぷら出来ません。約束破ってごめんなさい。」
心の中で2人に詫びて出発する。

キイくんは、適当な枯れ木を杖にして歩くが、一歩毎に「痛っ」と呻き声を発している。いかに登山道といっても、所々崩壊していたり、倒木の障害物があったり、危険箇所もある。通常なら平然と歩く道を一歩一歩慎重に進んだ。
赤沢谷出会いに着いたときは、無事ここまで辿り着いたことを本当に安堵した。ここで、ラーメン作って遅い昼食とした。キイくんは、痛みに耐えてきた疲労感とここまで来た安堵感でしばし昼寝をする。

「医者に行けば、酒は飲んではダメ。風呂も遠慮しろと制限されるに決まっている。だから、帰りに温泉に入って、クニちゃんの店で下山祝いだ。」キイくんの今日の希望と願いはここにあった。

車まで7時間の行程。長い道のりを乗り越えてようやく辿り着くことができた。後は機械の力で戻れば良いことです。

大滝温泉で汗を流し、クニちゃんのお店で、氷入りポリバケツに痛めた足を突っ込んで陽気に飲んでるキイくんと、「飲んで大丈夫なの?」と心配顔のクニちゃん。すでに酔っ払いと化して自分の世界に浸っているクロちゃん。3人の下山祝いは閉店時間を過ぎても続いていた。

 後日、キイくんの怪我は骨折していたことが判明した。根性で帰還した今回の柳小屋物語でした。

 アクシデントは思わぬところで発生します。危ない場所では気をつけますので案外起こりにくいものです。問題は発生した時の対処です。今回、7時間という時間をかけて下山しましたが、それが、果たして正解な行動だったのかは解りません。歩いたことで治癒までに時間がかかってしまったことは事実です。しかし、遭難救助は「セルフ」が原則と聞きます。その意味では、今回の自力での下山は誇れるものだと思います。

クリックすると元のサイズで表示します



過去の記録ですが、このブログにできるだけホームページ「山遊びの貯金箱」の記事を移行して残そう作戦敢行中





今日もアウトドアブログのアイコンをポチッと応援ありがとうございます。★(^○^)/
↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
0
タグ: 山釣り 奥秩父 岩魚




AutoPage最新お知らせ