2020/10/4 | 投稿者: クロちゃん

剣ヶ峰山の標高は2020メートル…。
と、いうことは…。
今年2020年の山です。(*^^)v

クリックすると元のサイズで表示します


新型コロナにすっかり戦闘意欲を失ってインドア生活が続き、久しぶりの山である。
気合を入れて…。
朝2時起床。
これが後にアクシデント発生の原因のひとつでもあったと思う。
インドア生活で堕落した生活は確実に私の体重にその重さを加えていた。
体重計に乗るのがこわい。

そんな私が目指したのが、無謀にも川場スキー場手前の駐車場から上州武尊山だった。
朝5時25分、貸切状態の広い駐車場出発。
登山口は広い駐車場の中間点付近にある。
道はなだらかに、なだらかに、キャンプ場跡から九十九折もなだらかに高手山に到着。
山頂は樹林の中で、疲れもないので通過〜。地図のコースタイムをマイナス10分だった。ここからしばらく道は平坦でスタスタスタ…。順調である。
途中にテーブルのあるベンチが「お休みください。」とあったので迷わず休憩する。

徐々に登り坂プラス小さなアップダウンがあるが淡々と歩いた。
しかし、正直西峰まで長く感じた。
西峰に着いて時計を見ると…。
高手山から西峰まで地図のコースタイム1時間50分のところ、なんと2時間10分もかかってしまった。プラス20分。
ふむ、この地図のコースタイムはおかしい。。。(-_-)ゞ
山頂からこの先の剣ヶ峰山を眺めてそう思ったが、武尊山まで行けるか一抹の不安がよぎる。

クリックすると元のサイズで表示します


いったん下って登り返しの激坂が待ち受ける。
剣ヶ峰山に取り付く手前の急坂・激坂で左足に異変が生じた。
脚が攣ったー。(*’▽’)

クリックすると元のサイズで表示します


アクシデント発生である。
やはり普段の堕落した生活と異常な起床時刻が体に異変となって現れたのか。
この時、確実に武尊山は遠くなることを感じた。

なんとか剣ヶ峰山までは行こう。
本日の目的地が変更になった。
10歩歩いて5分休み。。。大袈裟にいえばそんなペースとなっていた。

クリックすると元のサイズで表示します


西峰から剣ヶ峰山までの地図のコースタイムは40分である。
この区間に要した時間1時間。プラス20分。
武尊山まで1時間20分のコースタイムであるが無理は禁物、武尊山を眺めて「また来るぞ」と引き返すことにした。

クリックすると元のサイズで表示します


下りでも時々脚が攣って立ち止まる。
激坂手前でテーブル・ベンチに腰をかけ水分補給と持参したキュウリの塩漬けで塩分も補給。
ゆっくり休んで、ゆっくり歩みを進めた。
途中で1度だけ脚は攣ったが、スポドリと塩分補給が効いたかその後なんでもなかったように順調に戻った。
西峰で剣ヶ峰山、武尊山を振り返ったが、あとはひたすら登山口目指して下山。
登山口に着いた頃にはもうひとつ山に登れそうな、そんな快復ぶりであった。

さて、「望郷の湯」で汗を流してのんびり過ごそう。
このコース、少し荒れた場所がありましたが、特に危険と思うところのない良い道です。
山歩日2020年10月2日(金) 快晴



今日もアウトドアブログのアイコンをポチッと応援ありがとうございます。★(^○^)/
↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
7

2020/8/22 | 投稿者: クロちゃん

マイナー登山のすすめ
密を避けてひそかに山を彷徨った日、この日は誰にも会いませんでした。

登山道脇にヨツバヒヨドリの群生がありました。
僕はそっと立ち止まって眺めました。
夏のヨツバヒヨドリにはきっとあの蝶がいるんだな。
静かにそっと眺めていたんだけど、蝶は見えないんだ。

あきらめて歩きはじめた途端…。
無数の蝶の舞〜。(“▽”*)

カメラを取り出して、撮ろうとしたけど、うまく撮れないんだな。やっぱり。
また立ち止まって、しばらくすると蝶はヨツバヒヨドリの花に止まったので、夢中でシャッターを押した。

カシャッ、カシャ、カシャ…。

クリックすると元のサイズで表示します


僕が動くと蝶が舞い、立ち止ると蝶もヨツバヒヨドリの花に止まるので楽しくなるんだな。
こうしてしばらく眺めていたら雨が降って来たので急いでその場を立ち去ったけど、アサギマダラさんはどうしたかな。うまく雨宿りできたらいいな。

ここで一句浮かんだので記録しておこう。(俳句の基本とか何も知りません。)

『静カシャ ヨツバヒヨドリ 夏の蝶』


クリックすると元のサイズで表示します


これは、アサギマダラを上手に撮影するコツなんだな。
先生に講評してもらおうか。
おわり


せんせーい!
先生「……。」
先生「才能なしです。」(*´Д`)=з
先生「何を言いたいのか、その場の光景とか、説明がないとわかりません。才能なしです。」
せんせい、直しは?
先生「いりません!直しようがありません。(写真もヘタクソ)」

撮影日2020年8月9日
撮影場所 焼額山から奥志賀高原に下山途中



今日もアウトドアブログのアイコンをポチッと応援ありがとうございます。★(^○^)/
↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
9

2020/3/22 | 投稿者: クロちゃん

どんなに寒い冬でも、今年のように暖冬で冬らしい冬を感じなかった年でも、必ず春はやってくる。
山歩きも快適な季節がやって来る。

ちょこっとお散歩山歩きで春の訪れを体験した。
山頂付近で淡いピンク色に癒される時間♪

クリックすると元のサイズで表示します


ハナダイコン
クリックすると元のサイズで表示します


タチツボスミレ
クリックすると元のサイズで表示します


イチゲの花
クリックすると元のサイズで表示します


エイザンスミレ
クリックすると元のサイズで表示します


ツルニチニチソウ
クリックすると元のサイズで表示します


ハナニラ
クリックすると元のサイズで表示します



そして、花はまだ咲いていなかったがニリンソウの群生地を目にした。
時期になったら一面に競演する微笑みを見に行かねば…。

撮影日2020年3月22日
撮影場所 美の山(皆野町側から往復)




今日もアウトドアブログのアイコンをポチッと応援ありがとうございます。★(^○^)/
↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
15




AutoPage最新お知らせ