2011/1/22 | 投稿者: クロちゃん

以前はメールなんて面倒くさい、連絡は通話が一番速くて便利と思っていました。
初めて携帯電話を手にした時も「メール機能は使わないから結構です。」と断っていました。

それが変われば変わるもので、今や連絡のやり取りにメールがなくてはならない存在になっています。
そんな私は今でも携帯メールより使い馴れたPCが主流です。

カタカタカタ…。
「Enterキー」をバチッ!送信ボタンをポチッ!

これで山の計画の連絡ばっちりです。

ところが翌日受信箱を開けると…。
Sさんからのメールがありました。
内容は…。
『このメールはTさん宛てですね。Tさんに転送しておきます。』の文字が…。

しまった。宛先を間違えた!
いつもPCメールは受信箱の返信を利用しています。これなら確実に相手に届く筈です。
受信箱の相手を間違えたんですね。

良かった。転送してくれるならそのままで良いでしょう。
その直後に届いたメールには、私がTさん宛てと思って間違えた相手のSさんから私の送った文面のメールが入っていました。

あれ?

すると…。
転送=返信???

念のため、もう一度Tさんにメールしときましょう。φ(..)メモメモ

Sさん、ありがとうございました。
Sさんの親切にこのことは内緒にしておきましょう。



にほんブログ村 アウトドアブログへ ←ヽ(^o^)ρ内緒でお願い!ポチッ★(^○^)/


0
タグ: 秩父 メール

2011/1/7 | 投稿者: クロちゃん

私はお粥が苦手です。日本人に生まれて良かったと思うくらい米のご飯は大好きなのですが、お粥だけはどうもいけません。
あのドローッとした流動食を思わせる食べ物はどうしても好きになれません。

こんなことがありました。
それはまだ私が虚弱体質の頃、入院していた時のことです。
手術後の食事はゆるゆるのお粥です。見ただけで食欲が沸きません。
回診に来た医者の先生に言いました。
「お粥じゃなくて普通のご飯が食べたい。」
すると…。
「食べたいものを希望するのは良くなっている証拠。では、ご飯に代えましょう。」
先生、あなたは偉い!
これで苦手なお粥から解放されました。

クリックすると元のサイズで表示します



それは、昔むかしのことです。
「今日はこれを食べる日だよ。」食卓に出されたものは七草粥でした。
「なにー!」
もう少しで星一徹になるところでした。(ノ`´)ノミ┻┻

それでも一口食べて、「ごちそうさま〜。」( ̄△ ̄)/

以来、私は七草粥を目にしていません。
しかし、歳とともに嗜好も変わってきます。
今なら食べられるかもしれません。

「明日は七草粥の日だな〜。」大量に届いた正月の餅を食べつくした腹を揺らしながらつぶやきました。
「そうね。」

そっけない返事でありましたが果たして…。

消えた七草粥は消えたままでも良いかな。
それとも…。

優柔不断な心が揺らぎます。


にほんブログ村 アウトドアブログへ ←ヽ(^o^)ρお手数をおかけします。ポチッ★(^○^)/


1
タグ: 秩父 七草粥 うさぎ

2010/12/15 | 投稿者: クロちゃん

歌舞伎とは、江戸時代の文化が育てた日本固有の演劇であります。そして秩父郡小鹿野町にはおよそ200年前、初代坂東彦五郎が江戸歌舞伎をこの地に伝えたのが始まりで、常設の掛け舞台での上演はもちろん、祭り屋台(山車)に芸座・花道を 張り出して演じる「屋台歌舞伎」があります。

情緒あふれる素朴な土地柄が育てた伝統芸能と感じ入ります。
今年の鉄砲祭りはそんな歌舞伎の上演を中心に出掛けました。

この日の祭りをデジブックにしてみました。
     ↓↓↓ クリックしてください。ヽ(^o^)ρ




今年は気合いを入れて午前中から出掛けてみました。まだ人影も少ないと思っていましたが、賑わっていました。
大名行列にお立ちの神事は午後3時半からですが、早く出掛けて歌舞伎上演を見物しました。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


祭り好きの秩父人の血が騒いだ一日でした。

こ、腰が痛い!


撮影日2010年12月12日


にほんブログ村 アウトドアブログへ ←ヽ(^o^)ρ歌舞伎にお願い!ポチッ★(^○^)/


1
タグ: 秩父 鉄砲祭り 撮影




AutoPage最新お知らせ