2017/7/31 | 投稿者: クロちゃん

近くを通りかかると花の香り漂うヤマユリの季節です。今年はあちこちでたくさんの花を目にしている。
はい、これが「たくさんの花」です。(^○^)/

クリックすると元のサイズで表示します


昔むかし、夏の季節に少年時代の私の家から山の斜面に咲くたくさんのヤマユリの姿が見られた。
「ヤマユリの根はうめぇぞ。」ある日少年は近所の初老のおじさんからそんな言葉を聞いて、掘ってみようと思った。

次の日曜日、早起きして山の斜面を見つめるとなんとしたことでしょう。
あれほど咲いていたヤマユリの姿はひとつも見えない。少年は落胆したが、ヤマユリの咲いていたであろう場所に急ぎ足で行ってみた。
なぜか、ビー玉、ベーゴマ、メンコに竹とんぼを入れた菓子折箱を抱えていた。
ヤマユリの咲いていた場所は穴が掘ってあった。
「ちくしょう。俺が掘ろうと思っていたのに先に誰か掘っちゃったな。」
少年はヤマユリの咲いていた穴に菓子折箱を埋めた。
その次の年から山の斜面にヤマユリの姿は見られなくなった。

クリックすると元のサイズで表示します


あれから〇〇年…。
少年は山から下りて街の暮らしを続けていた。少年はいつしか初老のおじさん、立派な中高年となっていた。

夢枕に、白装束に荒縄を締め、頭にロウソクの灯をともし、腰に一反の白い布をつけ、手には五寸釘と金槌を持ち、誰にも見られず、一反の白い布が地に着かないようにすばやく走る老婆が立って、「すぐに山旅に出るのじゃ。山を越え沢を渡り、野を行くと古い家がある。その家の近く山の斜面に咲いている三十三の花をつけた山百合の根元に、お前の宝が埋まっておるぞ」と、告げたのです。

「ちょっと待ったー。なんですばやく走る老婆が立っているんだ!」\(`o’”)
「ゆ、夢ですから。」‘’‘ヾ(^o^ヾ)

目を覚ました中高年のおじさんは、お告げ通りに、白装束に荒縄を締め、頭にロウソクの灯をともし、腰に一反の白い布をつけ、手には五寸釘と金槌を持ち、誰にも見られず、一反の白い布が地に着かないようにすばやく走って、1分もかからず息切れしました。
「だめだこりゃ。」中高年のおじさんはこの時気づいたのです。
「あっ、そうか。別に白装束も走る必要もなかったよ。」そうです。ゆっくり歩いていけば良いのです。
こうして、息を整えた中高年のおじさんは仕切り直しのカメさん歩きで出かけていきました。

クリックすると元のサイズで表示します


山を越えて小さな沢を渡るとなつかしい風景が目に入りました。
そうして、山の斜面に咲くヤマユリの姿を目にしました。
いつの間にか、一反の白い布が地に着かないようにすばやく走っていました。

見れば足元に、三十三の花をつけた山百合の花が咲いています。
「これだな!」
「ここほれワンワン」になって、五寸釘と金槌で花の根元を夢中で掘ると…。

ビー玉、ベーゴマ、風船ガムにニッキとえーと それから、メンコとおはじきと… 。あっ そうそう竹とんぼ、やったわやった。なつかしいなぁ。
♪でっかい夕陽を背中にしょって 影踏み遊びの子供が走る 涙の乾いた頬ほころばせ 明日に向って一直線に ねぇ君 ぼくはこう想うのさ♪

少年時代の想い出はヤマユリの花の根元に見つけた宝物

汚れた手で汗をぬぐうと、少年時代のように泥だらけの顔になって満足そうに立ち尽くす変なおじさんの姿があったとさ。
めでたしめでたし。

クロちゃん劇場「本当のような嘘の物語」でした。




今日もアウトドアブログのアイコンをポチッと応援ありがとうございます。★(^○^)/
↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
14

2009/12/13 | 投稿者: クロちゃん

埼玉県小鹿野町の飯田八幡神社の例大祭「鉄砲祭り」が始まりました。
一番の見どころは13日の日曜日の午後4時に十字砲火の中を神馬が石段を一気に駆け上がる「お立ち」の神事です。
屋台歌舞伎奉演と神楽もあります。

クリックすると元のサイズで表示します


前日の12日にぶらりと行ってみました。




12月12日、今日は何の日?

クロちゃん的には「歩く日」です。

「イチ・ニ、イチ・ニ」ε=ε=ε=( ^o^)/

「イジ、イジ」とも読めるな。。。。ρ(-ω- )

年の瀬に秩父路の祭りの最後は寒いけど熱いぜ!


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


     blogram投票ボタン
0

2009/9/21 | 投稿者: クロちゃん

一本でも人参 二足でもサンダル 三そうでもヨット 四粒でも胡麻塩 五台でもロケット 六羽でも七面鳥 七匹でも 蜂!!!

十本でも イッポン!!!o(*^▽^*)o~♪


クリックすると元のサイズで表示します


秩父ではウラベニホテイシメジのことを“イッポン”と呼ぶのです。ヽ(^o^)ρ

山から帰った翌日、近郊の山に秋の味覚・山の幸を求めて入り込みました。
実は数日前にこの近くで『クマ出没』の情報を耳にしています。乗鞍岳でもクマが大暴れのニュースがありました。
そこで、クマ対策に熊除け鈴をつけて山に入りました。腰には昔買ったツル先鉈を下げていました。
山の幸・キノコ狩りの完璧なスタイルです。

山道にはクモの巣が多いです。小枝を折ってクモの巣を祓いながら進みます。
「バサッ、バサッ」「リンリンリン♪」山の中に分け入りました。
すると…。

「ブンブンブーン蜂が飛ぶ〜♪」で「チクーッ」そいつは突然頭に攻撃して来ました。

「イテーッ、イテイテイテー。いてぇじゃないか、コラー!」咄嗟に祓い落としました。そいつは地面の枯草の間に挟まれてもがいています。
「このヤロー!」踏み潰しの刑に処しました。

でも、良く見ると「黄色と黒は恐怖のしるし♪」なんと!そいつはスズメバチじゃありませんか〜。;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

「ススメバチの偵察兵か、本隊が来たらヤバイ!!!」刺された頭を押さえて一目散にその場を離れました。

現在、刺されてから六時間が経過しています。
未だにズキンズキンと痛みがあります。
まぶたも重く腫れぼったいです。

クマ対策は万全でしたが、思わぬ伏兵「スズメバチ」にやられちまいました。
秋の味覚の収穫は画像のようなものです。
さてと…。ビール飲んでアルコール消毒しよう。( ^^) _U

デジブック(BGMあり)



おまけ(ユーチューブ)



ブログセンター 山の話題  blogram投票ボタン
4




AutoPage最新お知らせ