模型製作を楽しむ人々の新しい交流の場へ!

2008/5/3

週間フェラーリ製作  模型

セナの死から14年ですが。
なかなか彼のマシン製作台数を増やす事が出来ないまま、
寄り道ばかりしてる感じで、ちょっと自己嫌悪になってます。

それでも買ってしまった大物を片付けないといけません。
連休後半の大渋滞を伝えるニュースを見ながら、フェラーリラジコンの
製作をやって見ました。製作手順に手戻りが多くて思う様に行きません。
それでも、カウル以外の中身は8割方出来ました。
何と言っても、細工無しの完全ストレート組みですから。

クリックすると元のサイズで表示します

エンジンはディスプレイ仕様だと、外す必要ありですな。
ネジ穴がきつくて、結構手が痛くなりました。
予備のネジが1本も入ってないのが悩みの種です。
ヤスリで穴を広げるのを面倒臭がって、数本ネジ山を潰して
しまいました・・・どこかのホームセンターかホビーショップで
スペのネジを探してこないといけません。
カウルの製作は時間が掛かりそうかな?
このデカイのを塗装するのは大変な事です。

F1-LIVE.com
「SUPER AGURI」に救いの手が伸びたらしい。
ドイツの自動車技術企業『Weigl Group(ワイグル・グループ)』と
言う会社がチーム株式保有の交渉につてくれたとか。
いやいや、琢磨も波乱のF1人生です。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ