模型製作を楽しむ人々の新しい交流の場へ!

2009/2/21

F2007微速前進C  模型

フジミの248F1が気になるところですが、今回も購入するか
どうか迷っています。価格も結構ジャンプアップだし。
そんな事を考えている矢先に、97Tが届きました。
昨年から続いたセナもののガレキ購入は、これでひと段落。
暫くは、製作に気持ちを傾けるられそうです。(怪しい・・・)
何かと特典もある「Toystudie」さんからの購入ですが、
この梱包を何回続けているのかと思うと、しびれますね。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

中身は近いうちにHPで紹介しますが、ブラックの
パッケージが高級感出てて、コレクションにも最適です。
まあ、作るかどうかは別として、こういうシリーズは
リリースされるGP仕様を全てゲットするのが夢ですなぁ。
まあ、製作用とコレクション用で2台を同時購入なんて
出来れば・・・
デビューイヤーのモナコ、そして翌年のポルトガル。
雨はセナを輝かせるのに最高の演出でした。
しかし、この85年の後は、88年のシルバーストーンで優勝
するまで、3年間は雨のレースが無かった・・・?

F2007のボディは、粛々と進めています。
合体しておくべきパーツを一つ一つ接着しパテ修正。
いやいや中々骨が折れる地道な作業です。
クリックすると元のサイズで表示します

資料を眺めながら進めていると、次々に気になる箇所が
出てくるものの、余計な所で失敗して完成させられないと
いけないので、なるべく前を向いてゆくとします。

0

2009/2/11

F2007微速前進B  模型

先週末、「ららぽーと横浜」へ行って来ました。
ここに「文教堂ホビー」というショップがあって、
以前から行ってみようと思っていたのですが、やっと足を
運ぶ事が出来ました。
お店自体は結構広くて品揃えもまずず。ジャンルは模型
全般で、広く薄くと言った感じで、D−UPの部類は余り
見かけませんでした。
ミニカーや書籍類も結構あります。モデルグラフィックス
のバックナンバーも結構在庫有りです。
シューマッハのスーツやシューズ等もあって、ちょっと
昔のミスタークラフト的雰囲気が有りますね。
フィニッシャーズカラーが有ったのは以外でした。
ガレキやパーツ類、デカール類が充実すれば最高なのに。
それでも割引販売とセール価格でキットはお手軽感十分。
2割引きに引っかかり、ついついこんな物を・・・

クリックすると元のサイズで表示します スケルトンボディ版ですが、出た頃に
 買い損ねていたので、思わず手が
 出ました・・・
 ノーマル版が無かった。




F2007は、相変わらず微速です。
パーツの形状変更をし始めました。中国GPでも後方は
カーブを描いている様ですから、角をを丸めました。
ノーズ部のオンボードカメラは少しだけ幅を詰めます。
本当は厚みも有り、翼端版の形もエッチングとは異なる
感じですが、ここはパスです。
インダクションポッド側のカメラは、中央部をパテで
厚みを持たせ、形状にメリハリを付けました。
画像では判りませんが、ステーの高さも少し高く。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

メタルやエッチングパーツは半田付けしたいところですが、
曲面が多いので、削り込みが大変そうなので、エポキシ系
接着材と瞬着です。まあ、その腕が無いのが実態ですが。



0

2009/2/7

琢磨、残念!!  F1

トロロッソのシートはセバスチャン・ブエミとセバスチャン・
ボーデでしたね。
セバスチャン・ベッテルはレッド・ブルへ移籍でチャンスが
あったはずでしたが、名前で負けた?
セバスチャン・サトーだったら・・・
琢磨のF1を復帰を熱望していたファンには残念な結果です。
ボーデも29歳なので、年齢の差は殆どないと思いますが。
持参金か、コネか、腕か、名前か、それとも・・・

昨日、自分で目撃したのが下の画面。
普段は、自分で自分のHPを開く事はしないんですが、
たまたま除いたら、「7」並んでました!
大当たり的中と気分よくしていたのに、今日は仕事で
とんでもない注文を出されて、意気消沈です。
仕事は、頼まれるより、頼むほうがいいなぁ。

クリックすると元のサイズで表示します

良く見ると、殺風景なHPですなぁ・・・
模様替えしたくなってしまった。
0

2009/2/2

F2007微速前進A  模型

今朝、出勤まえにクルマのエンジンに火をいれる際に
何やら偉く汚れていると思ったら、浅間山噴火の灰が。
北風だったんですね。こんな所まで火山灰が飛んできた。
地元の皆さんは大変でしょうね。お見舞い申し上げます。

さて、F2007の作業はと言うと、
盛ったり、削ったり、スジ彫ったり。
視力ガタ落ちで、辛い辛い作業ですが頑張ってます。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

例の翼端版はパテ埋めして、サフを吹きました。
多少の粗があるので再度修正すればOKでしょう。
ブラジル仕様のパーツはややスリットが多きいのですが
資料からすると、3スリットを1つ埋めた方がいいかも。
ギヤボックスの方も、分割部らしき位置にスジ彫りを
入れましたが、やや前に寄ってしまった様な気もします。
リベットを前進させてカバーしようかな。
コクピット開口部は前方が狭くなる作りの様ですから
後方を削ってらしくします。パテで前を狭くすると
何となく不恰好になりそうなので止めました。
写真では、右側が加工後の状態ですが、余り判らない?
気にする事無いかも知れませんね。


0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ