模型製作を楽しむ人々の新しい交流の場へ!

2009/11/10

マクラーレンMP4/7製作記E  模型

F1グランプリの歴史は、この時代のF1ファンにとって
非常に貴重な番組になりそうです。
これは、ヒロさんのレトロマシンキットが売れそうです。
しかし、昨今のF1界からは良いニュースが聞こえてきませんが、
模型業界とテレビ番組は、それを吹き飛ばそうかという
流れでしょうか?微妙に気分が揺らぎます。
ターミネーター、サラ・コナー・クロニクルズ・シーズン2が
スカパーで放映が始まったので、模型そっちのけになりつつ…

なので、週末のマクラーレン進捗もイマイチです。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

モノコックにカーボンケブラーデーカールを必死に貼りました。
その後に、スモークにブラックを少量加えトーンを落とします。
単なるカーボンデカールとは違って、雰囲気が出せた気が。
後で、クリアかウレタンでデカールの段差を消そうかと思って
いますが、大変そうですね。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

エンジンブロックもギヤボックス部分を塗り分けました。
資料では余り色の差が分からないのですが指定通りに
塗ってあります。
ヘッドカバーはパイピングの段取りが終わってから塗装を
行う事にします、触りまくって汚くならない様に。
インダクションカバーもカーボンデカールです。
クリアで保護してから、上面は更にセミグロブラックを。
タミヤのステアリングはいつも細いので、今回はアルミの
針金に置き換え太くします。
セナは細めのステアリング好んでいましたが、細すぎです。
でも、今度は太すぎかも知れません。
ハンダで繋ぎましたが、取れそうでうね。瞬着でも大丈夫?
スポークはキットのものを切り出して、合体させます。

ハセガワのロータス79が楽しみですが、どこに情報が?

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ