模型製作を楽しむ人々の新しい交流の場へ!

2008/8/19

デスモセディチ製作記14  模型

北京オリンピック、なんともスッキリしない試合を毎日見ている。
あと一息という競技が余りに多いと思いませんか?
ここ一発の集中力が無い感じで負けている気がします。
技術面では互角以上な筈なのに・・・今日時点で金メダル8個。
あと5、6個は獲れてたんじゃなかと思いつつ、悶々としてます。

ドカの製作を徐々に再開しています。
って言っても黄ばんだカウルがモチベーションを奪います。

クリックすると元のサイズで表示します
ウレタン削って磨いたけど駄目ですね。このまま続けるべきか、
最施工するべきか?巧くマスキングしてホワイト吹き直せない?
だれかいい方法有りませんか?

マフラーは、資料を見てるとホンダやヤマハの様な綺麗さは無く
機能右重視といった感じなので、筆塗りでエエ加減に塗ってます。
これは、評判悪いかな?

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

やはり、製作時間はコンスタントに取って進めないと、
悪い結末を迎える事になりますね。
早く片付けてしまいたい気持ち90%・・・

0
タグ: DUCATI 



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ