模型製作を楽しむ人々の新しい交流の場へ!

2009/9/25

マクラーレンMP4/7製作記B  模型

マクラーレンのスパイ事件以来、久し振りに大問題となった
ルノーのクラッシュゲートですが、そのシンガポールGPが
始まって、BGPは好調さ取り戻してきた模様ですね。

クリックすると元のサイズで表示します

画像は、「F1-Live.com」からですが、
購入したカメラで、いつかはこう言う写真を撮れる様に
なりたいと思う管理人です。
名門ロータスのF1からタミヤF60発表まで、色々をと
巷は盛り上がりつつありますが、果たして模型人口は復活
してるんでしょうか?

さて、そんな自分もすっかり模型から離れていました。
え〜、どこまでやっていたのか…
改めて仕切り直しと行きましょう。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

前回の製作記と変ってないワケじゃありません。
サスペンションアームのバリ取りとその仮組みです。
塗装が載らない状態では、タミヤのキットは完璧です。
Eosの画像もまずますと言ったところです。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

鈴鹿仕様のリアのウイングパーツは、スタジオ製ですが、
フラップが全部繋がっています。
切り離すと大変な事になりますので、ガリガリを筋を入れて
観ました。残念ながら、その甲斐なく全く分かりません。
プライマー塗ってサフを吹きました。
今回は、クレオスのメタルプライマーを筆で塗りました。
そう言えば、タミヤのウェザリングマスターを使った事が
無かったので、この際エキパイの焼け色でトライして
みる事にしました。
やっぱり、進んでないですね。

0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ