十野七(七見水晶)の創作サークル「ミニマムセンチュリー」の日誌は
2013年4月2日以降、
こちらに引っ越しました。

2011/12/31  3:51

コミケ三日目  

おはようございます。
ただいま午前4時前です。

夕べは夕飯のあと8時ごろに寝て
それからたっぷり7時間熟睡して3時起き
現在は疲れも眠気も取れて
イベント参加には理想的なコンディションです。

…………これでサークル参加だったらどんなにいいか…
しかも今日は一般参加すら用事でかなわぬという。

みなさん行ってらっしゃいませ。よいお年を。
4

2011/12/30  15:01

コミケ二日目  イベント参加:一般

コミケ二日目も行ってまいりましたよ。

今日は昨日にも増して寒かったです。
風が強いというのもありますが、
昨日帰ってからちゃんと疲れを取らなかったため
体がきちんと回復して無くて
その分寒さが身にしみた感じです。

西ホール中心だから
さして混雑には巻き込まれないかな、
と思ってましたが
まあこっちも混んでた混んでた。

でもお目当ては一通り買えました。

ちょっとあちこちぶらついてたら
クレープ屋さんを発見。

クレープは大好きなのですが
その食欲には大変波があって
残念ながらその時は食べたくない気分でした。

食べたい!と思った時に
出来たてを食べたいので
「買うだけ買って食べたくなり次第食べる」
という食べ方はできないのです。

そして今になって
「やっぱ食べておけば良かった」
と思っています。

ちなみに帰りに
地元のスーパーでお肉を買いました。
疲労回復はお肉が一番です。
9

2011/12/29  0:14

コミケ一日目  イベント参加:一般

コミケ当日がやってまいりましたよ。
サークルとしては不参加でも
一般としては参加します。

一般参加のいいところは
早起きして時間とにらめっこしながら
カートひきずって電車に駆け込まずに済むところです。



現在午後3時を回ったところです。
一日目から無事戻ってきました。

帰りに何となく普段とは違う出口から出てみたら
駅に行くにはずいぶん遠回りだったため
戻ろうとしたら何とそこは一方通行。
再入場はできず。

妙に遠回りになってしまいました。
4
タグ: コミケ

2011/12/28  5:15

最初で最後の初日の出  

テレビの天気予報はぼちぼち
お正月に初日の出が見られるかどうかを伝えていますが

生まれて初めて初日の出を見た年が
東日本大震災や世界同時株安、
世界的水害など
あらゆる天変地異が起きた年になってしまったという
非常に大きくケチがついてしまった感があるので

多分二度ともう初日の出は見ません。
4

2011/12/28  0:00

今さらびっくりしたこと  

子どもの頃、
「パンのかけらとちいさなあくま」
という絵本が好きでした。

話の内容というよりも、
絵にインパクトがあったのです。

色んな色をとりどりに使いこなしていて
キャラクターの目力も強くて
大人になっても時々見たくなり
図書館で見返したりしてました。

その絵を描いた堀内誠一さんという人が
実はan・anやブルータスなどの
人気雑誌のロゴを手がける人気デザイナーだと知ったのは
ついさっきでした!
3

2011/12/27  0:10

シリコン鍋がやってきた  

全身がぐにゃぐにゃ柔らかい
シリコンの鍋が我が家にやってきました。

前々から興味はあったのですが、
買うだけ買ってすぐにダメになったりしたら
もったいないので
買うのに抵抗がちょっとあったのです。

なので頂き物として来てくれたのは
とてもありがたいです。
2

2011/12/26  0:07

夜中だってテレビが見たい  

夜中、録り貯めた番組を見返すのも飽きました。

テレビが見たいです。

こういう時役に立つのが民放BSだろうに、
通販番組しかやってないのがもどかしいです。
2

2011/12/25  15:11

ケーキと最後尾  

クリスマスにはやはりケーキが欲しいと訴えて
近所のコージーコーナーに買いに走りました。

そしたら「最後尾」の札!

コミケに先駆けてあの札を見ることになるとは。

そこでは札はお店の人が持っていて、
並んでいる人に渡すことはなかったため
お店の人が他の用事で持ち場を離れると
しばらく最後尾の場所が分からなくなってました。
32

2011/12/24  17:40

クリスマスイブ  

今朝の新聞で
稲垣潤一の「クリスマスキャロルの頃には」も
秋元康の作詞な事を知ってびっくりしました。
あれも秋元、これも秋元。

さて、今日はクリスマスイブですが
我が家の夕飯は容赦なくナベの上
ケーキもチキンもありません。

なぜか鏡餅はもうあります。
10

2011/12/23  22:05

今日はクリスマスイブイブ、あさっては天皇誕生日アフターアフター  

気がつけばもうクリスマス突入じゃないですか。

ところで、クリスマスは多くの国では祝日だそうです。
日本の宗教のメインは神道と仏教ですが
もし神道とキリスト教だったら
23日と25日は祝日で
それにともなって24日も
なしくずしに祝日になってたんでしょうかね。
3

2011/12/22  0:00

今月のピアニスト  おしごと

「放課後のピアニスト」
芳文社まんがタイムスペシャルで連載中。
現在第一巻発売中です。

いつも応援ありがとうございます!



さて今月のおはなし。

「年末、フミ先生の家にみんなを呼んで
古いピアノを弾かせる」

思いついたこの一行をどういう風に組み立てようか考えて
「古いピアノを捨てずに所有できるような広い家住まい」
=「超お金持ち」を最初考えましたが
絵に描いたようなお金持ちは
執事やメイドなど登場人物が増えて
ややこしくなると思い
その結果出た答えが「お寺の人」でした。

お寺のモデルは私の亡くなった祖母の家です。
「永文寺」はもじり名で本当の寺の名前は違います。

なぜか音楽に力を入れていまして
専用のピアノルームまであり、
和風な家の中でそこだけ洋風で面白かったのを覚えています。

なお、ラストのオチは
担当さんが妙に気に入ってくれました。

没ネームより。
クリックすると元のサイズで表示します
本文3ページ目。
一本目はト書きで済ませるのは
もったいないということで変更、
二本目は掃除に来たんだから
掃除のシーンを入れようということで変更になりました。
4

2011/12/21  21:25

テレビが少しずつ離れていく  

気がつけば震災以降
民放を見る機会が随分減りました。

今は何か見たい時は
NHKの範囲でチャンネルを替えるか
これまで録り貯めたものを
繰り返し見るかが多いです。
4

2011/12/20  17:00

謎の脱走  ねこ

夕方、リビングでテレビを見ていたら
猫の一匹が窓から外に向かってうなっていました。

様子を見に行くと、
窓の向こうにはトラジマの猫が。

最初は近所の野良猫が遊びに来たのかと思ってましたが
顔をよく見ると
ど〜〜〜〜〜〜〜もウチの猫に似ている。

柄じゃ区別が付かないので
しっぽを見てみましたが
何かあったのか、思い切り逆立ってて
タヌキのしっぽのようになってて
判別不可。

試しに窓を開けてみますと
野良猫は警戒して入りませんが
その猫は当たり前のように中に入ってきたじゃないですか。

そしてぷっぷくぷのしっぽをさわってみると
ウチの猫かどうかの判定基準、
かぎしっぽ!!

そうです、いつの間にか脱走していたのです!

慌てて家中の窓を確認しましたが
どこもきっちりしまってました。

玄関も開けてない。

テレポートでもしない限り、外へ出る事は不可能なのに

なんで!??
3

2011/12/19  17:05

どこでもドアがあれば  

私はあまり旅行などに行きませんが
別に行きたくないというわけではなく
単に家から離れるのが好きではないというだけで
近所に行く感覚で行って帰ってこれるのなら
本当はどこにでも行きたいです。

どこでもドアがあればなあ。
8

2011/12/18  13:35

お茶碗ご臨終  

お茶碗が割れました。

まあ、割ったのですが。

ごはんの時間に茶碗を取り出し、
ごはんをよそおうとしたところ
茶碗を持った手が
近くに立てかけてあったまないたにぶつかり

その表紙に手が茶碗を離れ

思い切り壁に当たってパーン。

きれいに4つに割れたので
ケガすることなく
簡単にカケラを回収できたのが
せめてもの幸いでした。
8



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ