十野七(七見水晶)の創作サークル「ミニマムセンチュリー」の日誌は
2013年4月2日以降、
こちらに引っ越しました。

2013/3/28  22:19

引き続きタイトル論争  おしごと

アフタヌーンの打ち合わせに行ってきました。
またもや内容よりもタイトルの事で随分時間を取りました。

「よし、これにしよう!→似たタイトルが既にあった」
「音はいいけど字面がねえ〜」

何をどう思いついても
この繰り返しでした。

すでに私も担当さんもゲシュタルト崩壊を起こしつつあります。
2

2013/3/15  22:31

タイトル早い者勝ち  おしごと

アフタヌーンの打ち合わせに行ってきました。
今回の打合せは内容の直しよりもタイトルをどうするかで
随分時間を取りました。
取らぬ狸の何とやらですが、
タイトル次第で運命が大きく変わることもあるということで。

今付けている仮タイトルは
作品内容を非常に端的に表している
最高のネーミングと言われたのですが
唯一にして最大の問題点として
同タイトルの世界的ビッグネームがあるのです。

これではネット検索した時に確実に埋もれて負ける、
だから別のタイトルを考えた方がいいという話になったのでした。

しかし他に良いタイトルがどうしても思いつかず、
結局この話は先送りになりました。

この世は何もかも早い者勝ちです。
1

2013/2/27  20:12

アフタで大喜利  おしごと

アフタヌーンの打ち合わせに行ってきました。

とにかくネタをどんどん出すように言われました。
これはつまり
精査はこっちでやるから
これまで脳内の外に出す前にボツにしていたものも
とりあえず全部出せ、ということです。

打ち合わせるたびに漫画の基本に返って行ってる感じですね。

クリックすると元のサイズで表示します
冷蔵庫の更に上に登る子猫。
2

2013/2/13  18:08

夢の競演…のはず  おしごと

アフタヌーンの打ち合わせに行ってきました。
帰り道、サンシャイン60とスカイツリーが
同時に見える場所があったので
写真を撮ってきました。
クリックすると元のサイズで表示します

……ただの道路の写真になってしまいました。

1

2013/1/15  17:03

雪明けの打ち合わせ  おしごと

アフタヌーンの打ち合わせに行ってきました。
いつも通りに家を出ようと考えてましたが
念のため外を見てみたら
クリックすると元のサイズで表示します

まー雪がちっとも溶けてませんで
普段よりかなり早めに家を出て、
雪をかきわけながら駅までたどりつきました。

ところで物流も打撃を受けているようで
今日発売予定だったものの入荷が遅れていて
購入は明日になりました。
3

2012/12/17  21:14

担当さんが帰ってきました  おしごと

アフタヌーンの打合せに行ってきました。
別に久しぶりでは無く、一応二週間に一度くらいのペースで
打合せはやっているのですが
ここのところは書くほどの事は無かっただけで。

今回は半年ほど海外出張に行っていた担当さんが
やっと戻ってきて、
その間留守番で担当してもらってた担当さんと
三人で打合せになりました。

担当が二人になったら
話がややこしくなるんじゃないかなーと思いましたが
やっぱり少々ややこしくなりまして
前にOKが出たものがリテイクになりました。

船頭多くry
2

2012/12/15  16:10

今から描きますね。  おしごと

冬コミ新刊入稿終了を見計らったかのように
芳文社さんから本が届きました。

まんがタイムスペシャルで募集しておりました
「放課後のピアニスト」
サイン入りコミックス用の本になります。

ご応募ありがとうございました。
そしてご当選の方、おめでとうございます。

これから描かせていただきます。
火曜日までには編集部に返送できるよう
頑張ります。
2

2012/8/7  12:00

放課後のピアニスト2巻発売です。  おしごと

「放課後のピアニスト」2巻が
芳文社より発売になりました!

クリックすると元のサイズで表示します

COMICZIN様・ブックファースト様で
お買い上げの場合は
特典がつきますので
どうぞよろしくお願いします。

さて、先日申し上げましたコミケ合わせの
「ピアニスト」関連コピー誌ですが、
2巻あとがきに
私の一番のお気に入りキャラをフミ先生と書きましたが
そんなわけでそんなフミ先生を主役に
「なぞの文川家」という本を出す予定です。

ひとまず表紙はできあがりました。
クリックすると元のサイズで表示します
※表紙デザインは変わる場合があります。

基本常識が通用しないキャラなので
かなりろくでもない話になると思われます。

こちらも無事発行できましたらその時はよろしくです。
30

2012/8/1  2:59

「放課後のピアニスト」2巻の告知です  おしごと

発売まであと一週間ほどとなりました
「放課後のピアニスト」第2巻の告知をさせていただきます。

表紙は以下のような
目にもあざやかな
山吹色です。
クリックすると元のサイズで表示します

今回も書店様にペーパーをつけていただけることになりました。

COMIC ZIN様
クリックすると元のサイズで表示します

ブックファースト様
クリックすると元のサイズで表示します

以上の書店でお買い上げいただいた場合、
描き下ろしのペーパーがついてまいります。

今回は前回よりも描き下ろしおまけ漫画率が高いので
そこら辺もお楽しみいただければ幸いです。

どうぞよろしくお願いします!
17

2012/7/23  16:28

新作読み切りの感想ありがとうございます。  おしごと

「ひすい色ライブラリー」
発表されてからまだ三日ですが、
感想をたくさんいただいております。
ありがとうございます。
正直、「ピアニスト」よりも反応が多いです(笑)。

「音楽漫画を描きたい」
と言いますと、どこの編集さんからも
「漫画で音楽を描くのはむずかしい」
と返されますが
(でも押し切って描いちゃいましたが)
やっぱそれは当たっていたのかな…?

返事は時間がかかるかもしれませんが
しばらくお待ちいただければ幸いです。
11

2012/7/21  12:01

まんがタイムスペシャルに読み切りが載りました。  おしごと

芳文社まんがタイムスペシャルで連載してました
「放課後のピアニスト」は
先月でおしまいになりまして、
今月は新作読み切りです。

なお「ピアニスト」コミックス2巻は8/7発売予定です。

さて新作ですが
「ひすい色ライブラリー」
こちらは図書委員もの4コマです。

主人公は本を愛する図書委員長、
井上ヒスイです。

ヒスイは普段は穏やかな美人と評判の文学少女。
しかしその正体は
良い本をおすすめしまくるのに情熱を燃やしすぎる上
本に夢中になると本の主人公になりきってしまうために
周囲からドン引かれる
「黙ってれば美人」「美人だけど変人」系の
いわゆる残念美人です。

彼女の本性を知りつつもつきあうのが
図書委員の小田切メノウ君。
彼は読書嫌いですが、図書委員のことを
「楽して内申稼げそうな委員」
と思って就任しました。
しかし委員長のヒスイに振り回され、
ムダに忙しい日々のご様子です。

そんなある日、事件が起こります。
しかしそれを見事に解決したのがヒスイでした。
ヒスイの本を愛する力が一人の生徒を救ったのです。

なにをどうしたかは、
本誌をご覧になってお楽しみ下さい。

なお、「井上」「小田切」は
過去の有名な収集家やその仲間から
取った名前です。
本人に作品を作る力は無いけど
作品を愛し世に紹介する力を持つ人という意味で。

そして制服は
同人誌「じょこも!」とおなじデザインです。
同じ学校と解釈してもいいでしょう。

ちなみにこのネーム提出時、
放課後のピアニスト番外編
も一緒に出してみましたが
色々あってボツになりました。
個人的には気に入ってるので
こちらもお楽しみ下さい。
19

2012/6/29  20:23

マグロ解体ショー!  おしごと

アフタ先月号載った読み切り
「いずみの唄」のアンケート結果が
新人の読み切りにしては悪くなかったということで
(アンケート入れて下さった方、ファンレター下さった方、
感謝です!)
そのお祝いも兼ねまして
今回のアフタヌーンの打ち合わせは
珍しく外で行われました。

で、何となく選んで入った居酒屋では
たまたまマグロの解体ショーがやっていて
そこからたまたま中落ちをお手頃価格でゲット。

おいしい打ち合わせになりました。

クリックすると元のサイズで表示します
ちなみにこのマグロは36kgだそうです。
12

2012/6/22  12:00

今月のピアニスト  おしごと

「放課後のピアニスト」

芳文社まんがタイムラブリーと
芳文社まんがタイムスペシャルにて
2年半ほど連載させていただきましたが
今月でひとまずおしまいになります。

これまで応援いただきまして
ありがとうございます!

今回、スペシャルでは初めて
表紙カットもいただきました。
嬉しいです。
クリックすると元のサイズで表示します
ちなみにこちらは目がかわいくないため
ボツったものです。
本誌掲載のものは目だけ描き直してあります。


当然ですが、終わる通知はかなり前に
知らされておりましたため
どうせ終わるなら計画的に終わろうじゃないかと
数話前から伏線を色々張っていました。

もしいきなり
「突然ですが次号で最終回です」
と通達されていたら、
今月突然初代部長が現れて
部長か留学の座を巡って
レミとソラが勝負したことでしょう。

ちなみに計画が乱れた箇所もありました。
カラーです。
本当は今月号で
最終回2色カラーのはずだったのが
都合により先月号になりました。

そんなわけで、
画面映えのする新入部員・ミレイは
レミのいない春休み中に登場させるつもりだったのをやめ、
翌月の二色に合わせて初登場させました。

さて「ピアニスト」は一応今月までですが
8月にはコミックス2巻の発売を予定していますし
来月はさっそく新作読み切りが掲載予定ですので
引き続き十野七を応援していただければ幸いです。
10

2012/5/25  0:00

アフタヌーンに読み切りが載りました。  おしごと

アフタヌーンに読み切りが載りました!
受賞からおよそ3年、
ずいぶんお待たせいたしました。

クリックすると元のサイズで表示します

原因は非常に単純で、
私が考えるアフタ漫画と
編集部が私に求めるアフタ漫画とは
まったくもってすれ違っていたからなのでした。
とは言ってもどっち方面に進めば
その溝が埋まるのか見極められず、
なのでこの約3年、
埋めるべき溝探しに終始したと言っても
過言ではないでしょう。

さて作品ですが

「いずみの唄」です。
高校の合唱部漫画です。

3年近くお待たせしまして結局これです。

先月も言いましたが
そもそも四季賞の「すみれの唄」は、
続きなんか考えない、一発芸のつもりで描いたのですね。
なのに受賞後に「続編を描いてほしい」と言われてしまい、
ものすごく困ったのでありました。

無理ならば代案を出す必要がありまして、
そんなわけで受賞後最初の一年は
サラリーマンもの、陸上もの、SF、ファンタジーなどなど
全然違う話を描いては出しておりました。

ですが担当さんのOKは出ても会議が通過できず。
結局観念し、
リニューアル「すみれの唄」を作ることになりました。

しかしそこからがまた大変で、
1年練り込んでもGOサインが出ず、
去年の秋になる頃には担当さんからも
「これでダメなら企画変えましょう」
と言われていたものでした。

私もそのつもりで
別の企画を考えてネームも描いていたのですが
その矢先「通りました」との連絡。
編集部のさじ加減はよく分かりません。

ところでタイトルですが、実はギリギリまで
「すみれの唄」のままでした。

ですが原稿ができあがり
あとは掲載を待つのみ、
となったところで
「四季賞の続きと誤解されても何だから
タイトル変えた方が」
という提案が出たのです。

時間もないのに急にタイトル変えるったって
そうナイスなタイトルはホイホイ思いつかないため
主人公の名前を変えようという流れに。

「すみれ」に替わりうる名前ということで
まずはパッと思いつくところで
「さくら」を出しました。
しかし、
「さくらの唄」という同タイトルの人気漫画があったため
却下。

その後は1000種類以上の女の子の名前候補とにらめっこ。

結局「いずみ」に落ち着きました。

ちなみに打ち合わせ中、
部長のいずみちゃんと部員の後藤君は
「ボケとツッコミ」ならぬ
「ボケとボンヤリ」と言われてました。ははは。

そんなわけで
アンケートをはじめ応援よろしくお願いできましたら幸いです。
22

2012/5/22  12:00

今月のピアニスト  おしごと

「放課後のピアニスト」
まんがタイムスペシャルで連載中。
現在コミックス第一巻発売中です。



今月は二色です。

さて遅ればせながら
ピアノ部には新入部員が入ってまいりました。
ミとレを持つ藤原美礼ちゃんです。

新入部員を入れる予定は決めてましたが
どんな子を入れるかは結構考えました。
あれこれ考えた末、レミを尊敬する実力派で
ちょっと引っ込み思案なキャラにしました。

絵もそうですけど、
関係者の方々が
ためになるありがたいお言葉をくれる
コンクールと違い、
作品を何の縁も興味もない衆目に晒すというのは
非常に勇気がいるものです。

プロを志望するものの
人前が苦手で諦めてしまう人もいます。

ところで今回初めて先輩なレミを描いて
レミは下っ端末っ子キャラよりも
お姉さんキャラの方が面白かったかも、
と今更思いました。




<追記>

今月号を読んでコメントなど
お寄せ下さっている方も多くございますが
ご存じの通り、来月号で最終回です。

ご愛読ありがとうございます。
どうぞ最後までお楽しみいただければ幸いです。

コミックス2巻は出る予定ですので
そちらもお楽しみに。


10



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ