十野七(七見水晶)の創作サークル「ミニマムセンチュリー」の日誌は
2013年4月2日以降、
こちらに引っ越しました。

2012/8/30  13:48

猫のストレス  ねこ

私は丸一日机の前にいる事が多く、
もしかしたらそれが猫のストレスになって
もしかしたら鼻の悪い猫もそれで
治りが悪いのかも、と思うようになりました。

そこで敢えて別の部屋に移ってみました。

そしたら猫は
ついてきてしまいました。

飼い主的には嬉しいですが!。

クリックすると元のサイズで表示します
鼻の悪い猫用のおくすり一ヶ月分。
本来は水薬の状態で処方されますが、
水に溶かすと二週間しかもたないので
粉状態で処方してもらい、
水溶きは家で行っています。
8

2012/8/26  20:08

掃除強化週間  ねこ

鼻の悪い猫が
いつまでたっても治りきらないのは
環境に原因があるのでは、と考え
清潔の強化のため
念入りに掃除をしてみています。

せきは減りましたが
かわりにくしゃみが増えました。

あれ?
5

2012/8/17  8:17

引き続きおなかに注意します  ねこ

おなかの悪い猫は
残念ながら死んでしまいましたが、
鼻の悪い猫のための薬の投与は
まだ続いています。

そしてその薬は副作用として
おなかがゆるくなるという症状が出るのですが
死んだ猫用に買ってあったおなかの療法食を
食べさせることで
その症状も抑えられてきました。

ですが、ここ数日の暑さで食欲減退。
なのに薬はいつも通り投与してるもんですから
副作用がおなかに直撃、
すっかりゆるくなってしまいました。

お医者さんからは
「他に薬がないので副作用は覚悟の上で」
と言われていますが、
けさ、透明な便をした時はさすがにびびりました。
最初は暑さで尿が圧縮されてネバネバになったのかと
パニックになりかけたものです。
(まあそうだったら私がパニックになる前に
猫が大騒ぎしてるはずなのですが)
おしりチェックをして便だと判明するまでは
生きた心地がしませんでした。

さて、透明な便について調べたところ、
正体は腸内の粘液で、
おなかがゆるい時には出る事があるものだそうです。

投与をやめるとぶり返してしまうので
早く涼しくなって食欲が戻ってきて欲しいものです。
20

2012/8/6  0:17

残されたネコたち  ねこ

おなかの悪い猫・こげが死んで一週間経ちました。
残された猫たちは特に悲しみにくれるでもなく
普通に過ごしている…はずですが

よその猫さん話でよく聞く
「これまで全くやった事のなかった
死んだ猫の行動を真似るようになった」
というのが我が家でも該当しているような
気がします。

こげは人間の側で
くっついて寝るのが好きだったのですが
それをこれまで人間と一緒に寝ようとしなかった猫が
引き継ぐようになっています。
29

2012/7/31  23:08

のこったえさのゆくえ  ねこ

おなかの悪い猫が死んで、
猫のために買ったいろんなものが不要になりました。

おなか用の療法食は残った猫みんなで食べています。

栄養剤は、冷蔵庫で保管しすぎて
味が落ちたかんづめにかけると
結構みんな食べてくれます。

療法用かんづめは不人気です。

病院でわざわざもらってきたスペアのシリンジは
出番がありませんでした。
1

2012/7/30  18:52

火葬してきました  ねこ

けさ、死んだ猫の火葬に行ってきました。
寝てる間に保冷剤が溶けたら大変なので
寝ないでずっと交換しつづけ
徹夜明けで。

クリックすると元のサイズで表示します
ここが火葬をお願いした哲学堂動物霊園です。
近所に都合良く動物のお寺があって助かりました。

動物と言えどお寺だからと思い
一応喪服着用の上数珠を持参しましたが
他にも来ていた遺族の方々は案外ラフな格好でした。
あまりかしこまることはなかったかも。

まず受付で依頼をしたあと、
霊安室に通され、発注の受理が終わるまで待機。

その後保冷剤など
一緒に火葬しないものを取り除き
本体をお寺に引き渡し。

2〜3日の間に火葬され、骨は骨壺に入れられ
返却で完了です。

ここまでで料金は2万円ちょっと。
ちゃんとしたお寺できちんとしていただける割に
お値段は相場の範囲内、
大変リーズナブルです。
10

2012/7/29  18:12

こげが死にました。  ねこ

いろいろ取り繕ってもしょうがないので
率直に申し上げます。

おなかの悪い猫・こげが死にました。
享年16歳。

クリックすると元のサイズで表示します
ちなみにこれは一週間前に撮った写真です。

ここ一週間ほど、ブログとツイッターで
猫の状況をお伝えしてまいりましたが
本日夕方死にました。

実を言いますと、
キバが邪魔でえさが食べにくそうだったため
抜歯を頼んでいたところでした。
抜歯は全身麻酔のため、手術と同じ予約が必要なので
予約を取ったものの、手術の予定がいっぱいで
取れたのが8月あたま。
それでも検査で無理と判断されたら
受けさせられないため、
体力を落とさないよう、一日に必要なカロリーを
必死に取らせていました。

ところが、予約を取った時は
まだいけそうだったのですが
その後日を追うごとに食がみるみる細くなり、
体調も鼻づまりや便秘がひどくなり
土曜日には水も受け付けなくなったので
ここらで抜歯はあきらめました。

でもまあ、変に長引かなかったのは
猫にとっても人間にとっても
良かったかもしれません。
16年間ご苦労様でした。
現時点で我が家のオス猫最長記録です。

さて、死んだ以上は埋葬をしなくてはなりません。

これまで死んだ猫たちはみんな土葬でしたが
もうこれまでに4匹埋めているため
うっかり掘り起こしたら
彼らの骨が出てくるかもしれませんし
そうでなくても夏場の庭は蚊がいっぱい。

そんなわけで明日、近所の哲学堂動物霊園で
火葬をしてもらいます。

おかげで現在、家中の保冷剤を総動員して
この暑さの中どうにかなっちゃわないよう
明日まで冷やし続けている最中です。

あとこれは個人的な困った事なのですが
夏コミ新刊の実録本。
これを描いた時点ではこげはまだ一応元気だったし、
まさかこんな急展開が起こるとは思ってなかったので
今と状況が全く違う事が描かれているのです。
当日の発行をどうしたものか。
11

2012/7/27  22:46

天下の回り物  ねこ

おなかが悪くて鼻も悪い猫、
夕べツボ押しマッサージしたら効果覿面、
ぴたっと鼻づまりがおさまりましたが、
一夜明けたらもうツボは無効でした。

放置しておくと鼻のズルズルがうるさくて
作業に集中できないし、
鼻息が止まったと思ったら口で息して寝ているし。

何か方法はないか、と考えたら思い出しました。

鼻風邪の猫用にもらった
処方箋のいらない鼻用サプリメント、
「マスマリンリキッド」。
鼻風邪猫に点鼻したら悪化したので
ほとんど使わずに残っています。

使ってみましたところ、
鼻のズルズルは止まりはしませんでしたが
前よりは確実に楽になっている感じです。

当時は使い物にならないとガッカリしてたのが
まさか今になってこんな形で役立とうとは。

ちなみにこのマスマリンリキッド、
香りは新築の木造住宅のようです。
鼻のサプリと言えばミントしか知らないので
結構意外でした。
8

2012/7/24  14:20

はちみつ療法  ねこ

おなかの悪い猫はキバの具合も悪く、
うまく口が閉じられないため
とうとう口が傷ついてしまいました。

最初は濃い緑茶をコットンにふくませて
ふいてやってましたが
そんな時ネットで
「口内炎にははちみつが効く」というのを発見。

なんでも、はちみつに含まれる成分に
高い殺菌効果があるというのです。
しかも含まれるビタミン類は治癒促進に役立ち、
その上あのねばねばが絆創膏の役割をしてくれるとか。
薬と違ってなめてしまっても当然安心。

なもので、さっそく試してみました。

しかし、患部に塗った後思い出しました。

口の中は常に湿ってるからいいけども、
口の外は時間が経つと乾いちゃうんじゃ…

乾く前に軽くふきとっておきました。
14

2012/7/20  10:56

ねこを医者に連れて行きましたとさ  ねこ

尿に泡のある猫を医者に連れて行きました。

まだ熱っぽい感じだったので熱も測ってもらったのですが
熱はありませんでした。
じゃあ耳がやたら熱くて鼻が乾いてるのは何なんでしょう…

尿の泡の方は
感染症かもしれないので薬を一週間投与してみましょう、
という事になりかけましたが
薬が錠剤しかなく、粉末にすると苦いので
投与は難しい旨を伝えましたら
じゃあしばらく食餌療法で様子を見ましょう、
という事になりました。

感染症の疑いがあるのに簡単に薬やめちゃうの?
という感じではありますが
担当の先生は
まず考えられる中で最悪のパターンを提示し、
検査や飼い主の状況説明により
少しずつ悪い予想を消去していくという
治療法を取っているため
だいたいいつもこんな感じです。

もちろん、意地でも飲ませなくてはいけないときは
こっちの都合はおかまいなしです。

そして猫にも前科があります。
去年もおなかの感染症を疑われ
下痢止めの他に抗生物質を投与したものの、
結局原因は食事だったという。

なのであまり投薬を積極的にしないのです。
6

2012/7/19  3:27

猫の尿に泡が!  ねこ

おなかの悪い猫、実は先週末から尿に泡が入っています。

でも一ヶ月前に血液検査をした際は
腎機能の異常は全くなく、数値は理想の範囲で正常でした。

なのでさすがに一ヶ月で悪くなるのはおかしいし、
何より泡が入る前は全く泡がなかったわけで
いきなり泡が入ったのもおかしいと思い、
泡が入る前と入った後の間に何があったか考えてみました。

一番思い当たるのは
雨による暑さと湿気。
そしてそれに伴う食欲低下。
軽い風邪。

調べてみますと、腎機能に異常がなくても
夏ばてなどの体調不良やストレスからでも
尿に泡が出る事があるそうです。

「毎日続くようならお医者に」ともありましたが
「毎日」とは果たしてどのくらいなのか。
三日?一週間?一ヶ月?一年?

とか何とか考え込んでいたら
急に泡が出なくなりました。

良かったあ、と喜んでいたら
次の尿にはまた泡が戻ってました。

ちなみにこの境目でも
急な大雨とその後の高温多湿がありました。

もう16歳だし、
かなり高温多湿が堪えるようになっているようで。

こういう時、コタツの反対が欲しくなります。
コタツとは逆に、中は快適な涼しさが充満していて
一度入った猫はいつまでも出て来ない的な。

強制給餌で少々元気は取り戻したものの
まだ風邪っぽい症状も残ってるし、
あす金曜日がちょっと涼しくなる予報が出ているので
予報通り涼しかったら
お医者に診てもらおうと思います。
10

2012/7/17  14:07

獣医さんの温情  ねこ

今日の東京は、室内でも暑いところは
平気で34度を差しています。
ためしに温度計をベランダにおいてみたら
42度を差されました。

そんな猛暑なのに、
風邪引き猫の薬をもらいにいかなくては
なりませんでした。

動物病院は単なる薬の継続であっても
念のため診察をした方が安心ということで
本体を連れて行くのが原則ですが、
今日はさすがに連れて行ったら
道中熱中症になりかねないので
本体ナシでもいいか、ダメもとで頼んでみました。

そしたら状況を察していただき、
薬の受け取りのみで良くなりました。

良かった良かった。
13

2012/7/15  14:17

ぜいたく病のきわみ  ねこ

ぜいたく病に見舞われ
おいしいのじゃないと食べてあげないという
それどこじゃないだろ的な態度をとり続けている
おなかの悪い猫ですが

えさを手のひらに乗せて差し出したら
食べたじゃないですか!
どこのCMソングですか!
17

2012/7/13  13:07

どっちみち  ねこ

おなかの悪い猫、
心を鬼にして療養食を食べさせていますが
このところ食欲が減ってきました。

理由は「ぜいたく病」です。

「おいしいやつじゃないと
食べてあげないよ」
的な態度丸出しで
よりいいものが出ないと
食べようとしないのです。

大好物のかんづめの音が聞こえると
どこにいても飛んできて
ニャーニャーねだるのです。

しかしかんづめを食べますと軟便になり
栄養がとれず、やせる。

しかし療法食だと
「食べてあげない」になって
栄養がとれず、やせる。

「いっそ欲しい物だけ食べさせて
猫的に気持ちよい最期を迎えさせたら」
と言われたことがあり、
「みすみす弱らせるのは…」と思ってたのですが
ギリギリまで空腹にならないと
療法食を食べない現状を見ると
上記の案もアリなのだろうか、
と思うようになってきました。
5

2012/7/4  22:41

猫が消えた日  ねこ

自室の気温が30度を超えまして
きのうまでベッドでくつろいでた猫たちは
みんなどこかへ消えてしまいました。

現在のところ、お風呂場が人気です。
タイルのひんやりさ加減がお気に入りのようで。
10



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ