Marmalade Boy's column 2010

あっという間に20代後半。

 

カレンダー

2020
July
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

しちょー。

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

お話を探す。



このブログを検索

携帯はこちらで。

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

いつも通りの日々。

学祭が終わってからというもの、なんか全くやる気が起きないですね。


今日は朝からバイト前まで寝てました。あんなに寝てたのは初めてじゃないでしょうかね。それくらい眠気がぬけない。




鬱の前兆でしょうか…?




まぁ、そうはいっても、バイトには行かなきゃいかんわけで、とりあえず動きたがらない体を無理やり起こして、寒い中チャリこいでバイトへ向かいました。



バイトは久々です。俺がいない間に、新人が2人入ったみたいで、今日はそのうちの一人と一緒でした。



その子は、生まれ年が一年違いですが、俺と全く同じ誕生日の男の子です。



いや〜、びっくりしましたね。まさか同じ誕生日の人と出会うことになろうとは…。




そのほかは、店長と、おばちゃんが入ることになってます。



しかし、おばちゃんが時間を過ぎても来ません。




店長がキレ始めたようです。

まぁ当然ですよね。40代にもなるのに、連絡ひとつよこさずに遅刻するんですから。




そのうち、お店は満席に。



かなり忙しくなってきたときに、やっとおばちゃん到着。




しかし仕事は一向に楽になりません。



それもそのはず、俺と店長を除く2人は、新人の子(ホールスタッフ)と、新人同様の仕事しかしないおばちゃん(キッチンスタッフ)。




おばちゃんは、勤務し始めてかなり経つのに、何も覚えてません。





それに対して店長はキレます。

「覚える気がないと、覚えることができるわけないじゃないですか!!」

…と。



こんな感じなもんですから、俺はキッチン全体を動くしかありません。



店長は、もう1人のホールスタッフが新人ですから、ホールのほとんどを店長が動き回るしかありません。




今日はほとんど2人でやってるような感じでした。




そんな中、俺が異変に気付きました。ホール全体が煙でかすんでいます。



これはやばいと思い、キッチンからホールへ行き、急いで火の元を消しに行きました。




その時、店長はたまたまキッチンで洗い物を手伝っていたので、そのことを報告すると、こんな返答が来ました。





『ああ、気付いたけど、どうでもいいやって思ってさ。』





どうでもいい?はぁ?




あんた店長でしょうが。




俺はそれを聞いて店長を叱りました





『どうでもいいってことじゃないでしょう。それは言ってはいけないんじゃないですか?』





俺からそういわれて、店長は我にかえったようです。



バイト終わって帰るときに俺に謝ってましたからね。




いったいどっちが店長なのやら…。もうちょっと店長としての自覚を持っていただきたいもんです。
0
投稿者:にっすぃー@bass
トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ
AutoPage最新お知らせ