Marmalade Boy's column 2010

あっという間に20代後半。

 

カレンダー

2005
July
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

しちょー。

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

お話を探す。



このブログを検索

携帯はこちらで。

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

rain

雨っちゅうもんは、降ってほしいときに降らずに、降らなくていいときに降る困ったやつです。

今日も、バイト帰ってきて、深夜洗濯機をガラガラまわしてる最中、激しい雷雨。急いで洗濯物を取り込むことになりました。一気に洗おうと思って洗濯機をまわしていたので、今部屋はあふれんばかりの洗濯物の山。

カーテンレールが折れるんじゃないかってくらい洗濯物をさげてるわけです。

これだけ雨というもんは、普段は厄介者扱いされてるわけですが、音楽の中では、たいていよく取り上げられております。

今、なぜか俺の中でヘビーローテーションな曲、『TSUNAMI』(サザンオールスターズ)の歌詞の中にも、

「鏡のような夢の中で 想い出はいつの日も雨」

みたいな感じで雨を使ってる曲ですね。

まぁたいてい雨を歌詞に使うときってのは、寂しい感情を呼び起こさせるのに用いるフレーズのようです。

俺の作ったstopperの曲の中にも、雨というのは含まれてます。



なんか雨の降ってる日ってのはかなり憂鬱になります。それだけ人間ってのは太陽が好きってことでしょうか。

これから学生達にとっては、夏休みに入ることで、本格的な夏が到来し、海とかキャンプとかに行く人達も多くなることでしょう。

そんな計画をしてる日に雨なんか降ってほしくないですね。
例えば、雨の日に海に行くほど切ない日はないでしょうから…。

まぁそもそも雨が降った時点で海になんか行かないでしょうけども。
0
投稿者:にっすぃー@bass
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ