Marmalade Boy's column 2010

あっという間に20代後半。

 

カレンダー

2006
January
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

しちょー。

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

お話を探す。



このブログを検索

携帯はこちらで。

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

笑ってもっとbaby

最近バイトが暇で仕方ないんですよ。お客さんが少なすぎて。もうそろそろうちのお店も潮時かなって思うときがよくあるんですけどもね。


今日も今日とて、暇なバイト時間をすごしました。そんなときは、自分なりにルールをつくって仕事をしてみます。



たとえば、接客のしゃべり方を変えてみたりとか、かなりおちついた雰囲気で接客してみたりとか。






そんで、今日のルールは、お客さんと積極的に会話をしていこうという方向でいきました。

当然のことながら、普段は俺から話しかけるようなことはしません。でも、たまにはそんなことをしてみようかなという気になるわけです。



おばちゃん2人組がいらっしゃったときは、おいしい食べ方やら何やらを教えるために話しかけたりしてました。




そんな中、お姉系の女性2人組が来店しました。



正直、俺の嫌いなタイプの女性です。




その女性が俺に話しかけてきました。


『おにいさんは何歳ですか?』


「僕ですか?22ですけども。」


『へぇ〜。あたしたちはいくつにみえます?』






明らかに26〜28歳にみえます。だって、肌がなんか若くないんですよね。あと、ファッションとかも、もう若くないんですよ。20代後半くらいの服装で。




俺は、正直な男です。18歳ですか?なんて明らかにお世辞といえるものなんか言えません。なので、ぎりぎりのラインでお世辞をいうことにしました。



「大人っぽいので、24くらいですか?」





『ふ〜ん…。』






クリックすると元のサイズで表示します
あぁ…地雷を踏んだようです。




言ってはいけない年齢のようでした。沈黙の時間が流れます。俺は話してる最中に起こる沈黙は一番嫌なんですよ。





そんなわけで、めげずに俺が本当の年齢を聞いてみることにしました。



「失礼ですが、実際はおいくつなんでしょうか?」




20歳です。』



『18歳にもみられたことあるのにね。』




クリックすると元のサイズで表示します
はぁ!?







お前のどこがハタチなわけ?明らかに20代後半じゃない!





店長にその話をしたんですが、やはり、店長も20歳には見えなかったようです。




女性と年齢の話をするのは難しいですなぁ。
0
投稿者:にっすぃー@bass

植草教授の手鏡リーチ。

最近真面目な話ばかりで恐縮です。今回も真面目なお話ですがお許しください。



中央区役所の前では、深夜にダンスの練習をしてる若者が多数見受けられます。


多分、ガラス張りの入り口が、夜には鏡の役割をするため、自分のダンスのチェックをすることができるからでしょう。




昨日も、バイトの帰りに前を通ると、いつものように若者がたくさん。


そのまま通り過ぎようとすると、明らかにおかしな女性が一人。







下着姿で踊ってやがる…。






ヒョウ柄の下着とガーターベルトをして踊ってました。羞恥心なんかまったくないかのように。




倖田来未の影響でしょうか。かなり露出の激しい服を着てる人が多いですね。




0
投稿者:にっすぃー@bass

重苦しい。

パソコンが復活しました。



ほとんどのデータを奪い去って。



でも、大切なデータは残ってたんで、まったく問題なしです。今は当時の設定を思い出しつつ、いろんなものをインストールしております。




それはそれで、今日のゼミはすごかったです。


俺の発表ではないんですが、教授からの質問を受けて、発表者がなかなか答えきれないでいると、



教授:『私の授業でやったはずですけどね。』



生徒:「ちょっと忘れてしまって…。」




しばらくして、ぼそっと教授が一言。




『なんか気分悪いな…。』


この言葉には傍聴者である俺もさすがに凍りつきました。だって、自分が教えたところなのに、自分のゼミを取った生徒が覚えてないんですからね。しかも俺も覚えてなかったから、なおさら苦しい場面でした。


発表者曰く、この瞬間頭が真っ白になったそうです。



その後、沈黙の空間が20分続きます。なんと重苦しいことでしょうか。





そして時間になったので、教授はいいます。




『後発表するのはどれが残ってるの?』



「あとは次のページの……」


すかさず教授は、その前のページの部分を指して、



『ここはどうなってるの?』



容赦ありません。発表者がなにもいえずにいると、教授は,




『ほんとにここまでなの?こんな内容なのに20分も真剣に考えて損したよ。』



おも〜い。久々におも〜い雰囲気。傍聴人である俺も思わず逃げ出したくなりました。






最後には、教授は一言付け加えました。


『今日はすみませんね。風邪をひいてたもんですから体調がすぐれなくて。』



えっ!?それで気分が悪かったの!?



それにしても言うタイミング悪すぎ。っちゅうか、終わりに一言付け加えたのが言い訳としか聞こえないし。




発表者曰く、今日は人間的に成長できたといっておりました。




俺もこのゼミを受けたくなくなってきたわ…。
0
投稿者:にっすぃー@bass

衝撃。

我が家のVAIOがとうとうぶっ壊れました。


背景とカーソルまでは表示されるんですが、それ以外表示されないんですわ。


卒業するために大切なデータがたくさん入ってるのに…。


あと、初回放送分から今までの伊集院のラジオのデータが消えるのもマズいですね…。


もともとCDに焼く事ができなくなっていたので、データを移す事もできずに、そのままにしてたわけです。


これからレポート書かなきゃならんのに…。


データ全部とんだらどうしよう…。彼女がやりかけのゲームのデータもあるしなぁ…。とりあえず明日サポートセンターに電話してみますorz
0
投稿者:にしむ〜

センター試験についての真面目なお話。

昨日今日と、2日間かけて全国ではセンター試験なるものが行われてました。



やっぱ俺は教員志望というだけあって、こういう情報は常にチェックするようにしてますので、今回のセンターについて軽くお話をしようと思います。



今年のセンター試験受験者からは新課程になるということで、内容もある程度変わっております。


英語にリスニングが増えたり、数学がすべて必須問題になったりなど。


それによって、受験方法もいろいろ変わってしまったわけです。英語のリスニングを受けるために、受験生一人につき一台ずつリスニングの機械を渡し、それで受験させるというものでした。



が、やっぱり問題が発生してしまったわけですね。音が出ないとか、急に途切れるとか。


俺が予想していた通り、今回のセンターは波乱の受験となったようです。


関連記事。→センター部長、謝罪なし。



しかも、私の通っている大学では、受験中に監督者の携帯の着メロが鳴り出すという失態をおかしてしまったわけです。

関連記事→ 試験中に着メロ2秒


このバカ教授め。


減給処分とかにするべきだろ?




まぁ、こういうやつらってのは、相手の身になって考えることができない奴らばかりでしょうからこんなことが平気でできるんでしょうけど。



センター試験というのは、人生を大きく左右する試験です。ひとつのミスでも、心理的にその後の試験にも影響を及ぼしかねないわけです。




自分のミスでならまだしも、他人の不始末でやられるとなればたまったもんではありません。



担任の不注意で中学入試を受験できなかった生徒もいるようだし。




ほんと、今の教育現場ってバカばっかり。



なかにはすばらしい先生方も多数いらっしゃるんでしょうけど、こんな情けない奴らのせいでイメージがダウンしてしまうのは残念ですね。




もっとしっかりしてほしいものです。
0
投稿者:にっすぃー@bass
1 2 3 4 | 《前のページ | 次のページ》
/4 
 
AutoPage最新お知らせ