Marmalade Boy's column 2010

あっという間に20代後半。

 

カレンダー

2006
May
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

しちょー。

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

お話を探す。



このブログを検索

携帯はこちらで。

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

名糖 ホームランバー。

今日はお昼から図書館で勉強してたんですが、夕方になっておなかもすいてきたので、ここらへんでやめて、帰りにコンビニでアイスを買うことにしました。




俺が買ったのは、おなじみ『ホームランバー』





久々に食べると、これがうまい。





食べ終わったとき、ふと気づきました。




あ、当たってる。




久々にアイスであたりを引き当てました。


これはどうすればいいんでしょうか。


さすがに、この年にもなると、アイスを交換しに行く気にはなれません。



23になろうかという私です。大体のことはひとりでこなすことができます。

でも、アイスを交換するにはちと勇気が足りません。


ここでアイスを交換するにはどうすればいいんでしょうか。





@他のものと一緒に、『ついでに』の気持ちで交換。

まぁ、これが簡単かもしれませんね。



A堂々と、『一本ください』という。

素晴らしいです。俺はできません。



B言い訳をする。

『松中がホームラン打ってるのを見てたら、ホームランバーの存在を思い出しまして、このまま家でぽつんと残しておくと、あたり棒がかわいそうで…。そんなわけd…』




野球なんか見てないくせに、ただ永遠に言い訳をする。ここで新垣なんてわかりやすい嘘をつくと、大変なことになる。



きっと店員さんは苦笑いをするか、舌打ちかのどちらかだと思いますがね。





C『どこで交換すればいいですか?』とおまわりさんに聞いてみる。願わくば、立ち会ってもらう


『あぁ、それはそこのコンビニで…』


と真面目に答えてくれるおまわりさんはどれくらいいるのだろうか…。





…と、ここまで書きましたが、多分勇気がないので、このまま当たり棒はゴミ箱へと流れるのでしょう。




『懐かしさで買ったホームランバー 60円』


『その当たり棒を交換する勇気  priceless』





お金では買えない価値があります。



でも、俺はそれくらいのpricelessなものは欲しくありません。




誰か、もったいないので、俺の代わりに交換してきて下さい。
0
投稿者:にっすぃー@bass
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ