Marmalade Boy's column 2010

あっという間に20代後半。

 

カレンダー

2006
September
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

しちょー。

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

お話を探す。



このブログを検索

携帯はこちらで。

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

またか…

今日の朝、車を修理にだしてきたので、バイト先まではバスで行かねばなりませんでした。


そんなわけで、バイト終了後。JUSCOの買い物袋をさげて、バス停へとぼとぼ歩いていると、その前のベンチに男の子とその母親が座ってました。



そのとなりで、バスがいつ来るのか携帯で調べていると、その子どもが俺を見ながらつぶやきました。





『パパ…。』




えっ!?また!?


その後も、母親の方を見ながら、俺を指差しつつ、


『ねぇ…パパ!』

母親は、何故か何も言い返していませんでした。




あの母親に何があったんでしょうか…。




少し考えてみたんですが、もしかしたら、俺が『パパ』の別の意味を知らないだけかもしれません。


そんなわけで、『パパ』を辞書でひきました。



@父。おとうさん。

→違います。ただし、その父親に似てる可能性は否定できません。



A芸者や愛人がそのパトロン(生活援助者)である男性を甘えて呼ぶ語

→俺は奴隷使いでもなんでもありません。



Bカトリック教会で、ローマ教皇の愛称

→案外これかもしれません。




一体俺は何者なんでしょうか…?
0
投稿者:にっすぃー@bass

ファームランド

昨日と今日の二日間、阿蘇へ旅行に行ってきました。

一番最初にファームランドに行きました。そこに『ふれあい牧場』ってのがありまして、イヌやらヤギやらの住んでる柵の中に入ることができて、その動物たちと触れあえるっていうところです。

今日はそこでのお話を。



まず入るなり、でっかいオウムがお出迎え。


下の枠には、こう書かれてました。


『バイバイすると、手を振り返してくれますよ!』



そこの前で、あるカップルが楽しそうに手を振っていたんですが、オウムは毛づくろいをして、カップルのほうを見向きもしません。




結局そのカップルは隣のオウムに移っていきました。


そして、またそこにはこう書かれています。




『おはようって大声で呼んでみよう!おはようって返事してくれるよ!』



呼ぶ?話しかけるんじゃなくて?



それはまぁいいとして、そのカップルは、さっきの失敗をあきらめず、そのオウムに大声で話しかけていました。




『っぐうゎっっ!!』



返事はしましたが、それはおはように似ても似つかない鳴き声。叫んでたカップルは恥ずかしそうにその場を通り過ぎていきました…。何とも切ない感じでしたね。



そして、手乗りオウムの場所へ。


通り過ぎようとすると、スタッフの人から、『手に乗せてみませんかー?』とのお言葉。


そのオウムは、カラスよりも少し大きいくらいで、ちょっと心配でしたが、前の団体の人たちが乗せてるのを見て、興味をもったのでお願いしてみました。



『それでは、腕を前に出してくださーい!』



早速腕をオウムの前へ差し出しました。




俺の腕に乗りましたが、すぐにそのオウムは『おろせ!!』と言わんばかりに羽根をばたつかせ、もとの止まり木に戻りました。



『今日はおかしいですねぇ…』



スタッフの人も困惑気味。まぁね、俺の前の人まで落ち着いて腕の上にとまってたんですからね。

要は俺から出てる何かの成分のせいでしょう。




それから、大型犬ゾーンへ。

クリックすると元のサイズで表示します




…全くやる気なし。



みんな寝てました。奥のほうの起きてる犬は、写真を撮るためにスタッフが無理やり起こした犬ですww



まぁね。こんなにたくさんの大型犬が、こんなちいさな柵の中に入れられちゃうと、犬もやる気なくしますわな。




いやー、違う意味でおもしろい場所でした。いろんな辱めを受けましたけどね。
0
投稿者:にっすぃー@bass

怪しいおじさんは大学生。

今日は、大学のバンドサークルの合同ライブが行なわれました。俺はstopperとして出たんですが、その後、いつものごとくタバコの煙にやられてしまい、コーヒーでも飲んで落ち着こうと、ライブハウスを出ました。


そのライブハウスは、商店街のど真ん中にあり、外へ出るといろんなお店が出てるわけです。



しかも、今日は祝日とあって、かなりの人。早くコーヒーを買おうと、早歩きで行くのですが、人が多すぎて、なかなか抜き去ることができません。



そんな中、ある少女が、俺の目の前を歩いてました。たぶん幼稚園くらいの女の子でしょう。振り返りつつ、俺を見て、おびえた様な感じで歩いています。



…まぁね、俺みたいな巨体が真後ろにいると、かなりの圧迫感はあるでしょうね。



その時、俺はその時できるだけ早く自販機に行こうと、早歩きで向かっているので、結果的に、その女の子を追いかけてるような形になっていることにふと気づきました。



後ろを振り返りながら、足早に歩く少女。そして、それを追うような感じになってしまった



その後少女は、助けを求めるかのように、急いで隣の八百屋へ駆け込み、怯えながら俺のほうをじっと見つめていました。




あー、悪いことしたねぇ…。別におじさんは、そこまで年下好きではないですよー。



…というか、襲ったりとか、犯罪行為はしませんから!!



子ども達を狙う不審者が多発してる現在、学校でしっかり教えられてるんでしょうね。

俺達が子どもだった頃、ここまで大人に怯えなかったと思うんですがね。…というか、俺がそんなに危険なオーラを出しているのか??

世知辛い世の中になったもんだと感じました。
0
投稿者:にっすぃー@bass

心配性。

大学生最後の夏休みも、とうとう残り10日ほどとなってしまいました。


学校に行くことを考える(というか、ゼミのことを考える)と、気分がブルーになります。だって、俺から発表がスタートするんですもの…。



ゼミさえなければ、大学もかなり楽しくなるのになって思いますね。ってか、研究室の選択ミスなんでしょうけども。


きっと、また教授から『気分が悪い』だの『本当にそれでいいの?』だの、心に突き刺さるお言葉を投げかけられるに違いありません。

しかも、前期は教採の勉強をするという理由をつけて、ゼミを6週も休むという偉業を成し遂げてしまったので、もう行きづらいのなんの。


そのほかに、六本松で取るべき総合選択がまだ5単位足りないし、教職科目も足りないという有様。


就職決まってるのに、卒業できるのか…?教員免許は取れるのか…??



今週末は、サークルの合同ライブ、来週末は熊本旅行が待ってます。この2大イベントが終わると、たぶん抜け殻のようになってしまうんでしょう。



学祭のことでも考えながら頑張ります。
0
投稿者:にっすぃー@bass

これはひどい。

クリックすると元のサイズで表示します


俺の車の上を、こんなでっかいフェンスが通過したようで、俺の愛車のボンネットなどには、たくさんのキズが…。というか、もう表面がえぐれちゃってました。


側面にも、入居者募集中ののぼりがつけた、たくさんの傷…。


黒い車なので、もうひどい状況です…。うちのアパートの管理業者は賠償金はらってくれるんかいな。俺は猛烈な風雨の中、怠慢な管理業者がやらなかった、のぼりをフェンスにくくりつける作業をしたんですよ。



いざとなったら、加入してる保険でなんとか修繕しますけどね。


保険加入しててよかったと思う瞬間。
0
投稿者:にっすぃー@bass
1 2 | 《前のページ | 次のページ》
/2 
 
AutoPage最新お知らせ