Marmalade Boy's column 2010

あっという間に20代後半。

 

カレンダー

2008
January
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

しちょー。

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

お話を探す。



このブログを検索

携帯はこちらで。

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

くいしんぼう

俺はかなりの痩せ型ですが、よく食べます。甘いものも大好きなので、デザートなんかもかなり食べます。


それでも、まったく太りません。おそらく体質でしょうが、小学校の頃は逆に激太りな生徒でした。


身長はもちろん今よりも低かったにもかかわらず、体重は今と同じくらいありました。休み時間は女子と一緒に教室でカードゲームなんかやってる人でした。

スポーツとは無縁で、マラソン大会ではいつも最下位争いを繰り広げており、鬼ごっこでもいつも鬼になってしまう役でした。


そんな俺がやせようと決意したのは小学校4年生の頃。チャリに乗って友達の家に遊びに行ってた時、近くに住んでいた、全く面識のない小学生に太っていることをなじられたのがきっかけでした。


これは痩せなきゃならんと。


そんなわけで、今までの生活を改めて、ダイエットに専念しました。

いつも食べていたおやつを辞め、一日食べるのは3食だけにし、学校生活でも、教室で遊んでいたのをやめて、男子と共にサッカーで走り回るようになりました。


するとどうでしょう。俺の体は成長期であったということも重なり、身長が伸びるけど、体重は少しずつ減ったもんですから、小学校を卒業する頃には、以前の激太りな俺の面影はなく、細身で長身の生徒となっておりました。


…今は、何を食べても全く太らなくなりまして、女の子からも羨ましがられるほどです。

今はまだ20代なんでこんな感じでしょうが、この食いしん坊生活を続けてると、30代になったらメタボ体型になってるかもしれませんねぇ。
0
投稿者:nissy

きこり

きこりって、どうやら放送禁止用語のようですね。差別用語らしいです。

そんなこといっても、いまだにいろんな場所で使われてますよね。たとえば、こんな有名な童話にも登場します。


あるきこりが木を切っていると、斧を振りかぶった拍子に手からするっと抜け落ちて池にぼちゃん。

その池からなんと女神が現れ、『あなたの落としたのは金の斧ですか?それとも、この銀の斧ですか?』と聞いていき、素直なきこりは普通の鉄の斧を落としたと正直に答えたので、最終的には3本の斧をもらうというやつがありましたよね。


こんな感じで、だいたいの童話にはきこりが出てきます。


今いろいろはまっているドラクエシリーズにもきこりは必ずと言っていいほど出てきます。それは、動物と言葉を話せたり、勇者が来たときにぶっきらぼうながら自分の部屋を宿として貸してあげたりなど。


さらに、お菓子の中には『きこりの切り株』っていうチョコレート菓子もありましたね。たけのこの里とどう違うのかとよく感じていましたが…。


このように、たくさんの所で『きこり』という言葉をききますが、実際きこりに会ったことはないと思います。


ただ単に林業に携わる人をきこりっていうんですかね?それなら何度も見たことがありますけど、やっぱきこりのイメージとは全く別物ですわ。



これから先、きこりのイメージと合致する人に出会うことはあるんやろうかねぇ…。
0
投稿者:nissy

カミナリ

俺が高校生の頃、とても有名な数学科のM先生という方がいらっしゃった。

その方はコンパスを持ち、宿題を少しやらなければ、黒板用コンパスの側面でパチンと頭をたたかれ、万が一すべてやらなかった時は、脳天直下の制裁を加えられると言う先生だった。

しかし、そんな先生でも生徒からの信頼は厚く、私が教育実習の際もたくさんのアドバイスをくださり、実習終了後も一緒にお酒を飲んだこともある先生である。


8年前のある日。


その日は、とても激しい雨の降る日だった。


数学の授業を受けていたときのこと。その日も同じように、M先生はとある生徒を指名し、質問を投げかけていた。


しかし、その生徒は話を聞いておらず、先生の質問に答えられない。怒った先生は、

『早よ答えろよっ!!!』

といいながらコンパスで机を殴った瞬間…



教室は閃光に包まれ、視界が一瞬真っ白になりました。

その後、間髪いれずに激しい音が。



そうです。コンパスを机にたたきつけると同時に、カミナリが窓ガラスのすぐ近くにあるグランドの木に落ちたのです!

その距離、わずか100m。

先生も、一瞬ぽかーんとしていましたが、すぐに生徒は大爆笑。

なんせ、先生が閃光を解き放ったような感じに見えたんですから…。


これまでで、あれだけの激しい雷は初めてでした。もう二度と出くわしたくないです。
0
投稿者:nissy

オランダ。

俺が幼稚園〜小学校低学年の頃、地区の子ども会だったか何だったかは忘れたが、家族でバスハイクに参加した思い出がある。


行き先は、長崎オランダ村。


2001年に閉園した、長崎にあったテーマパークである。


俺のオランダ村への思い出ってのは、なぜか恐怖心とチーズだけが残っている。

チーズに関しては、おそらくオランダ村のお土産屋で初めて見た、丸い円形のチーズに強いインパクトを覚えたからだろうと思う。

しかし、恐怖心は何から来るんだろう…。

バスから見える夜の町並みや、家に帰り着いたあと、布団にもぐったまま怖くて眠れなかった記憶が残ってるだけ。


あっ、あとあの頃頻繁に流れていた長崎オランダ村のCM。

どんなのだったか覚えてないけど、なーんか怖かったような気がする。もしかしたら、他の記憶とごちゃ混ぜになって変に覚えているだけかもしれないけども。


ここで久々に思い出したのも何かの縁だろうと思うので、ちょっといまから調べてみようと思う。


もしかしたら、これまで心の奥深くにしまっていた思い出の箱が、長い年月を経て再び開くかもしれないし。



それでは、調査の旅へ行ってまいります。
0
投稿者:nissy

遠足。

高校時代、毎年一回4月に歓迎遠足ってのがあって、スペースワールドへ行ってました。全校生徒約1000名が、バス約30台に分乗して行くという大掛かりな遠足です。(…遠足といいながら全く歩いてはいないんですが。)


当時から私は身長が高かったため、タイタン等のアトラクションには乗ることができません。一番好きだったルナスウィングは、仮に乗ったとしても座高が高いため、安全バーが下りてきません。


私は、絶叫マシーンはそこまで苦手というわけではないんですが、やはり『あんた制限オーバーしてるんだから、乗って落ちても知らないよ。』といわれたら、さすがに乗るわけにはいきませんからね。


スペースワールドの中に入ってからというもの、別段何をするというわけでもなく、入場してから退場するまで、同じ場所で延々とコーラとかを飲みながら、絶叫マシーン嫌いな友人とたわいもない話を延々と行う…。


とても高くついたフリートークでした。
0
投稿者:nissy
1 2 3 4 | 《前のページ | 次のページ》
/4 
 
AutoPage最新お知らせ