Marmalade Boy's column 2010

あっという間に20代後半。

 

カレンダー

2008
May
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

しちょー。

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

お話を探す。



このブログを検索

携帯はこちらで。

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

ねるねるねるね

ねるねるねるねは、ヘッヘッヘッヘッヘッヘッ
練れば練るほど色が変わって、こうやってつけて
(テーレッテレー)・・・うまい!



「着色料などが体に悪いのではないかと考慮して買い与えるのを控える親もいる。しかし、サイバー菓子の材料は大半が天然由来の既存添加物であり、指定添加物(合成添加物)は使われていない場合が多い。ねるねるねるねの場合、着色に使われるのはアントシアニン系の色素であり、原材料は赤キャベツやクチナシである。」

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』



だってさ。
てっきり「青色○号」とかが使われているのだと思っていたよ。

幼い頃は母にねだってよく買ってもらっていたな。
おいしくはないんだけど、作るのが楽しくて買ってもらうのだよ。
子供心の創造力をくすぐるお菓子だな。

あとパンダの絵のついたお菓子あったじゃない。
細長いクッキーみたいなやつに、チョコレートつけて食べるお菓子。
あれもよく買ってくれとねだったな。
ポッキーより楽しいお菓子で人気だったよね(おいらの中で)。



まあ、そんな感じかな。
0
投稿者:nissy@

ぬるぬる

ぬるぬるといったらローションだろうな。
ローションとローションマットがあれば無限の可能性が広がるとか、広がらないとか。

ではここで、おいらのローションとの出会いから別れまでの物語を官能的にお話し致しましょう。
あの日、おいらは彼…
いや、やはりやめておこう。
あんまり調子に乗ると怒られちゃうからね。


エロ要素なしのぬるぬる。
それはやっぱり山芋だろうね。
生で食べられる唯一の芋、山芋。
という訳で、山芋の秘密に迫ってみよう!
今日は特別ゲストとして管理栄養士のきなこ先生にお越しいただいています。

きなこ:どうぞよろしく
おいら:きなこ先生、さっそくですがどうして山芋は生で食べ
    られるのでしょう?
きなこ:ん?君はそんなことも知らんのかい。可愛そうに。
    おいしくて、消化にいいからだよ!他の芋を見てごら
    ん。生で食べられたもんじゃないだろうが。
おいら:…。
きなこ:どうした?今の回答じゃ不満かい??
    山芋が生で食べられる理由。それはでんぷんの分解
    酵素であるアミラーゼを豊富に含んでいるからだよ。
    だから、消化にいいからだと言ったろうが!
おいら:先生、御見それしました!どうかお詫びに、このプラ
    チナをお納めください。
きなこ:最近プラチナが高騰しているらしいじゃないか。ま
    あ、君が誠意を見せてくれたのだからから許さない
    でもない。私も鬼ではないからな。
おいら:ははぁ〜。


こうして、きなこ先生はプラチナを手に入れ、そのプラチナで結婚指輪を作ったとさ。
0
投稿者:nissy@

ニラの卵とじ

にらの卵とじっておいしいよね。
好きな食べ物ベスト30に入る食べ物だな。
いや、ベスト40くらいかも。

そんなことはさておき、おいらの父もにらの卵とじファンの一人なのだよ。
先日、父が残業して帰ってきたのだけど、酒の肴が全くなくってね。
母は外出中、冷蔵庫の中にある血や肉になる食べ物は卵くらい。
野菜室にはにら。
それならにらの卵とじ作るっきゃないよね。
そこで、父の為に一肌脱いだって訳。
疲れた父の為に、身を粉にして働くおいら。
せっせとにらの卵とじを作りましたよ。
でも、おいらも疲れていたのだろうね。
塩の分量を間違えたらしく、味見をしたら塩の味しかしねーの。
それは、素材の持ち味を殺した瞬間であった。

しかし、作り直して失敗作を捨てるのはもったいないじゃない。
とりあえず、知らん振りして皿に盛り付け提供。
いくら年取ったとはいえ、父の味覚はまだまだ現役だったようで
こりゃ食えん!
と一喝。

そこでいらは、塩味を薄めてくれ!
と願いを混め、ご飯をフライパンへ投入。

あ〜ら、不思議。
チャーハンにはやがわり。

父はチャーハンをつまみに焼酎をのんだとさ。
めでたし、めでたし。
0
投稿者:nissy@
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ