Marmalade Boy's column 2010

あっという間に20代後半。

 

カレンダー

2019
September
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

しちょー。

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

お話を探す。



このブログを検索

携帯はこちらで。

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

クリスマスの日に。

今は深夜一時を回ったところです。やっとバイトが終わって帰ってきました。


以前から言ってたように、今日は昼からバイトでした。


昨日、かなりの量のシャンパンとワインを飲んでしまったので、今日は軽い二日酔いの状態で出かけました。




俺のバイト先は、ビルの上層部にありますので、行く時はエレベーターに乗ります。その時に、女の子2人組が入ってきました。一人はボーイッシュなファッションを真似した格好の女性。もう一人は、猪木女というニックネームがぴったりの女。背が高く、がっちりした体格です。俺に近い身長の持ち主(ちなみに俺は190cmです。)だったと思います。




シーンとしたエレベーターの中で、猪木女が大声で一言。




『今日あたしって超クリスマスって感じじゃない?』




そうねぇ。君の格好はどう見てもクリスマスツリーって感じだよね。背が高いのにさらにヒールの高いブーツ履いてるし、邪魔なひらひらしたものもついてるし。




俺は正直そう思いました。そしたら、もう一人の女性も一言。



『どっちかっていうと、クリスマスツリーっぽいよね。』



おっ!?俺と同じ意見じゃん。意見が一致したのがおかしくて、思わずふき出しそうになってしまいました。



エレベーターから降りた後も、そのツリーは、ずっとあたしはクリスマスっぽいと言い続けてました。



っちゅーか、エレベーターの中で大声で騒ぐなっての。



もう朝からイライラが募っております。



しかもそれに加えて、かなり気分が悪い…。でも、きっと今日はクリスマスだから、こんなお店には来ないはず…




…だったんですけど、かなりのお客さん。正月やらGWの時期に匹敵するくらいの多さでした。



でも、俺は昼からテンションはかなり低い。だって吐き気がするんですもの。



目が死んだままの引きつった笑顔でお客様をお出迎え。



出迎えられた相手にとっては最悪のシナリオでしょう。



せっかくクリスマスが日曜になってるんだしさ、もっとおしゃれな店に行きなさいって。うちみたいな場所じゃなくてさぁ。



そしたら俺の店も暇で済んだのに。



二日酔いと戦いつつ、なんとか12時間ほど働いてきました。途中からかなり頭がクラクラしてきましたが、何とか耐えてきました。



しかし!うちのお店のおばちゃんが高熱を出してダウン。




俺が明日も昼から出勤することに…。頑張ってきますよ。ええ。
0
投稿者:にっすぃー@bass
トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ
AutoPage最新お知らせ