Marmalade Boy's column 2010

あっという間に20代後半。

 

カレンダー

2022
July
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

しちょー。

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

お話を探す。



このブログを検索

携帯はこちらで。

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

小学校物語。

いやー、最近忙しいもので、更新ができなくて申し訳ないです。あまりネタもないので、今回も自虐ネタを。



私は、小学校5年生の頃、なぜかよく2人女の子と帰ってました。5年生は年齢で言うと11才。女の子と遊んだり、帰ったりするのにはかなり抵抗が出てくるお年頃です。


それでもなぜか、帰ってたわけです。それには、いろいろわけがあるんですがね。

実はその女の子、俺の初恋の女の子でした。


当時の俺は、昼休みは男友達とサッカーや鬼ごっこで遊び、そして帰りはその子と、その子の友達との3人で話しながら帰るという生活。



それを見て、いつも昼休みに遊んでた同じ帰り道の男性軍団は、黙ってはいませんでした。


男子@:『なんでにしむ〜は、女子とかえってんだよ!!』


にしむ〜:『い…いいじゃないかよぉぉ…。』


男子A:『たまには俺たちと帰ろうぜ!!』


にしむ〜:『ま…またこんどに…しようよぉぉ…。』




…と、こんな感じで言い争いが始まりました。


ここで素直に男子軍とかえっていればよかったのですが、なんせ片思いの女子と帰ってるんですから、まだちん毛も生えてないような、ちびっこどもを相手にしている暇はありません。(まぁ、俺も同様だったんですが…w)


まぁ、結局その日は向こうが折れて、その女の子と帰ることになりました。




しかし、それからが悲劇の始まりでした。




次の日。男子軍団のリーダー格であるA君が、先生に言いつけたんです、


A君:『にしむ〜のやつ、いっつも女子と帰ってるのはいけないと思いまーす。』



先生:『どうして?』



A君:『だって、男同士で帰ったほうがおもしろいじゃん!』



小学生独特の不純な動機です。




何を言っても聴かないA君。


そこで、何を血迷ったか、担任の先生が、




『じゃあ、みんなでにしむ〜君について話し合いましょう!








昼休みを過ぎた5時間目。国語の授業は急遽、


『にしむ〜について考える。』


のテーマでの討論会になりました。




両端に机を寄せて中心を向け、そして男子軍、女子軍にわかれて座りました。





そして、中心に俺一人





男性軍女性軍が激しい論争を繰り広げます。男子が手を上げて起立し、発言を終えると、今度は女子の一人が挙手して起立し、それに応戦します。




なに?この地獄絵図はwww




俺のことですよ?
別に『今後の国際社会における日本の立場について』とか重たいテーマについて討論してるわけじゃないんですよ??




いやー、辛い時間だったわww
一人さらし者だもんね。悪いことひとつしてないのにww
それじゃ普通の人だったら不登校ものですよ??



んで、先生の最終判断は、


『これからは○○ちゃん(初恋のコ)たちと帰るだけじゃなくって、A君たちとも一緒に帰るようにしましょう。』




…果たして、その結論を導くために、あれだけの討論が必要だったのだろうか?







それから数年後。俺は中学生になり、A君の家で遊んでいたときのこと。俺たちは、パワプロをしながら思い出話をしてて、好きな子とかの話になった時、ふとそれを思い出し、遠い目をしながらA君に言いました。




『あのさ…小学校の頃○○と帰ってたときのこと覚えてる?実はさ…あの時、○○のこと好きだったんよ。だからあの時、○○と一緒に帰るなって判決が下されたとき、正直辛かったわぁ。』

やはり、Aは何も言葉を返せなかったようです。




そんな俺の小学校物語。
0
投稿者:にっすぃー@bass
トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ
AutoPage最新お知らせ