Marmalade Boy's column 2010

あっという間に20代後半。

 

カレンダー

2021
April
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

しちょー。

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

お話を探す。



このブログを検索

携帯はこちらで。

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

まんとくん

奈良の遷都を記念してせんとくんっていう、あのビミョーなキャラクターが登場した後、図案とその選考過程の密室性に反発して、一般市民の公募かなんかで選ばれたのが、あの可愛らしいキャラのまんとくん。


しかし、まんとくんってのは、せんとくんに対抗してネーミングも決めちゃってる(おそらく千と万の関係なんではないかと思う)だろうけども、もうネーミングが対をなしているもんだから、2キャラで登場してなんぼの話になってますよね。


あと、もう一人『なーむくん』ってのもいましたねぇ。あんなにキャラが乱立していいのかなーとも思うんですけどね。




各地でいろんなキャラ(いわゆる『ゆるキャラ』)が登場していますが、なんか多すぎやなーって感じがしますわ。愛知万博でモリゾーってのもいましたけど、あれももう忘れられていくんでしょうな。
0
投稿者:nissy

面倒。

いろんなことがめんどくさいと感じる性格なもので、それは自分の部屋や、俺の車の中を見るとよくわかります。

いくつか例をあげてみました。


@布団を敷かない。
コタツで寝たらいいじゃんってことで。敷くのも面倒、あげるのも面倒。

A俺の座る定位置の周りにいつも使うものは置いている。
手を伸ばせば届くように。車の中でも、ティッシュとかは近くに置いてますし。

B仕事場用と、自分の家用の同じ種類のペンを持っている。
持ってかえって忘れたりしたら面倒やなーってことで。


こんな感じです。たぶん、いつまで経ってもこのめんどくさがりな性格は直らんでしょうな。


きっと俺以外にもこんな人はたくさんいるとは思うんだけどね。
0
投稿者:nissy

むかしばなし

俺が子供の頃は、NHKやら『まんが日本むかしばなし』やらで童話や昔話を見ることが多かったんですけども、最近のテレビをみてみると、そういう機会も少なくなったなーなんて思います。

童謡もしかり。


今の子供達は、どれくらいの童話、童謡、昔話をしってるんでしょうかね。

おそらく、有名な金太郎や一寸法師も、どんなストーリーか知らないと思うんですよね。


赤ずきんとか、正しいストーリー言える奴らも少ないような気がするんですよ。


ま、あくまで俺の想像ですけどもね。



でも、職業柄、いろんな学生達と話をする機会があるので、質問してみると、やっぱりほとんどの生徒が童謡を少ししか知らなかったんですよね。

なんか残念ですよ。



俺としては、童話とかに興味を持って、こんな疑問を持ってくれるような子供たちが増えることを願っているんですけどね。
0
投稿者:nissy

みみず

小学校の頃、バス釣りブームがやってきて、友達数人と釣竿かついで、1時間ほど自転車こいで山の中のとある池まで釣りに行ってました。


そのときの餌ってのは決まってミミズか、青ケブ(朝鮮ゴカイという、みみずみたいなもの)でした。


そのときは、針に餌をつけるときとかも、そのまま素手で針に通して釣りをしてたんですよ。それくらい、普通に触っておりました。


しかし先日、庭でミミズを見かけたときは、触ることにためらってしまいました。


それは他の動物も同じで、虫一般がさわれなくなってしまっているように思えます。



特に、虫のおなかとかをみるのがちょいと辛いわ。節足動物っていうのかしら。セミとかバッタとかのおなかをね。



なんでやろかね。別にトラウマになるようなことも経験してないんだけども。



昔は、男のくせに虫ぐらいにビビッててどうする!って思ってましたが、今の私はかなりビビッてます…。


年を取るたびにチキンになってます…。
0
投稿者:nissy

満月

いつも小倉のほうまで、車で1時間ほどかけて仕事へ行っております。

だんだんと日も短くなってきたので、仕事を終えて帰る頃には、空は真っ暗。

しかし、車に乗っていると、小倉の街や車のヘッドライトなんかで明るく感じて、あまり夜っぽく感じられないんですよね。


やっぱ街の中ってのは、ライトのおかげで辺りは明るくなってるわけです。






それが、だんだんと私の家へ近づくにつれ、建物も少なくなり、車の量も減るもんですから、辺りは真っ暗になります。


駐車場につき、車のエンジンを切ると、やっと自然の暗さになるんですよね。




そんななか、車を降りたあと、ふと夜空を見上げる時があります。

それは、灯りもない家の周りが明るい時。



そう、満月の時です。


普段は真っ暗な駐車場も、その日は周りにビルがあるんじゃないかってくらい明るいです。

自然のすごさに驚かされます。


こんなこと言ってますが、満月の日が好きなわけでもないんですけどね。星もまったくみえなくなっちゃうし。



そういえば中学生の頃、中学の先生と一緒にしし座流星群見に行ったなぁ。そんな感じで落ち着いて星見る時間なんて今はないくらい忙しい…。


いつかまた落ち着いた時間ができたら、のんびりと夜空でも眺めてみたいもんです。
0
投稿者:nissy
3 4 5 6 7 | 《前のページ | 次のページ》
/54 
 
AutoPage最新お知らせ