Marmalade Boy's column 2010

あっという間に20代後半。

 

カレンダー

2020
July
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

しちょー。

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

お話を探す。



このブログを検索

携帯はこちらで。

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

ふと思い出す。

俺は人から試されたり、騙されたりすることが一番嫌いです。まぁたいていの人は嫌なんでしょうけど。



以前うちのバイト先で、バイトやら店長がグルになって俺を騙したことがあります。



その当時、お店の売り上げがガクンと落ちて、店長もかなり悩んでいる様子でした。俺も店長代理なりに、いろいろ売り上げ等のことについては悩んでいました。



そしてある日。店長がいるはずなのに、いませんでした。



さすがに気になったので、他のバイトの人に聞いてみると、

「『私がいたら売り上げが落ちるから、ちょっと出てくる…』と言って、それ以来帰ってこない。」との事。


普通の店長ならそんなことありえないんでしょうけど、うちの店長ならやりかねません。そんなわけで、ずっと心配しながらその日のバイトを続けてると、店長が帰ってきました。



いたって普通な感じで。



でも、やっぱ気を遣って接するじゃないですか。んで、そのままバイトが終わるまで気を遣いながら接してたんですが、思い切って聞いてみると、




『は?何のこと?あたしはそんなことではお店を出たりせんよ。でも、まさかあたしが企画したことをみんなやってくれるとはね。』




え?どういうこと?




『もしあたしがそういう状況になったら西村君はどうするかなっていう話をしてたのよ。』



俺だけ試されてたのか…。




他のバイトの子たちに聞いてみると、みんな知ってました。俺を見て涙を流して笑うバイトたち。





なんか腹が立ってきました。あれだけ心配してたのに、バカにされた気分で。



俺はバカ正直なので、大体信じます。あれだけ気を遣ったのに、あれだけ心配してちょっと外を探しに行ったりしたのに…。




それから当分の間、バイトの人たちとギクシャクしたのはいうまでもありません。


すべてのことを疑ってしまいます。




いまだに、うちの店長が言うことに関して、



『ホントですか?』とか、『またウソでしょ?』



とか聞くようになってます。





人間、一度人を疑い始めると、もうどうしても疑いの心が抜けなくなってしまうんですよね。


俺はもともと人間不信なひとですから、なおさらです。



なかなかバカ正直なのも辛いもんです。こういう冗談もサラリと流せるような人になれればいいなって思いますね。
0
投稿者:にっすぃー@bass

討論会。

今回はかなり濃い内容となっております。すいませんがお付き合いくださいませ。




今日もいつものごとくバイトが暇だったので、バイト仲間としゃべっておりました。


0
投稿者:にっすぃー@bass

笑ってもっとbaby

最近バイトが暇で仕方ないんですよ。お客さんが少なすぎて。もうそろそろうちのお店も潮時かなって思うときがよくあるんですけどもね。


今日も今日とて、暇なバイト時間をすごしました。そんなときは、自分なりにルールをつくって仕事をしてみます。



たとえば、接客のしゃべり方を変えてみたりとか、かなりおちついた雰囲気で接客してみたりとか。






そんで、今日のルールは、お客さんと積極的に会話をしていこうという方向でいきました。

当然のことながら、普段は俺から話しかけるようなことはしません。でも、たまにはそんなことをしてみようかなという気になるわけです。



おばちゃん2人組がいらっしゃったときは、おいしい食べ方やら何やらを教えるために話しかけたりしてました。




そんな中、お姉系の女性2人組が来店しました。



正直、俺の嫌いなタイプの女性です。




その女性が俺に話しかけてきました。


『おにいさんは何歳ですか?』


「僕ですか?22ですけども。」


『へぇ〜。あたしたちはいくつにみえます?』






明らかに26〜28歳にみえます。だって、肌がなんか若くないんですよね。あと、ファッションとかも、もう若くないんですよ。20代後半くらいの服装で。




俺は、正直な男です。18歳ですか?なんて明らかにお世辞といえるものなんか言えません。なので、ぎりぎりのラインでお世辞をいうことにしました。



「大人っぽいので、24くらいですか?」





『ふ〜ん…。』






クリックすると元のサイズで表示します
あぁ…地雷を踏んだようです。




言ってはいけない年齢のようでした。沈黙の時間が流れます。俺は話してる最中に起こる沈黙は一番嫌なんですよ。





そんなわけで、めげずに俺が本当の年齢を聞いてみることにしました。



「失礼ですが、実際はおいくつなんでしょうか?」




20歳です。』



『18歳にもみられたことあるのにね。』




クリックすると元のサイズで表示します
はぁ!?







お前のどこがハタチなわけ?明らかに20代後半じゃない!





店長にその話をしたんですが、やはり、店長も20歳には見えなかったようです。




女性と年齢の話をするのは難しいですなぁ。
0
投稿者:にっすぃー@bass

コトバの難しさ

ただいま、バイトの休憩中。久々の携帯からの更新です


今日、風邪でダウンしていたおばちゃんが復活しました。




俺:「体調は大丈夫ですか?」


おばちゃん:『おかげさまで。私がいない間大変だったでしょ?』

さて、ここでどう返事を返せば俺は金のA様になるんでしょう?



@、「ええ、大変でしたよ〜。」

A「いや、そうでもなかったですよ〜。」



@を選んだ場合、おばちゃんが休んだことに対して、嫌味を含んだ言い回しになっていますよねぇ。


おばちゃんが休んだから、俺が代わりに出たんだよって感じで。

だからアウトです。



Aを選んだ場合、おばちゃんが休んでも、大して問題ないということは、そこまでおばちゃんがたいした戦力にならないという意味合いも含んだ言い回しになってしまいます。


ということで、これもアウトです。


つまり四面楚歌…もとい、16面楚歌なわけですよ。東西南北だけでなく、北北東とか西南西とかもすべてふさがれてるっていうね。



25枚のパネルの外側だけ取って優勝して、パリ挑戦権を獲得するようなもんなんですよね。



こんなときは、どうきりかえしたほうがいいんですかね…?


だれかこの会話のうまい返し方があったら教えてください。




それでは、またバイトに行ってまいります。
0
投稿者:にしむ〜

クリスマスの日に。

今は深夜一時を回ったところです。やっとバイトが終わって帰ってきました。


以前から言ってたように、今日は昼からバイトでした。


昨日、かなりの量のシャンパンとワインを飲んでしまったので、今日は軽い二日酔いの状態で出かけました。




俺のバイト先は、ビルの上層部にありますので、行く時はエレベーターに乗ります。その時に、女の子2人組が入ってきました。一人はボーイッシュなファッションを真似した格好の女性。もう一人は、猪木女というニックネームがぴったりの女。背が高く、がっちりした体格です。俺に近い身長の持ち主(ちなみに俺は190cmです。)だったと思います。




シーンとしたエレベーターの中で、猪木女が大声で一言。




『今日あたしって超クリスマスって感じじゃない?』




そうねぇ。君の格好はどう見てもクリスマスツリーって感じだよね。背が高いのにさらにヒールの高いブーツ履いてるし、邪魔なひらひらしたものもついてるし。




俺は正直そう思いました。そしたら、もう一人の女性も一言。



『どっちかっていうと、クリスマスツリーっぽいよね。』



おっ!?俺と同じ意見じゃん。意見が一致したのがおかしくて、思わずふき出しそうになってしまいました。



エレベーターから降りた後も、そのツリーは、ずっとあたしはクリスマスっぽいと言い続けてました。



っちゅーか、エレベーターの中で大声で騒ぐなっての。



もう朝からイライラが募っております。



しかもそれに加えて、かなり気分が悪い…。でも、きっと今日はクリスマスだから、こんなお店には来ないはず…




…だったんですけど、かなりのお客さん。正月やらGWの時期に匹敵するくらいの多さでした。



でも、俺は昼からテンションはかなり低い。だって吐き気がするんですもの。



目が死んだままの引きつった笑顔でお客様をお出迎え。



出迎えられた相手にとっては最悪のシナリオでしょう。



せっかくクリスマスが日曜になってるんだしさ、もっとおしゃれな店に行きなさいって。うちみたいな場所じゃなくてさぁ。



そしたら俺の店も暇で済んだのに。



二日酔いと戦いつつ、なんとか12時間ほど働いてきました。途中からかなり頭がクラクラしてきましたが、何とか耐えてきました。



しかし!うちのお店のおばちゃんが高熱を出してダウン。




俺が明日も昼から出勤することに…。頑張ってきますよ。ええ。
0
投稿者:にっすぃー@bass
2 3 4 5 6 | 《前のページ | 次のページ》
/11 
 
AutoPage最新お知らせ