Marmalade Boy's column 2010

あっという間に20代後半。

 

カレンダー

2021
April
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

しちょー。

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

お話を探す。



このブログを検索

携帯はこちらで。

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

自分、接客業ですから。

うちのお店に、オープンしてから3日間くらい他店舗の社員がヘルプで入ってました。

その人の客引きが強引で仕方なかったので、今日はそれについて。


その社員は、岩石を荒削りしたような感じの顔で、なんかいつもボソボソしゃべるんです。


んで、オープン日の午後4時ごろ。お客さんがあまり来なくなってきたので、店の前で客引きをはじめました。

俺は暇だったので、テーブルや、身の回りのものを片付けたりしながら、その社員の行動を観察し始めました。


そのうち、ある女性二人組みが店の前へ。

ショーウィンドウをみながら通り過ぎようとしていると、何を思ったか、アトキンソン氏は、その女性組みの進路をふさぎ、店を案内しているではありませんか。


下を向いて立ち去ろうとする女性の顔を、ニコニコしながら覗き込見ながらの接客。

怪しすぎです。


進路を失った女性は、強引に進み続けますが、社員も負けていません。後ろに後ずさりしながらまだ接客しています。

右に行こうとすると、社員も右へ行って道を譲りません。


ナンパでもしようとしてる感じ。


社員は必死なんでしょうけど、何かわからないんですが、気持ち悪いんですよ。どこがとははっきりいえないんですけど。

行動と言い、偽スマイルと言い、なんかね。


あんな客引きじゃ、お店のイメージががたっと落ちてしまうと思うんですが…。


その後、俺も客引きをしなきゃならん時がやってきて、女子高生の団体に、

『いらっしゃいませー、いかがですかー?』


見たいな事を言いながら誘ったんですが、女子高生は苦笑いで去っていきました。


『実は俺も社員みたいな感じだったりして…。』って思うと、ちょっとセンチな気分になったのでした。
0
投稿者:にっすぃー@bass

普通の日記。

11月にはいったのに暖かい日が続きますね。おかげで俺は『学校に行きたくない病』が発症しなくて助かっているんですが。


いよいよ3日からうちの店がリニューアルオープンということで、今日はその準備をしに天神へ行ってまいりました。


明後日開店なのに、まだメニューの微調整をしてるっていうヒドさ。

俺もまだメニュー覚えてません。明日にならんと教えてもらえないっていうね。


仕方ないんでとりあえずメニューを見てみました。


すべて値上がりしてました。


以前からもんじゃはボッタクリだと感じていた俺ですが、余計そう感じてしまいましたね。

売り上げ不調なのと、改装費用を取り返すのに必死だな…と思いましたわ。
0
投稿者:にっすぃー@bass

いらっさーい。

先日、初めてバイト先で客ひきをしました。

お店の前に立ち、『いかがですかー?』みたいなこというやつです。

はっきり言って嫌だったんですけど、仕方なくやってました。



しばらくして、ある家族連れが、俺の店の前にきました。

そのなかで、小3くらいの男の子が、俺を知っているかのように指をさし、家族に喋ってました。



『あっ、ねぇねぇ、この人知ってる?』




俺はその子を全く知りません。

仕方なく、似合わないスマイルを振りまいていると、




『あのね、この人背の高い人。略して「せたか君」。』




さすが小学生。ネーミングがダサいです。もっといい名前をつけていただきたいものですね。


『めがね氏(うじ)』

『加齢臭』

『ど根性大根みたい』


とかね。まぁ、言われたらしょんぼりですけど。



ってか、俺のこと知らないじゃん。名札もつけてたんだけど、せたか君になってしまいました。



そもそも、そういう無礼な発言は、親が叱ったりしないもんなのかねぇ?

まぁそこまでひどいあだ名でもなかったんで、特に何も思いませんでしたけどね。



俺はその小坊主を見て、落合の息子を思い出しました。
0
投稿者:にっすぃー@bass

ペケペケ。

昼からのバイトのために、朝早く起き、洗面所に向かう途中、壁に思いっきり左足の中指をぶつけました


ペキッていう、シャウエッセンを割ったような、これまで聞いたことのない軽い音がしました。



悶絶する俺。



しかし、少ししたら治ったので、そのままバイトへ。


バイト開始後約2時間経過。

俺は歩けない状態になっておりました。

左足をかばいながら仕事を続けたんですが、限界が来て靴下を脱いでみると、ひどい内出血。中指だけ紫色に染まり、尋常ではない色をしてました。


俺はその地点で店長に『病院へ行ってきなさい』と言われ、バイトを早退して、早良区への救急病院へ向かいました。


病院が休みの日曜にこんなことになるとは災難だなと思いつつ、車を走らせました。

たまたま、俺がケガした足が左足で、しかも車を修理に出しているため、代車がAT車だったため、左足を使うことなく、車が運転できたことは不幸中の幸いでした。

しかし、災難は続きます。
0
投稿者:にっすぃー@bass

またか…

今日の朝、車を修理にだしてきたので、バイト先まではバスで行かねばなりませんでした。


そんなわけで、バイト終了後。JUSCOの買い物袋をさげて、バス停へとぼとぼ歩いていると、その前のベンチに男の子とその母親が座ってました。



そのとなりで、バスがいつ来るのか携帯で調べていると、その子どもが俺を見ながらつぶやきました。





『パパ…。』




えっ!?また!?


その後も、母親の方を見ながら、俺を指差しつつ、


『ねぇ…パパ!』

母親は、何故か何も言い返していませんでした。




あの母親に何があったんでしょうか…。




少し考えてみたんですが、もしかしたら、俺が『パパ』の別の意味を知らないだけかもしれません。


そんなわけで、『パパ』を辞書でひきました。



@父。おとうさん。

→違います。ただし、その父親に似てる可能性は否定できません。



A芸者や愛人がそのパトロン(生活援助者)である男性を甘えて呼ぶ語

→俺は奴隷使いでもなんでもありません。



Bカトリック教会で、ローマ教皇の愛称

→案外これかもしれません。




一体俺は何者なんでしょうか…?
0
投稿者:にっすぃー@bass
1 2 3 4 5 | 《前のページ | 次のページ》
/11 
 
AutoPage最新お知らせ