Marmalade Boy's column 2010

あっという間に20代後半。

 

カレンダー

2018
November
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

しちょー。

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

お話を探す。



このブログを検索

携帯はこちらで。

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

成績開示。

成績確認をしに、大学へいってきました。


今回受けた講義は6つ。ひとつでも落とすと留年確定です。


おそるおそる結果を見てみると…


0
投稿者:nissy

明日のために

月曜は急遽ゼミが入りまして、今予習の真っ最中です。

75%くらい終わって、最後の詰めの作業を行っているわけですが、さっき、ふと机の右側を見ると、昨日着ていたコートが脱ぎ散らかしたまま置かれてました。

予習の疲れと、眠気で頭がボーっとしていた俺は、それを見て、誰かがいると勘違いして、ビクッとしてしまいました。


情けないですねぇ。
0
投稿者:にっすぃー@bass

書きたくない。

最近忙しかったんで、かけなかったお話をおひとつ。


先週木曜日に例のごとくゼミがあったんですが、発表者が病欠だったため、急遽テキストの演習問題を解くということになりました。

そんで、何故かその日解いた問題を、俺が発表することになってしまったんですが…まぁ簡単だったんで、結構うまくできたんですけどね。


一番難しかったのが、『トーラスの三角形分割をR^3上で構成せよ』(ドーナツの表面を、三角形に小さく分割していってちょーだいみたいな感じ。)

ってやつだったんですが、いろいろ苦戦して教授に見せたところ、

『おぉ、かっこいい絵だねぇ。』

とお褒めのお言葉をいただきました。まぁ別に絵で褒められなくてもいいんですがね。

そして俺が説明を終え、ゼミも終わりの時間になったとき、突然教授がこういいました。


『卒論書かないか?』


えっ…?マジっすか…!?

ご存知の方も多いと思いますが、うちの大学の数学科は、単位さえとれば卒論書くことなく卒業できるのです。

俺は書きたくないんですが、教授曰く、これまでのうちのゼミでの学部卒の先輩方は、みんな書く意欲があったようで、ほとんど書いて卒業してるとのこと。


なかには、社会人になって、4月ごろ郵送してきた人もいるとか。


あー、どうしようどうしよう…俺書けないっすよ。そんな能力無いっすよ…。一年の内容もうろ覚えだというのに…。

今週のゼミまでに返事をしなければなりません。とりあえず、先輩方の卒論を見てから、決めようと思います。
0
投稿者:にっすぃー@bass

どーそーかい

今日のゼミが始まる前に、理学部の同窓会名簿が渡されました。卒業が近づいている証拠ですね。

その冊子は、これまでの卒業生の個人情報満載です。

個人情報保護が叫ばれている昨今、こんな分厚い冊子を全員に手渡していいのかしら?と思うほど、詳細な情報が書いてあります。


タウンページほどの厚さで、捨てるわけにもいかないし、持って帰るのにも一苦労です。




しかも、表紙には『2004』の文字。



何年前の冊子なのよ…。もちろん、2007年度卒業の俺達のデータが掲載されているわけでもなく。俺の入学年度でも無いし、微妙な年度だし。


家に帰るなり、即廃棄しましたとさ。
0
投稿者:にっすぃー@bass

おどおどおど。

今日は、高年次教養科目を受講しに病院地区の建物に入ってきました


俺の受講する予定の講義は、『健康管理論』。

なんか、興味深げな内容だったので受けてみようと思い、わざわざ行ってきました。



講義の行なわれる教室は、保健学科の棟にあり、俺は早めに教室に行き、待機しておりました。

周りには、ぽつぽつと女の子の姿。なんか保健学科の生徒さんのようです。

そんなこと気にしているうちに、眠くなってきました。

今日は朝からゼミの発表があったので、そのせいで今日はあまり寝てなかったからです。


眠気に負け、一眠りしました。







はっと気づくと、教室には、座席一杯の女の子




夢か!?と思いましたが、そうではないようです。


なんと、この講義は、保健学科にとっては必須のようで、保健学科の生徒達がたくさん受験していたのです。



受講生徒の、女性:男性=80:5(数えました)。




高校以来、あんなに女性に囲まれたのは初めてです。なんか違う大学に来た感じです。





俺は名誉童貞の称号をいただいておりますので、女の子に囲まれると、いまだにおどおどします。なんか落ち着きませんでした。



携帯を、意味もなく開いたり閉じたり…。




隣の女の子に、『隣のメガネ、超キモイんだけどぉ。』みたいな事を思われていないかと過剰に反応してしまったり…。







そんな純情な感情を抱いている最中、先生到着。おばちゃんです。なんか、いきなりレポートを書くようです。





レポートの問題:『健康についての定義の変遷を説明しなさい。』













あのー…。数学専門の私には全くわからないんですけど…。






30分で教室をあとにしました。





明日、六本松で違うのをうけることにします。
0
投稿者:にっすぃー@bass
1 2 3 4 5 | 《前のページ | 次のページ》
/10 
 
AutoPage最新お知らせ