Marmalade Boy's column 2010

あっという間に20代後半。

 

カレンダー

2020
January
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

しちょー。

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

お話を探す。



このブログを検索

携帯はこちらで。

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

あわわアワワ。

今日は、5時間目が授業なんですが、12時頃から教採の勉強をしに、学校に向かいました。


3時ごろになって、小腹も空きましたので、アイスチョコを買って、5時間目の行われる教室に向かいました。



その教室では、5時間目まで何もありません。なので、そのまま始まるまでその部屋で勉強でもしておこうと思っておりました。



ドアを思い切り開けると、そこには、




たくさんの学生と、教授がひとり。





しまった!授業中だったっっ!!何で今日に限ってあるんだ!?!?





…と思いましたが、焦った俺は何を考えたのか、そのまま教室に入り、かばんだけを置いて出てきました


その間、ずっと教授は俺を不思議そうに見ていましたが、俺も気合で負けてはいけないと思い、なぜかその教授のほうをじっと見つめたまま、教室を出ました。




出た後、思い出しました。




アイスかばんに入れっぱなしだ…orz



さすがに、あんな無礼な進入をしてきたのですから、さすがにもう一度アイスを取りに入る事なんぞできません。



そのまま、20分経過。



授業も終わったので、教室に戻ってアイスを見てみると、もうどろどろになってましたとさ。



もったいなかったので、食べましたが。(正確には、流し込んだと言ったほうが正しいんですがねw)
0
投稿者:にっすぃー@bass

拝啓、ジョンレノン

午前12時頃から書き始めた、実習先の先生へのお礼状を、今(午前4時)書き終えました。


まさかこんなにもかかるとは…。




『拝啓、時下ますますご健勝のほどお喜び申し上げます。』




う〜ん…使い慣れないww



俺は昔から、小学生の文章しか書けないということで有名です。


論作文、感想文は大の苦手。


小学校の頃に、夏休みの宿題として出されていた読書感想文を、その小説の中に2〜3枚くらいしかない絵のみで想像して書いたというほど。(そのほうが凄いかもしれないが…。)


だから、今回の手紙もうまくかけるはずは無い。


たぶん、ネットが無ければ、あんなかしこまった文章なんか書けなかったやろうね。




あー、もう手首が痛いのなんの。



さて、朝からの疲れが溜まってることだし、もうそろそろ寝ますか。


実習のおかげで、せっかくいい生活リズムができたのに、福岡に帰ってきて一週間ほどなのに、もう崩れつつある…orz
0
投稿者:にっすぃー@bass

ついてねーな。

俺は、家族で久々に親父の運転でドライブしてました。その途中、ばあちゃんの家に寄って、くつろいでおりました。


俺は久々に田舎に帰ったということもあり、ばあちゃんの家の周りを散歩することにしました。



するとその時、家の近くの田んぼの水路から声が…。



近づいてみると、20代前半の女性が助けを求めておりました。




身包みをはがされてしまい、裸の女性…。俺は急いで着ていたジャケットを渡し、親父たちを携帯で呼び、抱えてつれて帰ることに。



なぜこんなことに…?と聞くと、その女性は、涙を流しながらこれまでのいきさつを話してくれました。



その途中、何か気になって後ろを向くと、斧を持った男が、遠くから走って来るのがわかりました。



女性が、その男を見て震えだしました。



きっと、この子を襲ったのはあいつだ…


とすると、俺たちも殺される…!?



『急いで車まで戻るんだ!!』



何とか車まで着き、親父たちと車に乗り込みました。すべてのカギを閉め、エンジンをかけて逃げ出しまそうとしますが、その男はうちの車の前にたち、斧を思いっきり振りまわし、フロントガラスを割り始めました…



あまりの恐ろしさに震える母親と女性…


『やむをえない…』



親父はアクセルを強く踏み、その男を跳ね飛ばしました。




バックミラーにうつる、血まみれの男…。




後部座席に座った女の子は震えてました。その子に親父は、


『もう大丈夫だから…』


と声をかけ、そして俺のほうを向き、




『これは俺だけがやったことだ…お前には関係ない…いいな?』




俺は、人助けしただけなのに、こんなことで親父が捕まってしまうのかと思うと、悔しさで涙が出てきました…


0
投稿者:にっすぃー@bass

ゼミなんて大嫌い。

あー、今日ゼミがありましたよ〜。




もう数学わかんないわ。




俺の教員採用試験の勉強時間が、ゼミの予習時間へと費やされていく…。




ゼミなんかなくなってしまえばいいのに。




また、今日から教育実習の事前指導がはじまりました。

俺は6月2日〜6月23日まで母校で教育実習を受けてきます。そのためには、事前指導っちゅうもんを受けなきゃいかんわけで。


俺としては、何もしないよりは、こういう指導があったほうがありがたいので、文句はないです。


でも、ゼミはなくなってほしいですわ。




…俺は選ぶ研究室を間違えたようです。
0
投稿者:にっすぃー@bass

ようこそここへ 遊ぼうよパラダイス

健康診断でした。



朝9時から病院地区へ。



まぁ、仕方ないんですよ。だって俺は再履修の授業が10時半からあるので、一番に受診しないといけなかったわけで。



俺は学部4年ということで、教育実習やら控えてるもんで、必ず受診しなきゃいけなかったので、休むわけにもいかず。



まぁ、とりあえず何もひっかからなかったんでよかったですわ。





…と、その帰り道。





俺は病院地区から箱崎地区へいかねばならんのですが、とりあえず外は車がやたら通ってたので、途中まで構内を通っていくことに。




箱崎地区の方向へチャリをこいで向かいました。




まぁ、いちばん奥のほうに行けば、そのまま出られるだろうという安易な考えが間違いでした。



一番奥まで行くと、なんだかにぎやかな声がしてきました。



向こうから来る、幼稚園児と保母さん。




ん?俺はどこでこのワンダーランドへ迷い込んだのじゃ??



まぁ、幼稚園児が構内を散歩してるだけかもしれません。

もう少し進んでみます。




『あー、見てみて〜☆ 自転車だよ〜。』




また他の保母さんと幼稚園児が現れました。



ん?なんだここは…。


…その後。




『この先行き止まりですよ〜。』




あら、せっかくここまでこいできたのに…。



しかも、周りをよく見わたすと、看板が。




『○○幼稚園 関係者以外立ち入り禁止』



俺はいつの間にか幼稚園に迷い込んでいたのです…。




…っつーか、構内に幼稚園を作るんじゃねぇっつーの(-_-;)


かなり恥ずかしい思いをしてきましたとさ。





とりあえず不審者としてつかまらなくてよかったです。
0
投稿者:にっすぃー@bass
1 2 3 4 5 | 《前のページ | 次のページ》
/10 
 
AutoPage最新お知らせ