花よりもなほ  DVD・ビデオレビュー

見た日/12月某日 ★★★

 これも劇場で見逃した作品。

 「誰も知らない」の監督さんの新作。

 役者の自然な言動をつなぎ、ドラマを編み出したという「誰も知らない」は内容も映像も衝撃的な作品だったが、その次回作が脚本がきちんとある時代劇、というのが驚きだ。

 それも主役はジャニーズ事務所のV6の岡田准一というから意表をつく。「誰も知らない」と同じ路線では意味がないし、このあたりは監督さんもかなり悩んだのだろうし、ある意味、勝負に出たのだろう。

 敵討ちをするため江戸に出て、貧乏長屋に住み着いた侍の日常を描く。物語は赤穂浪士の話ともマッチングし、後半に展開を見せるが、そんなにドラマチックでもない。でも、出演者たちがなかなか魅力的で、クスクスしながら、ほっとした感情を与えてくれる。

 貧乏長屋の住民たちが本当に汚いのだが、古田新太や田畑智子、ダチョウ倶楽部の上島竜兵らがいい味を出している。香川照之に到っては、どう見てもしみったれで貧乏なくせにプライドだけは高い浪人侍なのだが、本当にそうしか見えないのは相変わらずすごい。

 そこそこの貫禄はあるのに、実はヨワッチイ侍役は美男だけどペーソスがある岡田君はぴったり。評判の「木更津キャッツアイ」シリーズとはまた違う魅力を出している。ジャニーズのタレントさんは、本当に才能が多い人がたくさんいる。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ