小さき勇者たち〜ガメラ  新作レビュー

見た日/4月某日 ★★★★ 
 怪獣映画に対しては、並々ならぬ思い入れを持ち、自分で企画して地元の映画館で「怪獣映画祭」を企画、実行したほどのおたっきーですので、いつものレビューより気合が入ってます!
 さてさて、この映画、平成ガメラ3部作や復活平成ゴジラシリーズを受け、過去の怪獣映画が目指したこだわりや方向性を受け継ぎながらも、子供から大人まで、だれもが楽しめるファミリーピクチャーとしての全く新しい「怪獣映画らしくない怪獣映画」を作ろうという、スタッフの意気込みが感じられる、なかなかの意欲作であり、感動作だった。
 「こだわりを受け継ぐ」という点では、冒頭、ガメラがギャオスの群れに自爆して粉砕するシーンは、明らかに京都でボロボロになりながら無数のギャオスの群れに立ち向かおうとする場面でジ・エンドとなった「ガメラ3邪神<イリス>覚醒」の続きを思わせる。また1973年という年代設定は昭和ガメラ最終作「ガメラ対深海怪獣ジグラ」公開から2年後であり(1980年の宇宙怪獣ガメラは再編集物)、昭和ガメラへの深いオマージュも感じさせてくれる。
 また包丁にトトが炎を吐くシーンは、明らかに包丁型怪獣「ギロン」を思わせ、これもまた昭和ガメラへのオマージュだろう。今回のガメラは「子供の応援を自分の力にして戦う」昭和ガメラのテイストなので、平成ガメラで言わば完成した「怪獣映画」というフォーマットを、上手に万人向けに昇華させた好例だ。
 敵怪獣「ジータス」は登場の仕方、ネーミング、デザイン、動きなど、明らかにゴジラを意識している。生物的な動きや橋上での戦いなど、ハリウッド版ゴジラに対する意識も垣間見える。大映が角川資本になった時、ゴジラVSガメラの企画もあったというから、その名残りなのかもしれない。
 そして、今作では平成ガメラのポイントの一つだった、「怪獣が出てくる存在意義と理屈」を、一切排除している点が興味深い。そこに、「平成ガメラで説明し尽くしているので、ここで説明しても仕方ない」「そんな理屈より市井の人人の姿を描き、感情で観客に理解してほしい」という作り手の想いが感じられる。
 主人公の父親が「なぜだか分からないけど、ガメラは人間のために戦ってくれる」というセリフ一点でそこを表現している。ちなみに平成ガメラでは「ガメラは古代文明が作り出した生物兵器で、地球の生態系を壊す存在に立ち向かうようプログラミングされている」という理屈があったが、そこら辺の裏設定はこの作品の底辺にもあるように思った。ただ、ジータスの存在、出現理由が全くないのはガメラが戦うカタルシスが感じられないので、ちょっぴりでもいいからあった方がよかったように思う。
 縦のアングルを多用した怪獣同士のバトル、少年少女たちがガメラから何らかのシンパシイを受けてガメラのエネルギー(?)をリレーする心の交流など、新しい工夫やアイデアも随所に見られたが、ガメラと人間が精神的な交流をするという点は平成ガメラ第1作「ガメラ〜大怪獣空中決戦」で、子供が女子中学生になってはいるものの、しっかり描き込まれており、バトルシーンも樋口真嗣監督の見事なアングルを凌駕するまでは到っておらず、残念ながら映画全体のクオリティでは「ガメラ〜」の方に軍配が上がると思う。
 だが、「仮面ライダーアギト・プロジェクトG4」で切れのいいアクションとテンポ感で驚かせてくれた田崎竜太監督の分かりやすい演出、切れのいいカットは健在で、出てくる父親や母親たち、ヒロイン、友達が抱えている感情やドラマもあえてくどくどとは説明はしてないが、十分画面からその想いの背景は伝わるのは、演出力の高さゆえだろう。ラスト近くは涙が止まらなかった。
 どちらかと言うとこれまでの怪獣映画は我々オタクだけが支持している、という感じだったのだが、この作品がたくさんの一般ピープルに「怪獣映画って面白いじゃん!」って思っていただくきっかけになれば、怪獣映画フリークとしてこんなにうれしいことはない。
 そして何よりも、この映画は5歳、4歳の息子と初めて映画館で見た記念すべき怪獣映画第1作となった。「僕、ヒーロー物の映画監督になる」といい始めた長男が「面白かった!感動した!」という言葉が、この作品が魅力的に仕上がっている証だろう。
0

ささやかな突っ込み映画!  マイベスト

映画を見ていて、「おいおい、そりゃーねーだろ!」ってツッコミを入れたくなる瞬間はありませんか?明らかな大ウソならともかく、ささやかなツッコミは映画館の雰囲気もあって、なかなか気づかないもの。
 そんな最近気づいたささやかなツッコミ映画を挙げてみました。

[その1]「世界の中心で、愛をさけぶ」のウォークマン
 これ、1980年代のお話で、劇中、深夜放送でDJにハガキを読まれると、ウォークマンがもらえるという。主人公のサクははがきを読まれ、ウォークマンを手にして喜ぶ、のだが、ちょ、ちょっと待て!ハガキを読まれるだけでウォークマンもらえるのか?どんなラジオ番組だかしらないが、当時、ウォークマンは2〜3万円はしたはず。1回の放送分でどれだけハガキを読むのか分からないが、読んだハガキの数だけウォークマンあげてたら番組予算がパンクするのでは?よーく映画を見ても、読んだ中から抽選、という雰囲気でもなく、主人公ははがきを読まれただけで大喜びしていると、読まれるとウォークマンがもらえる、というセリフも確かあった。すごい番組だ…。

[その2]「この胸いっぱいの愛を」の海響館
 これも東宝ノスタルジック映画シリーズの一編。「黄泉がえり」の塩田明彦監督による、ファンタジー。主人公たちが10年ほど前の北九州市小倉の門司にタイムスリップする話なのだが、昔の門司から見える下関港に、10年前にはなかった新下関市水族館「海響館」がバッチリ写っている!こういうのはよくあることではあるが、地元の人間しか分からないとは言え、ないはずのものがあると、ちょっと興ざめしてしまう…。

[その3]「仮面ライダーTHE FIRST」の本郷猛
 これは物語の矛盾ではないが、この映画の本郷猛の行動がとにかくヘン!!ショッカーによって仮面ライダーに改造された本郷猛。ショッカーを裏切った彼は、ショッカーに命を狙われる。ほのかに想いを寄せる美貌の女性雑誌記者もまた、本郷を狙う刺客、仮面ライダー2号に惚れられ、彼女をつけ回す。それで彼女を心配する本郷も、とにかく彼女をつけ回す!追いかける!そう、はっきり言って、これは立派なストーカー行為であり、犯罪なのだ。この映画、アクションシーンは結構いいし、大人のヒーロー映画を目指した志はいいのだが、仮面ライダー2号の一文字隼人はほとんどホストだし、戦う動機は三角関係のもつれ。うーむ、草葉の陰で石ノ森先生はどう思っているのだろう!?
0

興奮した映画  マイベスト

「泣ける映画」に続いて、「興奮した映画」を考えてみました。「興奮」と言っても、性的興奮、暴力的興奮、いろいろある訳で…。

@「燃えよドラゴン」…全編興奮しました!鼻の穴から空気出っ放し!アチョー!アチョー!ヌンチャクも通信販売で買ったぞ!鏡の部屋で戦うブルース・リーは本当にカッコイイ。

A「蘇る金狼」…松田優作アニキの傑作アクションですが、風吹ジュンと○○を吸いながら、優作アニキがバックから○○するシーンに興奮しました!映画館で爆発寸前!そのあと帰って部屋で1人大爆発!!ティッシュ炸裂!!映画もよかったけど、揺れるジュンお姉さまの○○○○が脳裏から離れません。当時、高校生でした。

B「仁義なき戦い」…梅宮アニキが腕をぶった切るシーンに興奮しました!カメラが動く!ぶれる!スゴイ、スゴイぞ、深作欣二!俺はあんたに一生ついて行くぜ!と心に決めた1本。「バトル・ロワイアル」にたどり着くまで、何度か「ついて行くの、やめようかな…」と思ったこともあったが、そんな時は、「仁義」を見て反省会していたぜ!

C「ワイルドバンチ」…スローモーション&バイオレンスに大興奮しました!ペキンパー!ペキンパー!これが西部劇かよ!古典なんて言わせねえゼ!と思った珠玉のアクション。

D「火宅の人」…正直言って、映画開始30分、深作親分に一生ついていくことを後悔し始めたとき、俺の目に写ったのは、原田美枝子お姉さまの大きな○○○○!スクリーンいっぱいのきれいな○○○○!興奮しました!またまた映画館で大爆発寸前!家に帰ってウルトラ大爆発!!ティッシュ散乱!!原田お姉さまは昔から確かな演技+色気で映画キモイオタク少年の心と股間をわしずかみでごさいました。最近のお姉さまも素晴らしいですが、あのころのぬぎっぷりが忘れられません。

 皆さんの「興奮した映画」は何でしょう?「性的興奮」で言うと、普通の映画と思って見ていたら、どーんと出てくる裸に思わず興奮しませんか?ポルノ映画やピンク映画は最初からエロ目的なので作品が物足りないとかえって興奮しないものですが、逆に、エロ映画と思って見ていたら、おっ!と思う大傑作があったりするから、映画はやめられません。「キャバレー日記」「待ち濡れた女」「ラブレター」などは、作品そのものに感動し、映画館で別の意味で興奮しました。
0

泣ける映画!!  マイベスト

 僕の「泣ける映画」ベスト10を挙げます。
@「チルソクの夏」
・僕の涙量が一番多かった映画。1970年代の下関を舞台に、高校生たちの純愛と友情を、当時の流行歌や下関の風景を交えながら描いた奇跡的な1本。全てのシーン、全てのセリフ、全ての音楽、とにかく全てが愛しい。

A「誰かがあなたを愛してる」
・チョウ・ユンファ主演の香港映画。ニューヨークを舞台にした中国人同士の恋愛物で、単純なストーリーだが、なぜだか何度見ても号泣してしまう。監督は「宗家の三姉妹」の人だが、女性監督らしい細やかな描写が心地いい。

B「ニューシネマパラダイス」
・もう、問答無用ですな。ただし、完全版は別。あれは別物です。あれで映画は如何に編集すること、カットすることが大切か思い知らされました。

C「映画クレヨンしんちゃん モーレツ!オトナ帝国の逆襲」
・詳しくは「クレしん」最新作のレビューで書いたが、これには本当に泣かされた。昭和40年代に子供時代を過ごし、今や子を持つ身になった親なら号泣必死!見ればわかるゾ!

D「火垂るの墓」
・これも何度見ても、パブロフの犬のように泣いてしまう。アニメだからこそ、生活感や失われた風景をリアルに描けるし、そのリアリズムに感動できる、ということを証明してくれた作品。

E「ライフ・イズ・ビューティフル」
・ロベルト・ベニーニ最高!前半と後半ではまるで違う映画だが、どんなに悲惨な状況になっても、ユーモアと生きる希望を失わない主人公の姿は、正に希望だ。

F「ブラザーフッド」&「バックドラフト」
・僕にはアニキがいて、これまで憎しみあったり、また分かり合えたり…という数々の経験があるので…実生活を実感させてくれた、この傑作兄弟映画2本はいつ見ても泣けます。

G「砂の器」
・加藤嘉さんの「わしゃ知らん!」は何度見ても泣ける!

H「銀河鉄道999」
・公開当時、中学2年生でした。にきび面の太ったチュウボウのくせに、鉄郎とメーテルの別れのシーンでは号泣してしまった。きれいな女の人とキスをして成長する鉄郎が心の底からうらやましかった…。

I「鉄道員(ぽっぽや)」
・新婚旅行の帰りの飛行機で妻と見て、号泣した思い出の1本。初めて妻と見た映画ということもあるが、不器用な鉄道員の健さんが、不器用な大工だった父と重なる。ちなみに、まだ父は生きてはいるが…。

 「泣ける映画」はまだまだありますが、まずはこの辺りで…。今度は「泣ける怪獣映画」「泣けるポルノ映画」なんてのも取り上げたいな、と思います。皆さんの「泣ける映画」も、ぜひ、教えてください!!!
1

クラッシュ  新作レビュー

見た日/4月某日 ★★★★
 この映画を見て、思い出したこと。
 新聞社の駆け出し記者だった15年ほど前。男が猟銃を持って家に立て篭もった事件が発生した。上司から現場に急行するよう言われ、あわてて車を現場近くに走らせた。路地脇の空き地を見つけて駐車しようとしたら、ハンドルを切り損ねて対抗していた車にぶつかった。
 どう考えても、僕が100%悪い。しかし、現場はすぐそこ。もう警官隊が周囲を囲み、騒然とした雰囲気がその空き地にも伝わってくる。
 悪いことに、わが社の記者の一番乗りは僕。応援が到着するまでしばらくかかりそうで、とにかく現場に行かないといけない状況だ。一報をすぐに社に送らないといけない。
 暗雲たる気持ちになったその瞬間、相手の車から若い女性が降りてきた。かなり怒っている。当たり前だ。「すぐに警察を呼んでください!!」
 当時、携帯電話などない。近くのコンビニに行き、まず会社に電話。「どうした!現場はどうなっている!」デスクの怒号に、恐る恐る事情を話すと、「何やってんだ!こんな時に!すぐに応援が行くからそれまで何とかしろ!」と受話器が張り裂けそうな怒号の嵐だ。
 続いて、警察に電話。「分かっていると思うけど、今、例の事件でウチの警官、全員そっちに行ってるのよ。悪いけど、落ち着いてから連絡してくれる?あなたもそれどころじゃないでしょ!」。
 困った。で、空き地に戻って、女性に申訳なさそうに事情を話す。すると、さっきまで怒っていた女性の顔色が変わった。彼女、事件のことは知らなかったようで、その男の近所に住んでいるという。いろいろな情報を嬉々と教えてくれた。事故の処理もあとで構わないという。
 ホッとし、連絡先を教えあうと、現場に向かった。ちょうど先輩記者たちも駆け付けたところで、数時間後、男は逮捕されるが、女性の情報も役立ち、僕にとってもいい経験になった…。

 さて、映画の話だが、正に上記の僕の経験如く、1つの事故、アクシデントが、その1日や一生を変えることは実際にあると思う。この映画では十数人の登場人物が出てきて、いくつかの「事故」を通し、様々な事件や人間模様が鮮やかに描かれる。先が読めない展開が続き、ものすごい緊迫感と、印象的なエピソードが重なっていく。
 僕が出会った女性もそうだが、人は様々なきっかけで感情は変わる。どんな人間も様々な社会的な要素によって悪人にもなるし善人にもなるし、他人に対して冷たくなることもあり、暖かくなることもある。そういった感情の変化によって揺れ動く関係は会社内でも家族間でも起こるから怖い。
 この映画は、その重要な社会的要素として「人種差別」を挙げているが、遠い外国の話で、身近な生活に人種的な差別も多くは感じないのに、この物語がとても身近に感じたのは、一つのアクシデントで起こる人間の感情の揺れをきちんと描いているからで、こういうことは僕らの身の回りでもよくある「揺れ」だからだろう。
 サンドラ・ブロック、マット・ディロンら有名俳優も出ているが、ある面ドキュメンタリーのような味わいもある秀作である。
 ★は4つにするか初の5つにするか迷ったが、完璧な脚本ながら、個人的に一部消化不良な描き方があって、流れに乗れなかった場面があったので★4つ。
 アカデミー作品賞も納得で、この監督さんが脚本を書いた「ミリオンダラー・ベイビー」よりはるかにこっちの方がいい。
0

Vフォー・ヴェンデッタ  新作レビュー

見た日/4月某日 ★★★
 うーむ、面白かったのだが…。この中途半端さはどうだろう。物語的にも、テーマ的にも、ビジュアル的にも、そこそこよいのだけれど、なかなか突き抜けない。
 政治的な切り口、9・11を彷彿とさせる揶揄、ヒーローの秘密に迫る謎解き、シェイクスピアや映画「岩窟王」などの引用、ロック音楽の粋な使い方…。さすがにマトリックスのウォシャウスキー兄弟の脚本だけあって、仕掛けと情報量は満載だ。
 だが、肝心のヒロインのナタリー・ポートマンに魅力が少なく、真の自由に目覚める後半から、ちょっと失速してしまった。Vがヒロインに恋をして、革命の意志に悩むように、映画自体も悩んでしまったような気がする。
 ヒロインが目覚めるきっかけになる途中の仕掛けがとっても面白かっただけに、ちょっと残念。群集シーンも迫力不足だ。
 でも、その中途半端さが実はW兄弟の計算だったりして…。
0

映画クレヨンしんちゃん伝説を呼ぶ 踊れ!アミーゴ!  新作レビュー

見た日/4月某日 ★★★
 映画「クレヨンしんちゃん」は侮れない!と最初に何かの映画雑誌で読んだのは、数年前のように思う。「モーレツ!オトナ帝国の逆襲」が「泣ける!」「日本映画史上最高の傑作」「アニメを超えた名作」のように評されていて、ホンマかいな?と思いつつも、何故か触手が動かなかった。が、しかし、2年ほど前、ついにビデオで「オトナ帝国」を鑑賞!確かにこれは傑作だ!本当によくできている。しんちゃんの行動、ギャグは無邪気で子供の本能そのまま、そのものなのだが、「オトナ帝国」では、未来に絶望した大人たちが過去に生きがいを見出し、ノスタルジーいっぱいのオトナ帝国を作ろうとするのに対して、しんちゃんたちは「未来に生きる」子供の本能で対抗する。そして父親のひろしたちも、家族として、子供と未来に生きることを選択する。その選択を決断する理由もまた、家族との「思い出」だった…。何とこの重層的で、深い作り!ノスタルジーだけに終わらず、未来への希望も感じさせる点では、ALWAYSよりよっぽどいい。

 で、今回の映画だが、監督交代後、ちょっとパワーダウンした感はあったが、今回も鋭い社会風刺と、家族の信頼という隠れテーマは健在。ホラー仕立てが一部不評を買っているようだが、都市伝説、つまり噂話が人間の信頼を崩す、というテーマは秀逸で興味深かった。そしていつの間にか親しい人が偽者に成り代わっているという怖さ。
 ラスト近く、父親のひろしが人生そのもののアイデンティティーを敵の組織から問われるシーンは秀逸。「オトナ帝国」ほどではなく、サラリとはしているが、家族や友人同士でも信頼することが難しい世の中で、信じることの大切さを謳っている。
 常に「クレしん」映画は「子供は分かるのか!」と言われるが、最近、親以上にしんちゃんにはまりまくっている僕の5歳の子供は怖がらずゲラゲラ笑っていた。ラストのオチが今ひとつだったので★は三つにするが、なかなかの佳作でした。
0




AutoPage最新お知らせ