それでもボクはやってない  新作レビュー

見た日/1月某日 ★★★★

新聞記者時代、改めて思ったこと、というか気づいたことがある。それは、逮捕されたときは、あくまで「容疑者」であり、刑は確定してないから決して「犯人」ではない、ということだ。

容疑者は、その犯罪を犯したかどうかわからないが、警察によって疑わしいとされた人、ということである。しかし、新聞は、容疑の段階でも「逮捕された事実」として報じる。

でも、一般の人は、「逮捕された時点」で、容疑者だろうが何だろうが、新聞表記がどうであろうが、この時点、新聞に掲載された時点で、その人を「犯人」と思う。だから、新聞もよっぽど自社取材で裏づけが取れない限り「警察の調べによると」という表現で逃げる。

この映画で描いているが、日本の刑事裁判は起訴されれはまず有罪になる。それは、日本の警察が優秀、ということではあるのだが、実際に日本の場合は自白中心の取調べであり、冤罪が出ていることを考えると、本当に恐ろしい。

実際の裁判は、この映画のように事務的・機械的であり、淡々と進む。裁判官は能面のような顔をして、サクサク、と事を進める。証拠がそろってなければ法定もすぐに閉廷する。

僕は記者時代に裁判所で起訴状を見せてもらってネタを探す仕事をしたことがある。また実際の裁判(刑事、民事ともに)も取材したことがあるが、この映画で描かれた「裁判」は実にリアルだった。

さて、この映画だが、綿密に取材したであろう、被疑者が起訴され、裁判に進む過程を時系列ごとに克明に描きながら、刑事裁判のシステムに潜む問題点を主張するのではなく、自然にあぶり出す、という手法は見事、としか言いようがない。

主人公が痴漢を本当にしたかどうか、それは観客と主人公本人にしかわからない仕組みで、本人の主張に対して、弁護士や検事、判事だけでなく、家族や友人ら、周囲の対応をも含め、映画が進むにつれて、とてつもないサスペンスを生み出していく。

裁判が進行していくと、主人公が本当に痴漢を犯したのか。観客さえも時折分からなくなってくる。なかなか進まない裁判の現実に焦燥してくる姿もリアルだ。主人公も善人ヅラはしない。素直に感情を出していくが、明確な善も悪もなく、被告、刑事、判事、検事、弁護士、傍聴人すべてが人間くさいのも、この作品の妙だろう。

演じる役者さんたちはみんなよく知られた顔だが、とっても存在感があって、その「役」そのものに見える。とくに裁判官役の正名僕蔵や副検事役の北見敏之らの演技は恐ろしく自然ですばらしい。

淡々としているのに、最後の最後まで、スクリーンから目を離すことができないし、2時間20分余りの長い映画だが、上映時間の長さを感じさせない。それほど緊張感があるのに、それでもどこかしら映画がユーモラスなのは、数々のコメディ傑作映画を撮ってきた周防正行監督が本来持っている「味」なのだろう。

かつて周防監督は、映画のメイキングビデオ「マルサの女をマルサする」で、伊丹十三監督の緻密な演出法を、ユーモアを含めながら緻密に、理詰めでわかりやすく解説していて驚嘆したが、その手法は健在。映画のクライマックスは法廷のみで、セリフの応酬なのだが、とっても分かりやすく、観客の感情をきちんと揺さぶってくれる。

社会的な問題点を指摘しながら、これだけのエンターテイメントを作れる力量はすごい。なかなか人が気づかない社会的な裏テーマをエンタテイメントに昇華させる技はある面、伊丹監督を思わせるところもあるが、伊丹監督と違うところは、どこかドライだった伊丹作品と違い、周防監督の作品は、弱者の痛みというか、弱さの切なさ、みたいなところを描いている点だと思う。

この映画でも、ラスト、主人公が発するセリフが僕の心に切なく届いた。
0


見た日/1月某日 ★★★

宮崎あおいの繊細な演技が、2時間持たせるにはチトきついかな、という脚本を見事にカバー。その繊細な演技とお話のほころび、ダルさがマッチングして、やるせなさとせつなさに昇華した、稀有な作品になった、と思う。

三億円事件云々は映画のクライマックスではあるが、決して高揚にはなってない。激動の時代にあって、奥底に激しい焦燥感を抱える思春期の少女が、初恋の相手に対する思いの発露として、この事件の主犯になる過程がじっくり描かれる。

むしろ事件後に少女の感情はもっとも高まるのだが、この辺りは切ない。初恋の相手になる小出恵介もいい味を出している。宮崎あおいと宮崎将の本当の姉妹もいい。事件に協力する藤村俊二以外、大人、と言うより「権力側」は顔をはっきり見せない演出や、時代感を出す演出は効果があった。

時代を変えよう、権力を倒そう、という空気が若者に満ち満ちていた時代。今とは全く違う世相ではあるが、若者が抱く不安感や焦燥感、恋する感情は現代とそう変わりない。時代性をうまく捉えながら、普遍的な感情を、実際にあった事件に絡めて描いた意欲作だ。
0

花田少年史 幽霊と秘密のトンネル  DVD・ビデオレビュー

見た日/1月某日 ★★★

映画が始まってすぐ、花田少年と母親の丁々発止のやりとりがとっても楽しく、テンポ感もあって好印象。このペースで映画最後まで疾走するのか、と思ったら、幽霊云々のエピソードからは花田少年も脇に行ってしまって、テンポも落ちた。

でも、ひとつひとつのエピソードは心地よく、ラストもアニメのようなバトルシーンはご愛嬌として、なかなか感動させてはくれるし、親子の話などは思わず涙ぐんだ。

冒頭で主役の子役も快活で奔放な花田少年をとっても上手く演じていただけに、いくつかのエピソードを整理しても、花田少年中心でお話を構成した方がよかったのでは、と思ってしまった。お話もつながりも決して上手くない。

幽霊役の安藤希がよい。彼女は「さくや」から注目していたが、独特な雰囲気がある美少女女優に成長した。篠原涼子も好印象だが、彼女はキップのいい美人を演じたらピカ一の女優さんになったなあ、という感じ。テレビではそんな役柄で存在感出しまくりだが、映画でもそんな一面を見せてくれたのはうれしい。評判の「アンフェア」劇場版も楽しみだ。
0

2006年総括・2/日本アカデミー賞  映画つれづれ

2006年公開の映画を評価する各「映画賞」が出揃ってきた。
日本の映画ファンの間ではもっとも信頼されていると思われる、キネマ旬報ベストテンも決まったようだ。僕は読者のベストテンこそ、目の肥えた映画ファンによる信頼できるベストテンと思うが。

そんなこんなで、日本映画界ではかなり大きなイベントになっている日本アカデミー賞も2月の最優秀賞発表が近づいてきた。

今年のノミネート作品だが・・・公式HPによると、主なものは次の通りだ。

[最優秀作品賞ノミネート]
・明日の記憶
・男たちの大和/YAMATO
・THE有頂天ホテル
・武士の一分
・フラガール

[最優秀監督賞ノミネート]
・佐藤純彌 「男たちの大和/YAMATO」
・中島哲也 「嫌われ松子の一生」
・三谷幸喜 「THE有頂天ホテル」
・山田洋次 「武士の一分」
・李相日 「フラガール」

[最優秀主演男優賞ノミネート]
・オダギリジョー「ゆれる」
・妻夫木聡 「涙そうそう」
・寺尾聰 「博士の愛した数式」
・役所広司 「THE有頂天ホテル」
・渡辺謙 「明日の記憶」

[最優秀主演女優賞ノミネート]
・檀れい 「武士の一分」
・長澤まさみ 「涙そうそう」
・中谷美紀 「嫌われ松子の一生」
・樋口可南子 「明日の記憶」
・松雪泰子 「フラガール」

[最優秀助演男優賞ノミネート]
・大沢たかお 「地下鉄(メトロ)に乗って」
・香川照之 「ゆれる」
・笹野高史 「武士の一分」
・佐藤浩市 「THE有頂天ホテル」
・松山ケンイチ 「デスノート 前編」

[最優秀助演女優賞ノミネート]
・蒼井優 「男たちの大和/YAMATO」
・蒼井優 「フラガール」
・富司純子 「フラガール」
・もたい まさこ「かもめ食堂」
・桃井 かおり 「武士の一分」

てな具合だが、「日本アカデミー賞」で僕が?と思っている点は以前にも書いた。

「日本アカデミー賞」の協会会員は、日本映画製作者連盟加盟の大手映画製作・配給会社、すなわち東宝や松竹、東映などの社員や関係者が多く、毎年、メジャー系作品に偏る傾向があり、その映画会社の組織票に左右されやすい、という話がある。

だから、単館系の良質な作品がなかなかノミネートされない。それに、日本テレビが中継しているからなのか、日テレが製作に関わっている評判の映画が出てきた年は、なぜか必ずその映画が主要な賞を独占する。(「ALWAYS〜三丁目の夕日」や「ShallWeダンス?」など)

でも、この賞は全国にテレビ中継される、唯一の日本映画の賞で、一般の認知度はもっとも高い。「アカデミー」という名前を含め、一般への権威付けという意味ではその存在意義は大きい。今、日本映画が空前の好調ぶりを見せているからこそ、良識ある判断でぜひ、この「日本アカデミー賞」を選んでほしい、と思う。

今年のノミネートを見ても、多少の疑問はある。シネカノン配給で各賞独占の「フラガール」が作品賞に入っているのは評価できるが、昨年の「パッチギ!」同様、最優秀作品賞は難しいだろう。もし、「フラガール」が選ばれれば、多くの投票権を持つ方々は自社作品に投票しなかった、ということになるので、そうなったら画期的だが、まずないだろう。

まあ「フラガール」は製作委員会にテレビ局が入らなかったのに大ヒットした興行的には画期的な作品だが、作品的にも高く評価され、一般の映画ファンにも熱烈に支持された作品なので、無視できなかった、ということかもしれない。

作品の評価がすこぶる高かった「ゆれる」も、主演男優賞、助演男優賞でオダギリジョー、香川照之が選ばれてはいるものの、作品賞、監督賞のノミネートはなし。これも、単館系の弱みだろう。他の映画賞で監督賞や主演男優賞などを多く受賞している「雪に願うこと」などは、主要な賞ではその作品名すら見かけない。逆に、今年も作品の評価的に?と思う作品がいくつか主演男優賞や主演女優賞がノミネートされている。もちろん、そういう作品はバリバリのメジャー系作品だ。

で、僕の予想だが、今年は山田洋次監督作で松竹勝負作の「武士の一分」があるので、多分これに集中するのではないか。毎年の「持ち回り」感から言っても、作品賞、監督賞、主演女優賞、助演男優賞は「武士の一分」組で決まりだろう。波乱があるとすれば、主演女優賞で中谷美紀はありうるかも。

主演男優賞はキムタク辞退がニュースにもなっていたが、これは多分「明日の記憶」の渡辺謙で決まり。昨年の「北の零年」の吉永小百合同様、東映が一矢を報いるのでは、と予想。

あたらなかったらごめんなさいだが、個人的な心情で言えば、このノミネートから選ぶとすれば、作品賞は「フラガール」、監督賞は中島哲也or李相日、主演男優賞はオダギリジョー、主演女優賞は中谷美紀、助演男優賞は香川照之、助演女優賞は蒼井優なのだが・・・。
0

日本以外全部沈没  DVD・ビデオレビュー

見た日/1月某日 ★★★

このブログにいつもコメントを寄せていただいている、享年41歳さまのススメで早速鑑賞。正直、本当にくだらない、けど本当に面白い!!

この映画、「ヅラ刑事」「いかレスラー」など、とーってもくだらない映画をまじめに作り続けている、河崎実監督の作品だ。

昨年、「日本沈没」のリメイク公開を受け、筒井康隆氏の同名パロディ名作を映画化した、大胆にしてくだらない企画だが、これがきちんと作られ、劇場で全国公開される日本映画界は健全なのかもしれない。

ある意味、昨年ハリウッドで製作・公開された「チーム・アメリカ/ワールドポリス」に通じるものがある。

河崎監督というと、僕にとって印象的なのは「地球防衛少女イコちゃん」と「電エース」で、どちらも特撮物の脱力系必至のゆるゆるのお話。河崎監督は美少女好きの特撮オタクという、とてもじゃないが女の子にモテそうもない印象を作品からは受けるものの(僕もそうなのだが)、自ら歌う「電エース」の主題歌を聞くと歌も上手だし、なかなかの二枚目だ。

イコちゃんもくだらないが、電エースもくだらない。この映画にも「電エース」は重要な役で出てくるが、ビールを飲んで気持ちよくなると変身するヒーローなんて、なんて不謹慎でくだらないヒーローなんだろう!!!

「いかレスラー」なんて、どう見ても「えびボクサー」のパクリなのだが、本家をぶっ飛ばすほどくだらなくて面白い。

で、で、この映画だが、日本以外が沈没して、多数の外国人が日本に押し寄せ、やがて国内であふれた「ガイジン」は、政府の特殊部隊GAT(ガイジン・アタック・チーム=無論、帰ってきたウルトラマンの怪獣退治チーム「MAT(モンスター・アタック・チーム)」のパロディね)によって排除される、というスゴイ内容。

一応、日本の排他主義や全体主義、国家主義なんかを批判した文明論的な映画、と見れないこともないが、実際の映画は正直、かなりくだらない展開でゆるゆる。でも役者の芝居はまじめできちんとしているし、特撮シーンはなかなかの出来なのだ。

かつて「日本沈没」の映画版で主人公を演じた藤岡弘、氏とテレビ版で主人公を演じた村野武範氏が共演している点も、原典へのオマージュを感じる。藤岡弘、氏が国家主義的な防衛庁長官役、というのもなかなか笑えない配役で笑える。

あと、先日亡くなられた実相寺昭雄監督が監修を手がけていて、美術監督は実相寺組の常連・池谷仙克氏だったり、日本以外の沈没を予言する田所博士(原典と同じ名前のところがよい)役はやはり実相寺組の常連・寺田農氏だったり、こんなところにも河崎監督の思い入れを感じる。

スピルバーグが時代劇の監督をしたり、ブルース・ウィリスがバーで銃を乱射したり、トム・クルーズが風俗店のポン引きをしたり、韓国と中国の首脳が神社に参拝して「心が洗われました」と首相にゴマをすったり・・・と、まあすごい。

この映画を見て、河崎監督の新作「ヅラ刑事」が早く見たくなった。主演のモト冬樹氏がカツラを飛ばす向きを監督が真剣に論じていて、ものすごいくだらないことを大の大人が真剣になっていることに感動した、と言っているのをたまたまラジオで聞いたが、その監督の精神は、この映画「日本以外全部沈没」でも大爆発している。
0

愛の流刑地  新作レビュー

見た日/1月某日 ★★★

いやあ、一言で言えば、面白かった!!

ツッコミ所も満載なのだが、鶴橋康夫監督は伺えば66歳のベテラン演出家で、これが映画デビュー作らしいが、脚本も演出も丁寧で最後まで緊張感を持って楽しく見られた。

性交渉の中で女性が「殺して」と要求するのに対して、彼女を愛するがゆえに、その悦びを満たすためにその行為をする男性。そこに殺意はなかったのか。子供を3人産み、平凡な生活を送りながら、性愛の素晴らしさに身を悶えさせながら喜ぶヒロイン。彼女はその平凡な生活を捨て、男とともに、性愛に生き、死ぬことを選んだ。これは果たして犯罪なのか?

というお話だ。

映画はまじめに性愛について論じていて、個人的に感じたモラルの問題は置いといて、主役2人の熱演もあって上映時間中は飽きさせない。

まあ、この映画の最大の魅力、は長谷川京子さん演じる検事ですな。あらゆる批評でこのハセキョーの演技のダメぶりが指摘されているが、僕はハセキョーの棒読みセリフと、ベタベタなセクシーさが妙に気になって気になって、ある意味ヒロインの寺島しのぶより性的な興味を感じる部分があって、逆に面白かった。

ハセキョーが自宅で証拠の2人のあの最中のテープを聞くシーンは、これから自慰行為でもするんじゃないか、という猥褻さにあふれていて、なかなかよかった。

それから、判事が本田博太郎で、被告の妻役で高島礼子がチョイと出ていたり、最初に事件を提示→刑事の取調べ→裁判でクライマックス・その過程で事件が明らかに、という展開に、「半落ち」に似ている、と思ったのは私だけ?(引用・だいたひかる)

とにもかくにも、今年最初に映画館で見た映画がこのアイルケ。一人で見たのだが、すでに見たよ、という友人の女性とも映画談義でおおいに盛り上がった。見た後で盛り上がれる映画は、最近珍しい。
0

よろしくお願いします!  映画つれづれ

2007年も明けてかなり経ちましたが、遅ればせながら新年明けましておめでとうございます!

今年もこの「おたっきーの映画日記」をよろしくお願いいたします。

ブログも2年目に突入しました。本年はしっかりと映画を見て、充実したブログにしていきたいと思っています。
0




AutoPage最新お知らせ