L change the World  新作レビュー

見た日/2月某日 ★★★

娯楽映画として面白いんだけど、微妙なのも事実である。

この映画、正直「デスノート」の前編と後編を見ていないと「面白い」とは思えない。

何故ならば、この映画は観客がこれまでの2作品で描かれてきた「L」というキャラクターに魅力を感じている、ということを条件に作られているから。

そうじゃないと、原作のキャラクターはあまり知らないが、本来街を練り歩いたり、格闘するようなキャラではないLだからこそ、この映画はそんなL(=松山ケンイチ)の意外な魅力を発見してほしい、というような作り手の意識が垣間見える。

正直、松山ケンイチの役づくりはもはや「職人芸」であり、こうなったらシリーズ化して「Lはつらいよ〜甘物旅情編」なんて作ってほしいところだが、今回のスピン・オフ企画は松山ケンイチの魅力は伝わるものの、そんな作り手の意識は、正直失敗していると思う。

「映画」「物語」としては、松山ケンイチやLというキャラが好きな人以外はかなりキツイ。いや、Lファンにとっても許せない、という人は多いだろう。

最大の要因は、やはり脚本と監督の交代にあるのでは?と思う。本来のデスノートシリーズから離れるのだから、シリーズの魅力だったLと敵の頭脳戦にならないのは分かるにしても、敵の設定が荒唐無稽すぎるし、キャラが浅すぎる。

バイオテロ、という大風呂敷を広げても、敵キャラの掘り下げが薄いため、それに立ち向かうLも少々キツイ。折角、高嶋政伸や工藤夕貴らがいい演技を見せてくれ、とくに工藤さんは流石ハリウッド仕込みで堂々たる悪役なのに、ちょっと残念。もう少し敵側の物語を掘り下げれば、いくらでも面白い話が作れると思うのだが…。

中田秀夫監督は、これからの日本娯楽映画界を支えていく監督さんだと僕は思うが、今回はちょっと分が悪かった。やはり、これまでのLや「デスノート」映画版の世界観を作り上げてきた金子修介監督が続投した方が、よりファンが納得した作品になったのではないか、と素直に思ってしまった。

ただし、途中でのホラー描写やクライマックスの飛行機のシーンなどは中田監督がなかなかの冴えを見せてくれ、なかなか楽しませてくれる。

日本では珍しいスピン・オフ企画だし、こういう試みは面白いと思うだけに、少々残念ではあったが、これはこれで、と思わせる映画ではあった。

★は本来は2つなんだけど、松山ケンイチの頑張りと工藤夕貴のセクシーな黒いスーツ姿に星を1個追加。
0

『黒部の太陽』詳細発表!  映画つれづれ

佐々部監督脚本・演出の舞台「黒部の太陽」について、梅田芸術劇場がHPで詳細をアップしていました!↓

http://www.umegei.com/m2008/kurobe.html

石原裕次郎役は、中村獅堂さん。初の佐々部作品登板ですが、映画ではなく舞台、というのが楽しみです。

ほかに、金井勇太さんや水谷妃里さん、伊嵜充則さんら佐々部組常連に加え、ベンガルさん、大地康雄さん、高杉旦さんらの名前が…。

個性派ばかりですが、どんな「黒部の太陽」を見せてくれるのか、本当に楽しみです。
0




AutoPage最新お知らせ