最近、つくづく思うこと  映画つれづれ

※この文章は、僕の個人事務所「和田山企画」の公式プログで書いたものです。映画の話なので、こちらにも掲載しました。仕事のことをいろいろ書いているので、よかったら、こちらにも遊びに来てください。リンク集から飛べます。

僕は、映画とDVD、ビデオは別の媒体だと思っています。

映画は、映画館の大きなスクリーンで上映されることを計算して作られているため、基本的に長回しが多く、役者さんたちの演技や音楽、演出をじっくり味わうものだと思います。

そこには監督さんの意図する様々な工夫や想いがあり、観客はその「行間」から様々なことを感じる訳です。

その「感じる」作業は、不特定多数の人たちが一緒に暗闇の中で集中し、味わう映画館だからこそなし得るものである、と思うのです。

まあ、最近は、とくに日本映画はテレビドラマのような、分かりやすくて説明過多で、やたらカット割が細かくてアップの多い、映画館で見る必要がないような映画が多いのも現実なのですが。

だからこそ、完全なプライベート空間で、余分な風景が周りにあって、自分で自由に早送りしたりできるような環境で見るビデオやDVDは基本的には「これは映画ではない」と思うのです。

ただし、DVDにはDVDの良さがあって、映画館で鑑賞したときとは違う印象や感動を受けることもあります。でも、映画はできるだけ映画館で見たい、と思います。

僕はなるべく映画館で見て、よかったり、もうちょっと研究したいな、と思う作品はDVDを購入するようにしています。

価格は高いけど、必ずスペシャル版を購入するようにしています。スペシャル版なら、必ずメイキングなどの特典映像があるので、それを見るのも、ファンとしてはすごく楽しみなのです。

作品を見る前にいろいろな情報をインプットするのは絶対に嫌ですが、作品を見たあとは、その映画がどんな風に作られているのか。どんな感じで監督さんが演出しているのか。そんな舞台裏は、やはり興味があります。

だから、DVDでの鑑賞はあくまで映画館で映画を見て、しばらく経ったあとの補完作業なのです。だけど、実際は見逃した作品をレンタルで見ることも多く、いつも「ああ劇場で見たかった」と後悔しているのが現実なのです…。

そうそう、先日、ある知人と話していて、最近の液晶テレビやプラズマテレビの性能の良さについての話になりました。「地デジの映像はクオリティが高い」と…。確かにそうです。僕も先日、思い切って液晶テレビを買いましたが、確かに地デジの映像はきれいです。

その方が、続いてこう言われました。「先日、映画館に映画を見に行ったら、画面が汚いんだよ。テレビの地デジに比べると、映画はダメだね。もう映画館に行く気がなくなったよ」…。

僕は愕然としてしまいました。その方が言われる「画面の汚さ」はフィルムの質感であって、本当に画面が汚い訳ではないのです。

最近は、確かにデジタル編集が増えてはいますが、映画は、最終的にはフィルムに焼き付けて上映しています。そのフィルムの質感こそが、「映画館」での「映画の味わい」だとぼくは思うのです。

映画館で見る映画の映像が、地デジのような鮮明でも無機質な映像になってしまうと、これはこれで何の意味もない、と思います。これも、映画がテレビのようになってしまった弊害の一つなのかもしれません。

シネコンが増え、映画館人口が増えたのはいいことですが、映画にテレビと同じ質を観客が求めるのはちょっと違う、と思うのです。

先日も、ある良質な日本映画を指して「訳がわからん。つまらない」と指摘した若い人がいました。僕はその映画は、行間に込めた作り手の想いがジワジワと伝わるいい映画だと思ったのですが、その「行間」や「想い」が理解できない観客が増えているのも確かなのだ、と思いました。

日本映画の興業収入が増え、映画館がにぎわうのはとってもいいことです。デジタル機器が飛躍的な進歩を遂げ、古今東西の名作映画が、気軽にお茶の間で高画質で楽しめる、これもとってもいいことです。話題の映画が、半年ぐらいでDVDになり、映画館では得られなかった情報が得られる、これもいいことです。

その一方で、本当の映画の楽しみ方、映画の良さが失われつつある、とも感じるのです。そういう僕も、最近の利便性の恩恵に預かり、せっせとDVDを購入しているので、とっても矛盾してはいるのですが…いかがでしょうか。


0




AutoPage最新お知らせ