ICHI  新作レビュー

見た日/10月某日 ★★★

「座頭市」は、日本が生んだ秀逸なヒーローだ。天才・勝新太郎氏逝去後、カツシンが編み出したこの魅力的なキャラクターを、違う形で映像化したい、と思うのは、作り手の気持ちとしてものすごくよく分かる。

ハリウッドでは、ルトガー・ハウアー主演で「座頭市血煙り街道」をリメイクした「ブラインド・フューリー」(89)がある。

チェックのシャツを着たベトナム帰還兵のハウアーが、仕込杖で相手を切りまくる、というのもヘンな絵ではあったが、これはこれでよくできていて、物語は意外にもオリジナルに忠実で、ラストのショー・コスギとの死闘は殺陣もよかった。

ビートたけし主演・北野武監督の「座頭市」は、意外にもお話は勝新太郎版座頭市シリーズの定番を踏襲していて、ストーリーラインは、勝氏最後の「座頭市」(89年)そのまま。でも、主人公の市は金髪で情のかけらもなく、飄々とした人物として描いており、その分殺戮シーンが強烈で、これまでのシリーズを物語として踏襲しながら、まったく別のアプローチで描いたという、北野監督の確信犯的な演出が印象的な作品だった。

あと、未見だが、三池崇史監督、哀川翔氏主演の舞台版もあるそうで、来年は勝氏の弟子、松平健氏主演の舞台版もあるそうである。

正に広がりを見せる「座頭市」ワールドだが、カツシンの座頭市シリーズで言うと、最初の「座頭市物語」は傑作だと思うし、テレビシリーズの中にも斬新な演出の傑作が多い。勝氏自ら監督した最後の「座頭市」も大好きな作品の一つで、物語はシンプルだが、絵の見せ方が物凄く斬新で、最後の殺陣のシーンは、日本の時代劇史上に残る秀逸なアクションだと思っている。

さて、前置きが長すぎた。「ピンポン」の曽利文彦監督も、恐らくこのシリーズが大好きだったのだろう。何と、市を若く美しい女性に設定したのには驚いた。独特な透明感では他の若手の追従を許さない綾瀬はるか嬢を起用したセンスも、なかなかと思った。

綾瀬はるか嬢と言うと、今世紀最大のトンデモSF映画「僕の彼女のサイボーグ」ではいい意味でやらかしてくれたが、今回もかなりのキワモノと思いきや、曽利監督はきちんと「座頭市」と「時代劇」を展開していて、別の意味で感心した。

市が何故孤独で、さすらいながら人を斬るのか。市を女性にし、放浪の三味線弾きに設定したことで、そこは鮮やかに浮かび上がった。そのため、合間にアクションシーンはあるのに画面はあまり躍動しないが、観客には十分気持ちが伝わってくる。

宿場街で無法者の集団と地元ヤクザが対立しているところに、市と浪人がフラリとやってきて、事件が起きる、というのは座頭市シリーズの定番だ。

本来なら、浪人は市と友情を温めながら最後は敵役になる役どころなのだが、今回は女性こその市と愛情を交わす役回りで、これも市が成長するためのいいスパイスになっていて、よく練られたラストのエピソードに生きてくる。

綾瀬はるか嬢の殺陣は今ひとつ感もなくはないが、よく頑張っている。やや冗長な点もあるが、全体的には面白い作りになっていて、音楽もいい。悪の親玉、中村獅童氏、その部下の竹内力氏は存在感があり、主役を引き立てている。
0




AutoPage最新お知らせ