60歳のラブレター  新作レビュー

観た日 5月某日 ★★★

僕は、メール、とくに携帯メールが苦手だ。仕事で必要不可欠なので仕方がなく使っているが、メールだとなかなか真意が伝わらないことも多く、とくに仕事となると誤解があってはいけないので、表現に気を使う。

それが手書きの手紙やメモだと、短い、何気ない言葉や文章でも、心に染みいるから不思議だ。

この映画を観ていて、昔、学校から帰ると母親がテーブルに残してくれていたメモを思い出した。母は旅館で仲居をしていたので、僕が帰るとたいてい家にいなかった。

「マンデウ、ミズヤ。ハハ」「オカヘリ。ハハ」昭和3年生まれで小学校しか出てない母だったが、このカタカナだけで意味不明の文からも、母のぬくもりが感じられた。

「マンデウ」がまんじゅうであることを知って、「こんなの、分からないよ」と母に言うと、ちょっぴり悲しそうな顔をして、「母ちゃん、勉強してないからね」と笑った母の姿が、忘れられない。

この映画は、普段はなかなか面と向かって言われない感謝の言葉を、夫または妻に手紙で伝えようという銀行の企画を映画化したものだ。

映画では3組の夫婦、というか、ひと組は未婚のカップルなのだが、みんな還暦前後で、それぞれの人生を歩みながらも、どこか岐路に立たされている。

昔は40で不惑と言い、還暦と聞くとずいぶん老けたおじいちゃん、おばあちゃんを想像したものだが、時代も変わって、時代を感じる感性も若返った今の時代、還暦世代もコンピューターを扱えるし、ロックを愛し、もちろん恋もする。

考えてみると、僕も還暦まであと15年しかない。気持ちはいまだに高校生だが、そう考えると自分でも、ビックリしてしまう。

「三丁目の夕日」や「キサラギ」の古沢良太氏の脚本は相変わらず巧みで、3組の夫婦のすれ違いや感情の行き来をハラハラドキドキしながら見せてくれ、人にとって、周囲の愛する人たちの支えがどれだけ大切か、しっかりドラマで感じさせてくれる。

三つの「ラブレター」の見せ方もそれぞれ工夫がしてあって、とくにイッセー尾形氏と綾戸智恵氏のエピソードは秀逸。綾戸さんの自然体の演技はイッセー尾形氏のリズムと溶け合っていて、実に絶妙。ここの「ラブレター」は、完全にやられた、という感じ。

監督は32歳の若手として驚いたが、若いが故だろうか、演出も瑞々しく、オーソドックスではあるが、安心して見ていられた。

これだけ激賞していて、星三つなの?と言われそうだが、その理由は、僕が個人的に、メインエピソードの展開にちょっと不満があるから。でもこれは、人それぞれだろう。
映画はいろんな観方があるものだから。

詳しい展開は書かないが、僕はどうしても、石黒賢に同情しちゃう。それはまだ僕が大人になり切れてないからかな。
0

GOEMON  新作レビュー

観た日 4月某日 ★★★★

本物映像満載の「剱岳 点の記」を観て以来、CG満載の映画が、なんだか馬鹿馬鹿しく思えてきた。

特撮の基本は、現在の技術では表現できないものを表す、ということだと思うのだが、最近、実写や旧来のオプチカル合成などで処理すれば済むのに、わざわざチープなCGを使っているような映画を観ると、なんだか腹が立ってくる。

・・・ということで、全カットをCG処理したというこの映画を観る前は「観終わって腹が立つのかな」と思っていた。

が、しかし、いい意味で期待は裏切られた。

紀里谷監督は、自分の独特なイマジネーションの世界を、多くの人に観てもらい、自分なりのメッセージを伝えようとしている。そのためのCGであり、その志は高い。

「誰も見たことがない世界を創り出し、見せてやるんだ」という野心が、きちんと伝わる。それに見合うだけの独創的なビジュアル世界が広がっている。

物語的にも、誰もが知っている戦国時代を舞台にしながら、それを一度解体して組み直す、という作業は上手く行っている。全てブルーバックでの撮影だろうから、俳優さんの役づくりは大変だったろうが、それが却って効果的で、舞台のようなケレン味たっぷりに仕上がっていて、見応えがあった。

前作「CASSHERN」ではその心意気が独りよがりになっていたのが、見る側のことを考え、整理されていて、随分進歩している、とも感じた。

ツッコミ所はいろいろあるし、観客側が見方を変えれば、荒唐無稽で片づけることはできるだろう。でも、この新しさを、他の誰ができるの?とも言える訳で、この映画で作り手たちがやろうとしたことを否定すると、こういうジャンルの日本製娯楽アクション
映画の未来を閉ざしてしまう、と思う。

江口洋介氏のスマートなヒーロー像、奥田瑛二氏の大芝居たっぷりの豊臣秀吉など、俳優陣の演技も、舞台を見ているようで楽しい。広末涼子のヒロインも可憐で美しい。
0

グラン・トリノ  新作レビュー

観た日 4月某日 ★★★★★

クリント・イーストウッドのセリフやその動きひとつひとつに意味があって、様々なものが「読み取れる」。

この「読み取れる」ことこそが、洋画、邦画問わず「いい映画なのだ」と改めて思わせてくれる、文句なしの傑作だと思う。

最近は、何でもセリフと過剰な演出で見せる映画がハリウッドだけでなく、日本映画でもたくさんあるが、そんな作品群とは一線を画している。

この映画の主人公は、かつて朝鮮戦争に従軍して功績を挙げ、高級住宅地だった住宅地に一戸建てを構え、玄関にアメリカ国旗を掲げ、車庫前に磨き上げた70年代のアメリカ製の名車グラン・トリノを飾りをそれを眺めながらビールを飲むのを生きがいにしている、頑固な老人だ。

おまけに白人至上主義で、有色人種をひどく嫌っている。息子や孫にも理解されず、じじい呼ばわりされていて、そんな息子や孫に気に行ってもらおうなんとことは、ちっとも思ってない。戦後はフォード社の整備員としてコツコツ勤めてきたが、息子はあろうことかトヨタのセールスマンで、ただ一人の理解者だった妻も亡くなってしまった。

しかし、彼が年老いている間に、近所はアジア系の移民が多く住むようになり、治安も悪くなって、様子は変わってしまった。やがて彼は、グラン・トリノを盗もうとした隣家のモン族の少年・タオと知り合い、彼と関わることに生きがいを見出す・・・。

この映画は雄弁ではないが、国旗を掲げ、芝を刈り上げ、古い名車を大切にする主人公から、彼が古き良きアメリカそのものの姿であることが分かる。そして、その姿は、クリント・イーストウッドがスクリーンで演じてきた役柄が年老いてしまった姿そのものでもある。

「ダーティーハリー」のハリーのようでもあるし、彼が「ハートブレイク・リッジ」で演じた、アメリカ海兵隊にカンパックする元将校もまた、朝鮮戦争の英雄だった。

そんなヒーローを演じていたイーストウッド翁が、この映画では銃を放つことにためらい、かつて朝鮮戦争で若い少年兵を殺したことに悔み、あれだけ嫌っていたアジア系の家族たちに心を開く。

その、かつての罪を悔み、タオやその家族に心を開いて行く過程が丁寧で、イーストウッドの言動ひとつひとつに裏付けがあり、説得力がある。やがて彼は、少年とその家族を守るために、ある行動に出るが、それは人生の総仕上げに挑む、人としての崇高な姿であり、あらゆることに悩み、傷つきながら生きている同じ人として、深く、深く、心に染みいる。

この過程も、映画は決して雄弁ではない。イーストウッドは物静かだし、他の登場人物たちもいちいち自分の心情をセリフで言ったりはしない。だけど、その気持ちの奥にあるものが、しっかりと伝わる。これこそが、名演出の賜物だろう。

銃による力で悪を倒し、戦争体験を若者に伝え、再び戦場に送り出し、年老いても尚怒りを銃に託した、かつてのイーストウッドは、ここにはいない。イーストウッドも、アメリカも、変わってしまった。でも、その代わりに手にした、手にしようとしている「優しさ」は、人生にとって、最も必要なものなのだ。
2

『マイマイ新子と千年の魔法』地元にお披露目!  映画つれづれ

11月に全国公開される、アニメーション映画「マイマイ新子と千年の魔法」の特別先行試写会のため、ワーナーマイカルシネマズ防府に行ってきました。↓

http://yamaguchi.keizai.biz/headline/621/

作品が完成したということで、まず、舞台となった地元の方々に観て頂こう、という催しだったようです。

この映画、昭和30年の山口県防府市を舞台に、小学3年生の新子ちゃんの冒険を描いた日本版「赤毛のアン」とも言える作品で、防府市出身の芥川賞作家・高樹のぶ子さんの自伝的小説が原作です。

この映画は山口放送が出資もしていて、同社のAさんがプロデューサーとして参加もしています。県内の子どもたちも声優で出演もしていて、オーディションもありました。

Aさんも、佐々部監督をずーっと応援していて、Aさんの熱意によって、山口放送は「チルソクの夏」に出資し、以来「カーテンコール」「出口のない海」「夕凪の街 桜の国」と製作に携わっています。

地方のテレビ局が映画製作に関わった先駆的な存在であり、これまでの山口放送の取り組みは、映画の地方発信、映画の製作へのテレビ局の関わりという意味では、もっともっと評価されるべきだと思います。

そういう中、今度はアニメーション映画への製作に関わるということは、また新たなる挑戦であり、地方のテレビ局としての新境地を切り開くものと言えるでしょう。

映画の感想はまたレビューで書きたいと思いますが、試写会は実に盛大で、県の藤井教育長や地元選出の県議会議長さん、市長さんをはじめ、超満員でした。

上映後のパーティーでは、高樹先生にごあいさつさせて頂き、お話することもできました。高樹先生の映画化作品と言えば、「波光きらめく果て」がありますが、そのお話もさせて頂きました。

映画の感想を聞かれて、素直に思ったことをお話したら、高樹先生は、目をキラキラさせながら「嬉しいわあ」とおっしゃって頂きました。・・・嬉しかったなあ。高樹先生は、今も新子ちゃんそのもののようで、ピュアでお美しく、その人柄に、すっかり魅了されてしまいました。

実は、この映画、Aさんの御好意で、僕も声優で出ているはず・・・なのですが、雑踏のシーンだったので、正直、聞き取れなかった・・・。これは何度も何度も見て確かめなければ・・・。

製作会社・マッドハウスの社長さんも山口県出身!でビックリでしたが、ごあいさつさせて頂きました。

ついつい「マッドハウスと言えば、古くは『宝島』新しくは『時かけ』、昔は出崎・杉野コンビに胸を熱くしました」と、一般的には全く意味不明なマニィ的あいさつをしたところ、社長さんは「『あしたのジョー2』(これも出崎・杉野コンビ作品)もウチですね」と返して頂き、マニィは「主題歌は荒木一郎!!」と即座に応え、盛り上がったのでした・・・。これも、嬉しかったなあ。

3

シネKINGでミリオネア!!  映画つれづれ

先週のMOVIX周南からお送りした「シネKING」では「消されたヘッドライン」と「60歳のラブレター」を御紹介。「うんちく」は、「レッドクリフ」のキャスティングについて語りました。

今週の22日放送分の回では、シネマスクエア7より「悪夢探偵2」と「スラムドッグ$ミリオネア」を紹介しました。「うんちく」は佐々部清監督作品「四日間の奇蹟」。ついに、佐々部作品を紹介できました。

「スラムドッグ$ミリオネア」にちなんで、番組内で「クイズ・ミリオネア」風のクイズをしてみましたが、如何だったでしょうか?

問題は「次の山口県を舞台にした映画のうち、登場人物が山口弁を話してない作品はどれ?」で、「ほたるの星」「チルソクの夏」「ロボコン」「釣りバカ日誌12」からの4択でした。

答えは・・・・。是非、皆さんも、考えてみて下さい。番組では正解を言っています。

さあ、来週は、ワーナー・マイカルシネマズ防府からです。「シネKING」をよろししくお願いします!!!
2




AutoPage最新お知らせ