あしたのジョー  新作レビュー

★★★★

誰もが知っているコミックの映画化は、少々粗雑でも許された70年代のプログラム・ピクチャー的なコミック映画化作品ならいざ知らず、マーケティングがしっかりしないとなかなか企画が動かない現代においては、とくにメジャー配給の場合、ハードルが高かろう。

そんな中で「宇宙戦艦ヤマト」や「あしたのジョー」が実写映画化されるのは、幅広い層を狙う、ということもあるだろうし、こうした作品に影響を受けて育った世代がプロデューサーとなり、「映画化したい!」という情熱と、「懐かしのアニメの映画化はヒットする」というマーケティング結果を受けての配給会社、今やメジャー大作では欠かせないテレビ局の考えが一致したがゆえの理由だろう。

日本のメジャー作品は、一部を除いて、まだまだテレビ局主導の製作委員会方式に寄るところが大きい。大宣伝をして、幅広い世代を集めるという意味では「誰もが知っている」コミックやアニメは開拓しやすいジャンルであることは間違いないだろう。

僕は、こういう流れを批判するつもりはないし、もともとアニメ・コミックファンの僕としては、自分が大好きな世界がもっと大好きな「映画」としてどう蘇るか、はとっても興味がある。

テレビ局主導の映画製作も、幅広い層の観客動員という意味では意義がある。ただし、あまりに最初にコミックの原作ありき、テレビ局の主導ありきでは、企画が安易になったり、作品の質の低下を招きかねない面もあり、そうした映画ばかりでは、やがて観客離れが起きるのではないか、と危惧する。

実際、そういう動きが出ており、だからこそ、昨年テレビ局が製作委員会に入らなかった東宝の「悪人」や「告白」は意義もあった。

こういう動きとは別のところで、日本映画の興業収入全体が上がる中、スクリーン数の増加もあってか、この数年、さまざまな製作会社が個性的な作品を産み出す傾向もあった。しかし、ここ数年は、日本経済の全体的な不況で小さな製作会社や配給会社が倒産する傾向もあり、3月の震災以降、多くの映画製作に影響が出ないか心配だ。

それでもごく最近も、日本映画は個性的な作品が次々と発表されている。一昨年から昨年にかけて、上映時間が長いながら強烈な作家的な個性が爆発した「ヘヴンズストーリー」「愛のむきだし」などの作品が注目されたことは記憶に新しい。

瀬々敬久監督も、園子温監督も、メジャーでの監督経験がある監督さんであり、こうした監督が自分の撮りたい作品を撮り、そうした作品に出資をして配給する会社があることは、大変に素晴らしい。

このほかにも気鋭の作品は日本映画、外国に関わらず、たくさんある。ただし、そういう作品はシネコンでかからないし、なかなか一般のファンは観る機会が少ないのも事実である。

都会の単館ならまだしも、地方ではなかなかお目にかからない。DVDになるまで鑑賞できないのが現実だ。ただし、僕の持論では映画は映画館でかけるために作ってるソフトであるので、これをモニター画面で鑑賞するのは、これは「映画」ではない。だから、できるだけ劇場で観るべきだし、観たいし、観る機会を作ってほしい、と心から思うのだ。

要は、まちのシネコンや映画館でも、もっと幅広い作品を上映してほしいし、需要がないから供給もないのだから、映画を好き、という方は、是非幅広い映画を観てほしい、と願う。

そういう意味では、僕が住んでいるまちは、7スクリーンのシネコン「MOVIX周南」があって、すぐ隣りのまちには単館系の作品を中心に、国内外の新作名作を上映する「テアトル徳山」があるので地方としては異例の理想的な映画環境と言える。

おっと、これは「あしたのジョー」のレビューだった。

話をコミックやアニメの映画化に戻そう。(まだ、あしたのジョーの話になりません)日本のコミックやアニメのコンテンツの質の高さには、ハリウッドも注目している。

でも、ハリウッドが映画化しちゃうと、思い入れがない分、ハリウッド的予定調和映画にズタズタにされてしまう例が多い(今のところ)。

「ドラゴンボール」などはその最たるものでし、テンマ博士が好人物になったお陰でお茶の水博士の出番がなくなった「ATOM」や逆に監督のオリジナルへの偏愛が凄すぎて一般映画ファンがドン引きしてしまった「スピードレーサー」などは、ちょっと違うかな―、という感じだ。

そんなハードルの高いコミック・アニメの実写映画化だが、実は、冒頭に書いた「少々粗雑でも許された70年代のプログラム・ピクチャー的なコミック映画化作品」には、今観るとビックリするものの、なかなかの猥雑なパワーに満ちあふれた快作が多く、今時、こんなエネルギッシュな映画群はお目にかかれない。

コミックの映画化ではないが、「ゼブラーマン」シリーズやそれこそ往年のギャグアニメの映画化「ヤッターマン」などの三池崇史監督作品にそんなエネルギは感じるが、かつての作品群の凄さを思うと、まだまだ甘いぜ!と思ってしまう。

代表的なのは、東映で数々のプログラム・ピクチャーの傑作を撮った、鈴木則文監督と、山口和彦監督の作品群だろう。

鈴木監督は、「ドカベン」から「コータローまかり通る」「伊賀野カバ丸」など、実に幅広いコミックの映画化に挑戦している。どの作品も原作のテイストを活かしながら、大胆な表現とコミカルな活劇で異彩を放っており、娯楽映画としての質の高さはもっと評価されていい。山口監督も「サーキットの狼」や「こちら葛飾区亀有公園前派出所」や「ビグマグナム黒岩先生」などの快作を監督している。

…ということで、実は、「あしたのジョー」も原作発表時の70年代に実写映画化されている。それも、構成は今回の映画版とほぼ同じ、力石戦まで。

実は旧作版は、「野良猫ロック」シリーズや僕が大好きな「化石の荒野」、映画版第1作「あぶない刑事」などの監督で、テレビドラマ「大都会PARTU」「西部警察」など、キレのいいアクションでは定評があった、故・長谷部安春監督の作品なのだ。

この旧作実写映画版「あしたのジョー」も、雰囲気は70年代テイスト爆発だが、ボクシングシーンの迫力や小気味のいいアクションは、長谷部監督の特徴が現れていて、よく出来ている。

それで今回の作品だが、拳闘映画だけに、健闘していると思う(スミマセン)。CGが得意な曽利文彦監督だが、今回は肉体のぶつかりあい、リアルな表現に徹していて、そこは成功している。

現在から見ると、ボクシングのリアルさでは正直?な部分もある「あしたのジョー」の世界を、その魅力を失うことなくリアルな「ボクシング」を見せることに、この映画は徹底している。そのうえでの出演者の身体の鍛えだろうし、とくに力石を演じた伊勢谷友介氏の身体の作り方はスゴイ。これだけでも一見の価値があり、ロバート・デ・ニーロの「レイジング・ブル」を思わせる。

ドヤ街のセットが実によくできていて、ここは美術スタッフの勝利だろう。この舞台と時代背景があってこそ、の「ジョー」だろう。物語はほぼ原作通りなのだが、驚いたのはヒロインの白木葉子の設定を、原作やアニメと根本的な部分で変更していることだ。この変更が効いていて、なぜ、お嬢様がボクシングやジョー、力石にこだわるのか。そこに新たな視点を加えたことで、ドラマチックにすることに成功している。

「あしたのジョー」は、アニメ版も傑作だった。とくに「あしたのジョー2」はテレビ版も劇場版も大傑作で、つい先日急逝された出崎統監督の演出は斬新で抜群だった。出崎監督の追悼レビューはいずれ書きたい。

個人的には、ホセ・メンドーサ戦前の控室から世界戦にいたるシーンが大好きなので、是非、同じキャストでパート2を作ってほしいものである。

1

キック・アス  新作レビュー

★★★★

「GANTZ」と比べるのは無理があるかもしれないが、原作のグロさを少し薄めにしているのに比べ、このアメリカ映画は、ヒーロー物のパロディという体裁を持ちながら、肉体と肉体がぶつかり合うリアリティと“痛さ”をきちんと表現している。

これがこの映画の魅力にして特徴であり、R−15指定になった理由だろう。

パロディでありコメディ、それでいて、復讐や少年の成長物の側面もあって、少女が大活躍するアクション、という趣味性も併せ持つ、正に自由な発想で作られた、バラエテイ豊かで痛快な一品。

モテないひ弱でヒーローおたくの高校生が、誰にも頼まれてないのにコスプレしてヒーロー「キック・アス」として、街のパトロールを始める。あっさりに犯罪者にやられて重傷を負うが、それでも懲りない彼は、必死で暴漢を倒し。その姿がYouTubeにアップされ、評判となる。やがて彼は、犯罪組織と対峙する壮絶な訓練をしている父娘“ビッグダディ”と“ヒットガール”と出会い、共に闘うことになる…。

この映画の魅力のひとつが、キュートでローティーンのヒットガール。実に可愛く、それでいてアクションのキレも素晴らしい。ニコラス・ケイジのクレイジーな父親ぶりも見物で、変身後の“ビッグダディ”が「バットマン」そっくりなのも確信犯で笑わせる。その存在も“ダークヒーロー”のパロディなのだろう。

敵も味方も同じ街の住人、というのは「スパイダーマン」や「バットマン」を思わせるが、何より本来は主人公のはずの「キック・アス」が、からっきしのダメ男で弱い、という設定が効いている。

興味深いは、“正義”を描いていながら、実はこの映画自体、正義とは真反対の反モラルの匂いがプンプンしていることで、13歳の少女が容赦なく殺人を、それもカッコよくやっちゃうのだ。物語も、中心人物が入れ替わり立ち替わり変わったりしていて、ある意味起承転結を無視しているところがある。どこかハリウッドメジャーのアメコミヒーロー物に反抗、反発し、作り手が好き放題やっている、という感がまたこの作品の魅力だろう。

それにしても、こういう映画を観ていると、本当にアメリカはアメリカンコミックがサブカルチャーとして幅広い層や世代に根付いている、ということを実感する。ヒーロー物でアメリカ史まで語ってしまった「ウォッチメン」という快作もあったが、アメコミヒーローからアメリカの社会が垣間見えちゃうのである。




2

ヒア アフター  新作レビュー

★★★★

真正面から人間の“死”を扱った珍しい作品。

霊能力者が出てくるが、決して“オカルトチック”に走らず、死に対する様々な体験をした3人を登場させ、それぞれのエピソードがやがてひとつの物語に結実していく様が興味深い。

実に奇妙な脚本で、決して出来がいいとは言えないとも思うし、ツッコミ所や矛盾点もあるのだが、クリント・イーストウッド監督は、全体的に抑え気味のトーンで手堅く、落ち着いた演出を試みている。冒頭、インドネシアでの津波のシーンが迫力満点で、いきなり派手な仕掛けを見せるものの、あとは静かに物語が進む。

死者の「声」が理解できるアメリカの霊能力者は、その能力ゆえに心が傷つき、能力を封印して工場で働いている。アルコール依存症の母親を心配しているロンドンの幼い双子の兄弟は、思いがけない事故でそのうちの1人が命を失ってしまう。パリ在住の女性ジャーナリストは、旅行先で大規模な津波に巻き込まれ、そこで臨死体験をしてしまい、その経験が生活に大きな影響を及ぼしてくる。

霊能力者が普通の生活を目指して料理教室に通い、そこで出会った女性とのエピソードや、双子の兄弟にまつわる話が秀逸。物語の中で一貫しているのは、「死」の真相に迫ろうとすればするほど、登場人物たちは混乱し、傷ついていく。

しかし、やがてひとつの物語に結実していく3つのエピソードから浮かび上がるものは、亡くなった身近な人たちへの愛、そして亡くなった人から生きている人への愛、そして、死は免れないからこそ、今を“生きる”大切さだろう。

ラストはやや唐突な感もあるが、これこそが“生”を謳歌する大切さを歌いあげた作り手のメッセージではないかと思う。

公開後、東日本大震災が発生し、この津波のシーンがネックとなってこの映画は上映中止になってしまった。仕方ない気もするが、是非、DVDは発売してほしい。

津波の描写は確かにリアルで、実際の災害を思わせる部分もあるかもしれないが、作品自体の狙いはそこにはないのだから、少し時期を見ても、DVDはリリースしてほしいものだ。
2

GANTZ  新作レビュー

★★★

原作コミックは1巻を購入して読んだ。あとは飛ばし読みで、最近は「ヤングジャンプ」誌上で読んではいる。

原作は面白いが、僕には生理的に受け付けないところがある。これは好みの問題だと思うので、否定する訳ではない。いろいろな感じ方があるからこそ、物語は価値がある。

さて、そういう意味でこの映画版も「どう感じるだろう」と思って観たが、正直、原作コミックより僕は面白い、と思った。

この前編は、これはこれで一つの物語として成立している。ガンツの意味も、なぜ戦うのか、なぜ死者が蘇るのか、という疑問も、正体不明な星人も、説明がないまま物語がグイグイ突っ走るが、これがこの映画の魅力で、テンポもよく、アクションと特撮のバランスもいい。後半のVFXの出来に多少の不満はあるものの、佐藤信介監督は勢いで一気に見せてくれる。

キャラクターも魅力的で、二宮和也、松山ケンイチのダブル主人公は好演していて、2人ともこの世界観に十分魅力を感じながら演じている感じがしっかり伝わってくる。ヒロインの戦士を演じた夏菜が魅力的で、その登場シーンは原作のグロさを薄めてはいるものの、かなり強烈で印象に残る。

後編の出来次第だろうが、これは日本のSF映画の新たな地平になるかもしれない。

後編では進行中の原作コミックとは別の展開を見せ、あるていどの結論と結末を見せるという。どうぞこのままのテンポをキープしたままの続編にしてほしい。せっかく小気味のいいSFアクション映画だったのに、急に説明的な映画にならないことを期待したい。

それにしても、前後篇の2本興業の作品が最近の2本映画に多い。作品の尺や、語りたい物語を展開するのに、仕方なく長尺になって2本にするのならともかく、「2本にすればそ
のまま興業成績が期待できる」的な、安易な興業的理由で2本にするのならやめてほしい。そんな必要も意味もないと思うし、いたずらに映画の価値を下げることに繋がりかねない。

この映画は前編と後編は雰囲気も違うし、前編を見たあとに「続きが見たい」と思わせてくれたが、中には「別に前後編にしなくても」と思う作品があるのも事実だ。
3

劇場版イナズマイレブン 最強軍団オーガ襲来  新作レビュー

★★★

ゲームとテレビアニメのメディミックス展開で子どもたちに大人気の作品の映画化。子どもに連れられて鑑賞したが、なかなか楽しめた。

荒唐無稽な必殺技が次々と繰り出され、サッカー物ではあるけれども、発想はものすごく自由だ。こういうパターンは、古くはコミック「リングにかけろ」などにも見られるし、これらのアニメの系譜から見れば「巨人の星」や「侍ジャイアンツ」などがそのルーツなのかもしれない。

でも、かつてのそうした作品群が、あるていどのリアルさや設定の中での荒唐無稽さだったのに対して、この作品は、サッカーというスポーツにおいては、もはや我々の知る「サッカー」ではない。ルールも何もかも、この作品のオリジナル、といっていい。

子どもたちは、その辺りは承知で楽しんでいるのだが、僕が驚いたのは、その物語で、試合シーンは荒唐無稽の連続なのに対して、ストーリーの展開は、かつてのスポ根アニメが持っていた、熱血ドラマの王道中の系譜を受け継ぐものになっていたことだ。

少年が、周囲の無理解をはねのけながら、たった1人でサッカー部を創設し、そこに理解者が段々と集まり、アウトサイダー的なヒーローもその中にいたりする。そして、友情を育みながらサッカー部は勝ち進むが、そこに未来から最強のチームが挑戦してくる…。

“未来”からの挑戦者など、いささかSF的ではあるが、物語そのものは古き良き少年マンガのそれで、見ていて安心感もあるし、少年たちの心を燃やすものは、昔も今も変わらないなあ、と思う。

作画のレベルもまずまずで、“ゴッドハンド”などの必殺技の表現が楽しい。ただし、3D版の3D効果は多少疑問符が付くかも。物語的には、オーガがもう少し強大でもいいかも、とも思った。僕の息子は、キャラクターたちが時空を超えて集結するところに大興奮していた。


1

僕と妻の1778の物語  新作レビュー

★★★

僕はこの映画の原作者、眉村卓氏の小説が好きで、中学時代から親しんできた。

「なぞの転校生」「ねらわれた学園」などのジュブナイルSFから、インサイダーSFと呼ばれるものまで、多くのSF傑作小説を世に送り出している。

この映画で魅力的に感じたのは、とくに劇中劇の短編の映像シーン。この短編で描かれるのは眉村氏の世界そのもの。奇妙で、それでいて魅力的な物語の世界を、創造力豊かに映像化している。

この作品の妙は、このファンタジックなシーンと、妻の闘病、死という過酷な現実を融合させた点にある。SF作家である夢見がちな主人公が、妻の免疫力向上のため、1日1話ずつ、短編小説を書くという物語だが、ファンタジーに重点を置いているせいか、妻が闘病する姿もどこか“きれい”である。

病院も、教会のような聖なるシンボルチックな場所として描いていて、主人公とヒロインを見守る入院患者たちの描写も、どこかファンジックだ。

この、現実と空想の区別がつかないような境界線こそが、この作品の作り手たちの目指す世界観だったのだと思う。それでいて、これが実話を元にしている、という重さ。そのバランスは程良い感じになっていると思う。

クライマックス、主人公が書く「最終話」には涙してしまった。原作をあとで読んだのだが、正にその「最終話」は、ファンタジーの果ての、事実と真実の“物語”で、そこの表現もファンタジックに処理していたのが印象的だった。


1

アンストッパブル  新作レビュー

★★★★

トニー・スコット監督の映画って、アイデア抜群、滑り出し快調なのだが、大風呂敷を広げ過ぎて収集がつかなくなり、結末は尻すぼみになるものが多い、と思うのは僕だけ?

原子力潜水艦の中で男同士が火花を散らすも、最後はなんとなく仲良くなって???の「クリムゾン・タイド」や、あれだけ陰謀が渦巻きながら、あっさりカタがつく「エネミー・オブ・アメリカ」などは、その代表格だろう。最近作「デジャブ」も、着想とアイデアの着地点に整合性が必ずしもピッタリではなかったと思う。

それで、今回も、あまり期待せずに観たら、どうしてどうして、なかなかの面白さ。作業ミスで暴走する貨物列車を、2人の作業員が決死に止めようと、奮闘する物語だ。

この映画を鑑賞して、改めて、キャスティングって大切だなあ、と思った。

デンゼル・ワシントン扮するベテラン補線員は、優れた技術を持ちながら、リストラの対象になっていて、年頃の2人の娘を心配している。クリス・パイン扮する若い作業員は、離婚危機で調停の真っ最中。妻子に会えない状況で、家の周りをウロウロしていたりするが、仲間からは“コネ入社”などと揶揄されている。

こんな2人が前代未聞の暴走列車を止めるべく奮闘するのだが、こういうパニック物は、人間ドラマが描かれていないと、なかなかおもしろくならない、のは過去の傑作、名作を見ても周知の通り。

しかし、人間ドラマを描きすぎて、肝心のパニックのシークエンスが薄くなっても仕方ないし、逆に人間ドラマが薄っぺらになって印象にすら残らない映画も数多い。

その辺り、この映画はキャスティングで成功している。

例えばデンゼル・ワシントン演じるキャラクターの背景などは、セリフなどでとくに掘り下げてはいないのだが、個性的な彼が演じることで、強いプライドを持ちながら、娘2人を気にかける人間性が上手く表現されている。一見、神経質な感じがするクリス・パインも、このキャラクターにピッタリだ。

デンゼル・ワシントンは、存在感だけで物語を語れる俳優の一人だと思うが、トニー・スコットが彼をよく起用するのは、この辺りに理由があるのかもしれない。アイデア勝負のアクション映画だからこそ、こういう、存在だけで物語が語れる俳優が必要なのだろう。

いろいろ抱えている2人がパニックに立ち向かうからこそ面白い。最近の日本映画などは、主人公の背景や思いをすべてセリフで表現したりするが、2時間の映画で、そんな人が持つ雰囲気を、きちんと“映像”で見せる、これこそが映画の醍醐味だと僕は思う。

クライマックス、期待通りの展開を見せるが、それでもハラハラドキドキを感じさせる演出は、さすがにベテランのトニー・スコット。お兄さんのリドリー・スコットとはまた別の風格を漂わせている。

1




AutoPage最新お知らせ