GANTZ  新作レビュー

★★★

原作コミックは1巻を購入して読んだ。あとは飛ばし読みで、最近は「ヤングジャンプ」誌上で読んではいる。

原作は面白いが、僕には生理的に受け付けないところがある。これは好みの問題だと思うので、否定する訳ではない。いろいろな感じ方があるからこそ、物語は価値がある。

さて、そういう意味でこの映画版も「どう感じるだろう」と思って観たが、正直、原作コミックより僕は面白い、と思った。

この前編は、これはこれで一つの物語として成立している。ガンツの意味も、なぜ戦うのか、なぜ死者が蘇るのか、という疑問も、正体不明な星人も、説明がないまま物語がグイグイ突っ走るが、これがこの映画の魅力で、テンポもよく、アクションと特撮のバランスもいい。後半のVFXの出来に多少の不満はあるものの、佐藤信介監督は勢いで一気に見せてくれる。

キャラクターも魅力的で、二宮和也、松山ケンイチのダブル主人公は好演していて、2人ともこの世界観に十分魅力を感じながら演じている感じがしっかり伝わってくる。ヒロインの戦士を演じた夏菜が魅力的で、その登場シーンは原作のグロさを薄めてはいるものの、かなり強烈で印象に残る。

後編の出来次第だろうが、これは日本のSF映画の新たな地平になるかもしれない。

後編では進行中の原作コミックとは別の展開を見せ、あるていどの結論と結末を見せるという。どうぞこのままのテンポをキープしたままの続編にしてほしい。せっかく小気味のいいSFアクション映画だったのに、急に説明的な映画にならないことを期待したい。

それにしても、前後篇の2本興業の作品が最近の2本映画に多い。作品の尺や、語りたい物語を展開するのに、仕方なく長尺になって2本にするのならともかく、「2本にすればそ
のまま興業成績が期待できる」的な、安易な興業的理由で2本にするのならやめてほしい。そんな必要も意味もないと思うし、いたずらに映画の価値を下げることに繋がりかねない。

この映画は前編と後編は雰囲気も違うし、前編を見たあとに「続きが見たい」と思わせてくれたが、中には「別に前後編にしなくても」と思う作品があるのも事実だ。
3

劇場版イナズマイレブン 最強軍団オーガ襲来  新作レビュー

★★★

ゲームとテレビアニメのメディミックス展開で子どもたちに大人気の作品の映画化。子どもに連れられて鑑賞したが、なかなか楽しめた。

荒唐無稽な必殺技が次々と繰り出され、サッカー物ではあるけれども、発想はものすごく自由だ。こういうパターンは、古くはコミック「リングにかけろ」などにも見られるし、これらのアニメの系譜から見れば「巨人の星」や「侍ジャイアンツ」などがそのルーツなのかもしれない。

でも、かつてのそうした作品群が、あるていどのリアルさや設定の中での荒唐無稽さだったのに対して、この作品は、サッカーというスポーツにおいては、もはや我々の知る「サッカー」ではない。ルールも何もかも、この作品のオリジナル、といっていい。

子どもたちは、その辺りは承知で楽しんでいるのだが、僕が驚いたのは、その物語で、試合シーンは荒唐無稽の連続なのに対して、ストーリーの展開は、かつてのスポ根アニメが持っていた、熱血ドラマの王道中の系譜を受け継ぐものになっていたことだ。

少年が、周囲の無理解をはねのけながら、たった1人でサッカー部を創設し、そこに理解者が段々と集まり、アウトサイダー的なヒーローもその中にいたりする。そして、友情を育みながらサッカー部は勝ち進むが、そこに未来から最強のチームが挑戦してくる…。

“未来”からの挑戦者など、いささかSF的ではあるが、物語そのものは古き良き少年マンガのそれで、見ていて安心感もあるし、少年たちの心を燃やすものは、昔も今も変わらないなあ、と思う。

作画のレベルもまずまずで、“ゴッドハンド”などの必殺技の表現が楽しい。ただし、3D版の3D効果は多少疑問符が付くかも。物語的には、オーガがもう少し強大でもいいかも、とも思った。僕の息子は、キャラクターたちが時空を超えて集結するところに大興奮していた。


1

僕と妻の1778の物語  新作レビュー

★★★

僕はこの映画の原作者、眉村卓氏の小説が好きで、中学時代から親しんできた。

「なぞの転校生」「ねらわれた学園」などのジュブナイルSFから、インサイダーSFと呼ばれるものまで、多くのSF傑作小説を世に送り出している。

この映画で魅力的に感じたのは、とくに劇中劇の短編の映像シーン。この短編で描かれるのは眉村氏の世界そのもの。奇妙で、それでいて魅力的な物語の世界を、創造力豊かに映像化している。

この作品の妙は、このファンタジックなシーンと、妻の闘病、死という過酷な現実を融合させた点にある。SF作家である夢見がちな主人公が、妻の免疫力向上のため、1日1話ずつ、短編小説を書くという物語だが、ファンタジーに重点を置いているせいか、妻が闘病する姿もどこか“きれい”である。

病院も、教会のような聖なるシンボルチックな場所として描いていて、主人公とヒロインを見守る入院患者たちの描写も、どこかファンジックだ。

この、現実と空想の区別がつかないような境界線こそが、この作品の作り手たちの目指す世界観だったのだと思う。それでいて、これが実話を元にしている、という重さ。そのバランスは程良い感じになっていると思う。

クライマックス、主人公が書く「最終話」には涙してしまった。原作をあとで読んだのだが、正にその「最終話」は、ファンタジーの果ての、事実と真実の“物語”で、そこの表現もファンタジックに処理していたのが印象的だった。


1

アンストッパブル  新作レビュー

★★★★

トニー・スコット監督の映画って、アイデア抜群、滑り出し快調なのだが、大風呂敷を広げ過ぎて収集がつかなくなり、結末は尻すぼみになるものが多い、と思うのは僕だけ?

原子力潜水艦の中で男同士が火花を散らすも、最後はなんとなく仲良くなって???の「クリムゾン・タイド」や、あれだけ陰謀が渦巻きながら、あっさりカタがつく「エネミー・オブ・アメリカ」などは、その代表格だろう。最近作「デジャブ」も、着想とアイデアの着地点に整合性が必ずしもピッタリではなかったと思う。

それで、今回も、あまり期待せずに観たら、どうしてどうして、なかなかの面白さ。作業ミスで暴走する貨物列車を、2人の作業員が決死に止めようと、奮闘する物語だ。

この映画を鑑賞して、改めて、キャスティングって大切だなあ、と思った。

デンゼル・ワシントン扮するベテラン補線員は、優れた技術を持ちながら、リストラの対象になっていて、年頃の2人の娘を心配している。クリス・パイン扮する若い作業員は、離婚危機で調停の真っ最中。妻子に会えない状況で、家の周りをウロウロしていたりするが、仲間からは“コネ入社”などと揶揄されている。

こんな2人が前代未聞の暴走列車を止めるべく奮闘するのだが、こういうパニック物は、人間ドラマが描かれていないと、なかなかおもしろくならない、のは過去の傑作、名作を見ても周知の通り。

しかし、人間ドラマを描きすぎて、肝心のパニックのシークエンスが薄くなっても仕方ないし、逆に人間ドラマが薄っぺらになって印象にすら残らない映画も数多い。

その辺り、この映画はキャスティングで成功している。

例えばデンゼル・ワシントン演じるキャラクターの背景などは、セリフなどでとくに掘り下げてはいないのだが、個性的な彼が演じることで、強いプライドを持ちながら、娘2人を気にかける人間性が上手く表現されている。一見、神経質な感じがするクリス・パインも、このキャラクターにピッタリだ。

デンゼル・ワシントンは、存在感だけで物語を語れる俳優の一人だと思うが、トニー・スコットが彼をよく起用するのは、この辺りに理由があるのかもしれない。アイデア勝負のアクション映画だからこそ、こういう、存在だけで物語が語れる俳優が必要なのだろう。

いろいろ抱えている2人がパニックに立ち向かうからこそ面白い。最近の日本映画などは、主人公の背景や思いをすべてセリフで表現したりするが、2時間の映画で、そんな人が持つ雰囲気を、きちんと“映像”で見せる、これこそが映画の醍醐味だと僕は思う。

クライマックス、期待通りの展開を見せるが、それでもハラハラドキドキを感じさせる演出は、さすがにベテランのトニー・スコット。お兄さんのリドリー・スコットとはまた別の風格を漂わせている。

1




AutoPage最新お知らせ