塔の上のラプンツェル(3D版)  新作レビュー

★★★★

六歳の娘と鑑賞。

目をキラキラさせて、「うわー」「きれい」を連発する娘。観終わって、「パパありがとう」と言われ、僕も至福の時間を過ごすことができた。

僕は娘の年齢のころ、叔父さんに連れて行ってもらったオリビア・ハッセーの「ロミオとジュリエット」が映画の原体験。子どもたちに映画の魅力を伝えることも大事な親の役割だ、と感じるとともに、娘が感動した最初の映画がこの作品でよかった、と思う。

キャラクターの設定や物語はやや弱いように思えたが、何と言っても、アニメのクオリティの高さは秀逸で、昨今のフルCGアニメの中では群を抜いている。フルCGでありながら、かつてのディズニーのアニメの名作、例えば「白雪姫」「ピーターパン」のようなセルアニメの質感を出すことにも挑戦し、見事に成功させている。

ミュージカル仕立てだが、楽曲のレベルも高く、メロディーは美しく、物語を見事に彩る。何より3Dのクオリティも高く、とっても効果的。無数の灯籠が空に浮かぶシーンは灯籠がすぐそばにまで近づくような質感があって幻想的だった。

正直、3Dの効果に疑問符が付く映画が多いが、3D映画にして観客から普段より高い入場料を取るなら、このぐらいのクオリティは欲しい。
1

悲しみのミルク  新作レビュー

★★★★★

映画とは、余白に詰め込まれた、作り手の意図を感じる芸術なのだと実感する作品。

ペルーの若手女性監督が紡ぐ、独特な世界に魅了される。

最近の日本映画に見られるような説明過多は一切、この映画にはない。

ペルーでの内戦を背景にしながらも、直接的な表現はなく、ストーリーも緩やか。だが、その中で繰り返されるヒロインの歌声に込められた悲しさと切なさに慄然とする。

そして、ラストに込められた希望に救われる。登場人物の悲しさとは対照的な美しいペルーの風景と、象徴としての花、そしてジャガイモに深さが感じられる。

周南映画祭「春のシネフェスタ」にて鑑賞。ゲストに来られた白鳥あかねさんはベテランのスクリプター(記録)にして脚本家。川崎市の「しんゆり映画祭」代表でもある。

白鳥さんはこの映画を東京フィルメックスで観て感動し、同じくこの映画上映に情熱を注いだ女性スタッフとともに努力して「しんゆり映画祭」でこの映画を上映。しかし、良質な映画にも関わらず、配給がつかず、日本での上映が困難に。それでも白鳥さんらは奔走し、ついに全国公開にこぎつけた。

また、その直前、最初にこの映画上映に燃えた女性スタッフが急逝。悲しみと困難を乗り越えて、この映画は日本での陽の目を見た。周南では全国公開前の上映であり、東京フィルメックスにこの映画を紹介した同映画祭プログラムディレクターの市山尚三さん(映画プロデューサー)が周南市出身ということもあって実現した。

僕はトークショーの司会をさせてもらった。「悲しみのミルク」上映実現への道のりも感動的だが、映画黄金時代の日活時代から現代に至るまで「日本映画」を支え続けてきた数々のエピソードも興味深かった。

打ち合わせでは根岸吉太郎監督や池田敏春監督、神代辰巳監督らとのエピソードが面白かった。トークでは小林旭氏が日活の大部屋俳優時代、学校でのシーンで生徒役の1人で出演したとき、監督が「誰か歌ってみろ」と言うと、ほれぼれする美声で「会津磐梯山」を歌い、それがきっかけで小林氏は主役に抜擢され、「歌うスター」として売り出して必ず劇中で歌を歌うようになった、というエピソードを披露して下さった。

0

ショートムービー公開中!!  映画つれづれ

ただいま、シネKING放送100回記念、マニィ大橋脚本・監督のショートムービー「映画館の恋」、一週間限定で公式HP内で公開中です!!↓

http://www.yab.co.jp/king/

恥ずかしいですが、是非ご覧ください!!

出演してくださったシネマスクエア7、ワーナーマイカルシネマズ防府、MOVIX周南の皆様、ありがとうございました!皆さんの演技、素晴らしかったです!

ちなみに、ヒロイン役は、福岡や山口でリポーター、MCとして活躍されている、平岡千歩(ひらおか・ちあゆ)さん。↓

http://ameblo.jp/cacaca02/

彼女も演技初挑戦だそうですが、とってもよかったです。
4

シネKING放送100回達成!  映画つれづれ

実は…皆様にご報告ですが…僕がMCを担当しております、yab山口朝日放送で毎週金曜日深夜に放送中の「シネKING」が27日放送分で、何と!放送100回を迎えることになりました!!!

この4月から3年目に入り、深夜にも関わらず、視聴率もよいようです。本当に嬉しいです。遅い時間なのに見て下さっている方、応援して下さる方、皆様のお陰です。

僕自身、テレビで映画を紹介する番組ができるなんて…夢のような話でしたが、こうして100本目を迎えて、感激するとともに、本当に感謝、感謝です。

これからも、頑張って、映画の素晴らしさや楽しさ、奥深さを伝えていきたい、と思います。ギャグ感満載の作りではありますが、「映画」を伝える、という肝は外さないよう、僕の信念である「一本の映画で人生は変わる」という想いで、これからも努力していきたいと思います。

それで、100回記念として、27日の放送では、いつも出演して頂いている、シネマスクエア7、ワーナーマイカルシネマズ防府、MOVIX周南の皆さんの出演で、何と、ショート・ムービーを作りました!!恥ずかしながら、僕、マニィ大橋の脚本・監督作品です!!

ご覧になれる方は、是非、ご覧ください!!放送後は恐らく公式HPの動画でアップされると思うので、ご覧になれない地域の方も、お楽しみに!僕としては、大好きなメイベル・チャン監督の「誰かがあなたを愛してる」に敬意を表した、ラブ・ストーリーにしてみたつもりです。

…しかし、100本もよく続いたと思います。200回、300回と続くよう、頑張ります!!
6

28日にイベント開催!  映画つれづれ

お知らせです!

僕が所属する「せとうちフィルム・パートナーズ」によるイベントが、28日、山口県周南市の映画館、シネマ・ヌーヴェルで開催されます!

佐々部監督と臼井正明プロデューサーが来られます!!!

それも、映画「カーテンコール」を上映します!!

昨年、せとうちフィルム・パートナーズでは、地域の映像文化向上を目的に、全国から映像作品を公募したのですが、その審査を佐々部監督と臼井プロデューサーにお願いしました。

当日は「カーテンコール」上映後に入賞作品の上映、そして4時半ごろから表彰式と佐々部監督、臼井プロデューサーのトークショーを開催!新作のお話など、幅広くトークをして頂きたいと思っているので、貴重なお話が聞けると思います。

一般の方、大歓迎です!是非、お越しください!ちなみにこのシネマ・ヌーヴェルは、周南市の映画上映団体が活用している映画館で、ロビーにはたくさんの名画のポスターが飾られ、雰囲気のある「映画館」です。

それに、何と!入口には「カーテンコール」の撮影に使われた映画の看板「悪名」「キューポラのある街」が展示されています!!ふるきよき「映画館」で、昭和の映画館を舞台にした珠玉の傑作「カーテンコール」を是非、ご鑑賞ください!!

下記に概要を記しますが、詳しくはせとうちフィルム・パートナーズ公式HPをご覧ください。↓

http://setouchi.eiga.gr.jp/syoka_sfc.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
初夏のせとうちフィルム・フォーラム
★佐々部清監督・臼井正明プロデューサー/トークショー
★第1回全日本周南ショートフィルムコンペティション表彰式
★映画「カーテンコール」特別上映
●にちじ/2011年5月28日(土) PM1時〜
●ばしょ/シネマ・ヌーヴェル 周南市銀座
●入場料/「カーテンコール」鑑賞料金は1000円、その他イベントは無料
●主催/せとうちフィルム・パートナーズ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

4

日輪の遺産  佐々部監督の世界

佐々部監督の新作「日輪の遺産」、いよいよ8月27日公開です!!

公式HPも、特報が見られるなど、充実しています。↓

http://www.nichirin-movie.jp/

まだ未見ですが、様々な資料等を拝見するに、思うことは…今、日本は大変な時期ですが、いつどんな時も、何があろうと、人は生き続け、また屍になろうとも、次世代の子や孫に、大切なものをバトンタッチしているのでは−−そんなことを感じました。

佐々部監督の作品に「夕凪の街 桜の国」という大名作・大傑作がありますが、あの作品もまた、戦争や原爆というとてつもない困難に遭いながらも、時を超えて、大切なものを受け継いでいく家族のお話でした。

監督の作品は、どの作品もそうですが、人が生きるうえで大切なものは何か、ということを常に思い出させてくれます。

公式サイト内にある完成報告会見によると、監督は「今の日本の人たちにとって、勇気を感じてもらえるような作品になっていれば嬉しいです」と言われていました。今こそ「勇気」が必要な今、必見の映画だと思います。

公開が待ち遠しいですが、本当に楽しみです。



1

追悼・シドニー・ルメット監督  映画つれづれ

シドニー・ルメット監督が亡くなられました。

リアルタイムで映画館で観た作品では「評決」が忘れられません。アルコール依存症で正義をどこかに置き忘れたような老いた弁護士が、医療過誤で寝たきりになった女性に接し、全力で法廷に立ち向かう傑作でした。ポール・ニューマン入魂の演技が印象的でした。

あと、同じ法廷物ですが、やはり「十二人の怒れる男」でしょう。ほとんど全編が密室の中の会話劇なのに、俳優たちの見事な芝居をーのカットをじっくりと積み重ねていて、ものすごく映画的なダイナミズムにあふれていました。たった1人の陪審員が少年の無罪を主張して、残りの陪審員たちが変わっていく様は感動的です。

アメリカンニューシネマの系譜とも言える「狼たちの午後」もルメット監督。若きアル・パチーノが格好いい。こちらは銀行強盗を描いたサスペンスですが、当時のアメリカの世相を浮き彫りにしたような、乾いた虚無感が全編に流れる傑作でした。

「オリエント急行殺人事件」も「ファミリービジネス」もルメット監督ですから、実は幅広い監督さんなんだなあ、と思います。ハリウッドも本格派の監督さんがどんどん亡くなられていて、寂しい限りです。

ご冥福をお祈りしたいと思います。

2

番組HPで「うんちく」公開中!  映画つれづれ

すみません・・・宣伝です。

僕がMCをしている、yab山口朝日放送の番組「シネKING」の公式HP内で、全回放送分の「今日のうんちく」をまるまるウェブ放送するコーナーが開設されました!

山口エリア以外の方もご覧いただけますので、是非、「シネKING」の一部をお楽しみ頂ければと存じます。

「うんちく」は、毎週に映画に関するうんちく話のあれこれを、制限時間一分で僕がしゃべるコーナーです。

毎週、一分経過するとそこでしゃべりが打ち切られるのですが、ウェブでは「最後まで放送してほしい」との、視聴者の皆様方のご要望に応える形で、何と完全版で放送しています。

ちなみに、今週は「SOMEWHERE」のソフィア・コッポラにちなんで、コッポラファミリーのことをしゃべっています。



http://www.yab.co.jp/king/
3

漫才ギャング  新作レビュー

★★★★

この映画が面白いのは、ほとんどのシーンを「漫才」のスタイルと「アクション」で構成しているところにある。

画面に登場するのはひとつのシーンに2人、または3人。物語を展開しながらも、全編、漫才で言うボケとツッコミの喋りが展開される。

主人公は売れていない若手芸人。ある日突然、相方から借金を理由にコンビ解消を言い渡され、ヤケになって酒を飲んで失敗し、留置場へ。そこで出会った不良の男に天性のツッコミの才能を感じ、コンビ結成を持ちかける。

「会話」で笑わせるのが漫才だが、漫才の起源を辿ると、1人の語りに合わせて舞いを舞う芸に由来するという。キャラクターが違う2人(乃至3人)の会話が呼応するところから生まれる“間”や“ズレ”から、ある種の“面白味”“可笑しさ”が生まれる訳であり、その独特のリズム感や起伏に富んだ“笑い”の質という点では、1人が様々な人物を演じる話芸を突き詰めた落語とはまた違った魅力があると思う。

人間同士の丁々発止や“リズム”という意味では、漫才もまたアクションに通じるところがある。この映画で「漫才」と「アクション」を結びつけた品川ヒロシ監督の判断は正しいと思うし、そこにセンスの良さを感じる。

全編を漫才とアクションで展開することで、映画のテンポは加速し、疾走感が生まれている。アクションシーンは手持ちカメラを使ってコマ落ちにして、細かくカット割りするなど効果的な演出を展開。そんな中で主人公と恋人のシーンはじっくりと固定カメラの長回しで撮るなど、こちらも“リズム”を意識していて、バランスもいい。しっかり笑えて泣ける、エンターテインメントな作品になっている。

セリフのテンポや間、言い回しは、かなりのこだわりがあったのだろう。それぞれのシーンにそれぞれの“ネタ”的な起承転結とオチまがあって、実は計算されている。“お笑い”を学び、自ら芸人として下積みから成功までを経験した品川監督だからこそ、の作品であろう。

ボクサーがボクシング映画を上手に撮れるとは限らないが、前作「ドロップ」で映像のリズム感をしっかり体得したのか、様々な意味で前作よりスケールアップしていると思う。

品川監督は「シネKING」にも出演いただいたが、かなりの映画好きで、最近よかった作品は?と聞いて返ってきた答えが「ゾンビランド」と「キック・アス」と聞いて納得。どちらも“リズム感”と“疾走感”あふれる映画だった。

あと、品川監督は高杉晋作が大好きで、何度も山口県を訪れているという。「いつか高杉晋作を主人公にした映画を撮ってみたいですね」とのこと。何か、新しい形の幕末映画が期待できそう。

0




AutoPage最新お知らせ