今年の1月、池田敏春監督が亡くなられた、というニュースを見て驚いた。

まさに“伝説”となった代表作「人魚伝説」(1984年公開)が撮影された伊勢志摩の海で亡くなられた。

これまた快作「死霊の罠」は、まさに日本人しか描けないモダンホラーだった。猟奇的で、でも悲しいサスペンスなどを撮らせたら、池田監督はピカイチだった。

その「人魚伝説」、今観てもスゴイ。これほどの猟奇アクション映画は、もうこれからの日本映画では観られないし、製作できないのでは、と思う。

昨今の韓国映画で「いいな」と思った「チェイサー」「母なる証明」「息もできない」は、いずれも、そのすさまじいまでの暴力描写がひとつの特徴だ。でもその「暴力」には意味があり、意味を持つからこそ、観客には「痛み」が伝わる。

この「人魚伝説」は、かつての日本映画にもあった、猥雑なパワーが満ち溢れていて、スプラッター描写にもまったく遠慮がない。実は、当時の気鋭の監督たち9人が立ちあげた映画製作会社、ディレクターズ・カンパニーの第1回作品だったのだ。

10年ほどでこの会社は無くなってしまうのだが、映画監督たちが自分たちが創りたい映画を作るために設立した画期的な製作会社であり、個性的な作品を次々と産み出し、その記念すべき第一弾が、ただひたすらに殺された夫の復讐をしようと、大きな権力に立ち向かうことになる女性を描いた「人魚伝説」と言うのも、象徴的だ。

主人公は海女。夫が何者かに殺され、海女もまた殺されかける。まちにはレジャーランド建設の計画があるが、実はその計画は原発の建設計画のダミーで、利権ほしさに地元代議士、地元土建屋が絡み、漁師の夫はその陰謀に巻き込まれて殺されたのだ。海女は、夫の復讐を果たそうとする…。

海女を演じる白都真理が美しい。脱ぎっぷりもよく、肉体に無駄がない。復讐に突き進むその表情がはかなく、見事な水中撮影による海のブルーがまた切なさを生む。寓話的な要素もあるのだけれど、血のリアルさと、人の強欲さを強調した演出はインパクトがあり、その中で殺戮を繰り返すヒロインの姿に、情念を感じる。

彼女を突き動かしているもの。それは夫への純粋な想いのみなのだが、それがやがて、原発計画による利権をむさぼる権力を破壊していく。池田監督が今の原発事故を見たら、どう思うだろう。映画では誇張はあるものの、原発計画に利権が絡む、という点はリアリティがある。今を予見しているようでもある。

残念ながらDVDは廃版になっているようだが、今も置いてあるレンタルビデオ店はあるだろう。今の時代だからこそ、再び観たい映画の一本である。

池田監督の作品に大きく関わっている、白鳥あかねさんを、今春、周南映画祭実行委員会主催のイベント「春のシネフェスタ」におよびし、トークショーの司会をさせて頂き、打ち合わせの時、池田監督について色々と語って頂いた。とある映画雑誌に、追悼の記事も書かれたそうだ。

映画黄金期時代に日活のスクリプターとして活躍し、現在は脚本家としても活躍されている白鳥さんは、この「人魚伝説」をはじめ、池田監督の作品に多く参加されている。「死霊の罠」では過酷な条件に次々とスタッフが降板する中、池田監督を白鳥さんが支えながら完成させた、という。

「人魚伝説」のお話も色々と伺った。この映画も現場は大変だったようだが、池田監督をはじめ、製作者たちの熱さと心意気は、今も作品に刻まれている。海深く潜り、復讐に疾走するヒロインは、正に当時の池田監督をはじめとする、ディレクターズ・カンパニーの映画監督たちの心意気そのものだったのだろう。

毒を吐く日本映画は今もあるし、凄惨な暴力を描く日本映画も、存在する。でも、そこにどれだけの作り手の“志”や“心意気”、または社会的なメッセージも込められるのか。娯楽映画ではあるが、再び「人魚伝説」を観て、そんなことを感じた。
1

スカイライン−征服−  新作レビュー

★★★

ちょっぴり、おバカなSF侵略映画の快作。

僕は大いに楽しめたのだが、ネットのレビューなどで評判がブチ(山口弁ですごい、という意味)悪いのにビツクリ。

いやあ、どんどんテンポが快調に進んで、あれよあれよという間に宇宙船がロスアンジェルスにやってきて、地球が征服されてしまう。

民間人の目から見て話が進む、という点はスピルバーグ版「宇宙戦争」とJJエイブラムスが「ゴジラ」にインスパイアされて作った「クローバーフィールド」と同じ。

でも、風呂敷広げ過ぎでグダグダの「宇宙戦争」や、素人カメラ目線が疲れる「クローバーフィールド」より、僕はこっちが断然好き、だ。

特撮技術は低予算ながら近年では最高峰だし、人間ドラマも極力登場人物を抑えながら、緊張感と想像を観客に与えてくれるよう作り込んでいる。

ラストに唖然なのだが、ここは監督の遊び感覚爆発、なのだろう。そんな、細かいことなんて言うなよ!オレたちはこんなどこかで観たかもしれないけどこんな映画が作りたくて作りたくてたまんなかったのさ!!!パワーにあふれている、正に快作なのである。
1

ゴーカイジャー ゴセイジャー 199ヒーロー大決戦  新作レビュー

★★★

スーパー戦隊シリーズ35作記念作にして、東映60周年記念作品。

東映は1951年、東横映画と東京映画配給と大泉のスタジオを所有していた大泉映画という3つの会社が合併して誕生した。

まず時代劇で人気を呼び、任侠映画で一時代を築き、エロ路線を経て、実録ヤクザ路線のあとは角川映画との提携やアニメーションなどで実績を積む。娯楽性と個性が強い作品を産み出した要因は、先日亡くなられた元会長で名誉会長だった岡田茂氏の功績だろう。

最近は「仮面ライダー」「プリキュア」「スーパー戦隊シリーズ」こそが、実は東映の得意にして最大限に人をひきつけるコンテンツになっていることは間違いない。

中でも「スーパー戦隊シリーズ」は集団活劇であり、ヒーローたちが戦いの際に必ず見栄を切るところや、一種の様式美さえ感じる戦闘シーンなどは、明らかに東映時代劇のパターンを踏襲しており、こんなところに東映の歴史の重みを感じたりする。

そんな「スーパー戦隊シリーズ」35作記念の本作だが、映画の8割は戦いのシーンということで、もうお腹がいっぱいになってゲップが出るほど。子どもたちを飽きさせないように、という配慮なのだろうが、全編戦闘シーンでロケ地も苦労したことだろう。戦う場所は海辺から会社の中や江戸時代まで実に幅広い。

お話はテレビシリーズの「ゴーカイジャー」とリンクしていて、海賊であるゴーカイジャーは宇宙に散らばった過去の戦隊の力を持つ“レンジャーキー”を持っていて、過去戦隊の力を使って侵略者のザンギャックと戦っている。映画は34の戦隊がザンギャックを撃退し、力がレンジャーキーとなって分散してしまった、テレビ第1話で描かれた「レジェンド大戦」をゴセイジャー目線で描き、お話が始まる。

つまりは、力を失ったゴセイジャーがレンジャーキーを奪うためにゴーカイジャーと戦うところから物語が始まる。ここで前年と当年の戦隊が戦い、共闘するという、いつものVSシリーズになる訳だが、今回は記念作ということで、ここから過去の全戦隊が絡む。かつて子どもたちの心を熱くした、懐かしい顔ぶれも現われる嬉しい仕掛けもある。

ゴセイジャー、ゴーカイジャーがレンジャーキーを奪った敵によって蘇った過去33戦隊と戦うシーンや、歴代メカが勢ぞろいするシーンなどはこのシリーズを見続けてきた者にとっては感無量だろう。主題歌の使い方もツボにはまっていて、東映らしいケレン味は、時代劇で言うなら忠臣蔵の気分。

欲を言えば、過去の出演者たちにもう少し華のある場面を用意してほしかった。あと、このシリーズからはたくさんの著名俳優も輩出しているのだから、そういった方たちのゲスト出演も観たかったかな、と。

0




AutoPage最新お知らせ